瀬戸内市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 岡山県 > 瀬戸内市

瀬戸内市でのバッテリー上がり救援サービス

瀬戸内市でのバッテリー上がり・出張バッテリー交換
瀬戸内市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

瀬戸内市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。瀬戸内市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短10分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

瀬戸内市全域および瀬戸内市の周辺地域にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

瀬戸内市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
瀬戸内市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

瀬戸内市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

ベンツ・BMWなどの外車や24V仕様の車両、大型トラックやバス、オートバイ、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がり救援もお任せ下さい!

瀬戸内市のバッテリー上がり救援対応情報

瀬戸内市内のバッテリー上がり救援や出張バッテリー交換対応エリアと対応事例のご紹介。

瀬戸内市のバッテリー上がり救援対応エリア

瀬戸内市のバッテリー上がり対応情報
  • 牛窓/邑久/長船など

※瀬戸内市内の上記および周辺地域のバッテリー上がり・出張バッテリー交換に緊急対応。

瀬戸内市の各施設や観光地の周辺地域にもスピード対応します!

  • 瀬戸内市役所/瀬戸内警察署/牛窓体育館/玉津体育館/長船スポーツ公園/牛窓グラウンド/邑久スポーツ公園/邑久B&G海洋センター/保健福祉センターゆめトピア長船
  • 夢二郷土美術館分館/大平山いこいの村/門田貝塚/須恵古代館/福岡の市跡/備前長船刀剣博物館/瀬戸内市立邑久郷土資料館/瀬戸内市民病院/長島愛生園/海遊文化館
  • 邑久光明園/しおまち唐琴通り/牛窓オリーブ園/牛窓ヨットハーバー/寒風陶芸会館/一本松展望園/黒井山グリーンパーク/亀山公園/長船美しい森/一本松ミニ鉄道公園・・・他

瀬戸内市の駅周辺や沿線地域での出張バッテリー上がり救援もお任せください!

  • 大富駅/邑久駅/長船駅

参考情報:瀬戸内市の警察署・市役所の連絡先

  • 瀬戸内警察署:瀬戸内市牛窓町牛窓4780-11「TEL:0869-34-6110」
  • 瀬戸内市役所:瀬戸内市邑久町尾張300-1「TEL:0869-22-1111」

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリーが寿命の場合

瀬戸内市(バッテリー上がりトピックス)

バッテリーの経年劣化で寿命を迎えた時もバッテリー上がりでエンジンがかからなくなります。特にライト類の消し忘れや電気を使い過ぎていない状態など、原因が分からないバッテリー上がりは、寿命を迎えて交換時期が来たと考えることもできます。

車の使い方によって異なりますが、一般的に車のバッテリーの寿命の目安は、2~3年と言われています。目安の寿命を超えている場合、特に何もしなくても急にバッテリーが上がってしまったり、ある朝突然エンジンがかからなくなる可能性もあります。バッテリーが弱っている前兆症状で分かる場合もありますが、もうすぐ寿命と判断できた場合は、なるべく早くバッテリーを新しいものに交換すれば、突然のバッテリー上がりトラブルを回避することが可能になります。

停車しながらのエアコンやライト点灯、オーディオ類の使用を避ける

アイドリング状態では充電効率が悪くなります。停車してアイドリング状態の時にエアコンやライト点灯、オーディオ類を使用してしまうと「消費電力 > 充電される電力」になりやすいですので注意が必要です。最近はシガーソケットやUSBでスマホの充電もできて便利ですが、停車状態の時はなるべく電気を使わないこともバッテリー上がり対策になります。

車に乗る機会が少ない・短距離走行の繰り返しばかり

車のバッテリーは、駐車している時でも微量の電力を消費しています。そのため長期間乗らないでいると、バッテリーの充電不足でエンジンがかからなくなってしまいます。また、短距離走行の繰り返しばかりでは、バッテリーが十分に充電できません。エンジンを始動する時のセルモーターが消費した電力分も充電できない場合もあります。

車に乗る機会が少ない場合は、バッテリーの放電を防ぐためにバッテリーの端子を外しておく方法もあります。また、家庭用コンセントから接続して使用できる充電器も市販されていますので、長期間乗らない場合は充電器で時々充電されるのも良いでしょう。

車のバッテリー上がりを防ぐためには

バッテリー上がりでエンジンがかからなくなると、その日の予定は台無しになり本当に困ってしまうと思います。バッテリー上がりで困らないためには、バッテリー上がりになる原因を知ることや、日頃からバッテリーのメンテナンスに気を配ることが予防策になります。

そして、ライト類の消し忘れでバッテリー上がりになるケースが多いですので、エンジンを止めたら必ずヘッドライトやルームライトといったライト類をすべて消したことを確認することが大事です。

バッテリー過放電時の電力補填

バッテリーの電気を使ってエンジンを始動できた後後は、発電装置であるオルタネーターが発電する電気が使われます。しかし、エアコンやヘッドライトとなどの電装品で電気を使い過ぎてしまい、オルタネーターが発電する電気だけでは足りない状態になる場合があります。この様な状況になった場合は、バッテリーに蓄えられた電気を補填することで電装品を使うことを可能にしています。

特に雨が降っている夜間走行では、電力の消費量が多いヘッドライトやフォグランプの点灯、そしてエアコンやワイパー、そしてリアウィンドウが曇ってしまえば、熱線デフォッガーも使います。これだけ多くの電装品を同時に使用する可能性がありますので、この様な状況で運転する場合は、オルタネーターが発電する電力だけだは足りなくなる場合があります。

また、渋滞に巻き込まれてしまうと発電効率が悪くなり、ブレーキランプの点灯頻度も多くなりますので、尚更バッテリーに蓄えられている電気が補填される機会も多くなります。

自動車のバッテリーは、過放電で充電不足状態が慢性化することによって、バッテリー上がりなどのトラブルが起きやすくなります。そしてバッテリーに負担をかけていることにもなりますので、寿命も短くなり新しいバッテリーに交換しなければいけなくなる期間も短くなってしまいます。

瀬戸内市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
瀬戸内市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→