津山市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 岡山県 > 津山市

津山市でのバッテリー上がり救援サービス

津山市でのバッテリー上がり・出張バッテリー交換
津山市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

津山市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。津山市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短10分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

津山市全域および津山市の周辺地域にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

津山市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
津山市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

津山市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

ベンツ・BMWなどの外車や24V仕様の車両、大型トラックやバス、オートバイ、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がり救援もお任せ下さい!

津山市のバッテリー上がり救援対応情報

津山市内のバッテリー上がり救援や出張バッテリー交換対応エリアと対応事例のご紹介。

津山市のバッテリー上がり救援対応エリア

津山市のバッテリー上がり対応情報
  • 【あ】石島/宇藤木/宇野/大藪/奥玉/御崎
  • 【か】梶岡/上山坂/北方/小島地/後閑
  • 【さ】渋川/下山坂
  • 【た】田井/滝/玉/玉原/築港/槌ケ原
  • 【な】永井/長尾/西田井地/沼
  • 【は】迫間/八浜/羽根崎/番田/東紅陽台/東田井地/東高崎/東七区/東野崎/日比/広岡/深井
  • 【ま】南七区/明神/向日比/胸上/木目/用吉
  • 【や】山田
  • 【わ】和田

※津山市内の上記および周辺地域のバッテリー上がり・出張バッテリー交換に緊急対応。

津山市の各施設や観光地の周辺地域にもスピード対応します!

  • 津山市役所/津山警察署/津山中央病院/アルネ・津山/ベルフォーレ津山/津山市立図書館/津山運動公園/津山総合体育館/津山市営水泳場
  • 津山陸上競技場/津山市営球場/津山文化センター/グリーンヒルズ津山/百々温泉/黒木トライアルパーク/あば温泉/鶴山公園庭園
  • 衆楽園/神楽尾公園/津山市勝北総合スポーツ公園/鶴山公園/津山スポーツセンター/津山洋学資料館/道の駅久米の里・・・他

津山市の駅周辺や沿線地域での出張バッテリー上がり救援もお任せください!

  • 津山/東津山/美作河井/院庄/高野/美作大崎/美作千代駅
  • 佐良山/知和/三浦/坪井/美作滝尾/津山口/美作加茂駅

参考情報:津山市の警察署・市役所の連絡先

  • 津山警察署:津山市林田77番地「TEL:0868-25-0110」
  • 津山市役所:津山市山北520番地「TEL:0868-32-2052」

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリー上がりになる前に使用期間で交換

津山市(バッテリー上がりトピックス)

一番簡単なバッテリー交換時期の判断方法は、バッテリーの使用期間で交換してしまう方法です。バッテリーの寿命は、2~3年ですが車の使用状況によって4~5年も使えるケースもあります。

一番短い2年というのは、バッテリーのメーカー保証の期間ですが、厳しい使用条件でも最低でも2年は使えるだろうという期間ですので、車検の時にバッテリーを交換してしまえば、バッテリー上がりになるリスクは減ります。ただし、バッテリーにとって理想的な車の使い方をすれば4~5年も使えるものですので、もったいない気もします。

チョイ乗りばかりはバッテリーに悪影響

車を長期間放置してしまう乗らな過ぎもいけませんが、車を頻繁に使っていても1回の走行で数分しか車に乗らないチョイ乗りばかりではいけません。短い距離の繰り返しばかりでは、エンジン始動に使われるバッテリーの消費電力を回復するために、走行充電が間に合わないからです。

車には毎日何回も乗っているのにバッテリー上がりになってしまうのは、この走行パターンが原因になっていることが多いです。

エンジンが停止している時の電気供給

エンジンが始動している時は、オルタネーターが発電する電気が使われていますが、エンジンが停止している時はバッテリーの電気が使われます。エンジンが停止している状態で電装品が使えないと不便ですが、エンジン停止中に電気が使えないと自動車の機能上、いろいろと不都合なことがあります。

例えば、最近の自動車はコンピューター制御されていますので、エンジン停止中でもそのバックアップ電源が必要です。また、セキュリティ機能やドアロックのON/OFFなどもエンジン停止中に使われます。停車中に点灯するハザードランプもエンジン停止中でも使えないと困ってしまうと思います。

エンジン停止中でもバッテリーから供給される電気で電装品を使用できるからといって、カーナビやテレビ、オーディオ類を多用してしまうと、バッテリー上がりの原因になりますので注意が必要です。

一般的な乾電池は、蓄えられている電気を使い切ってしまえば電気がなくなり使えなくなります。パソコンやスマホにもバッテリーが使われていますが、家庭用のコンセントから充電することができます。自動車のバッテリーは、エンジンの出力の一部を電力に変換して充電が行われ、言わば自給自足という合理的な仕組みで放電と充電を繰り返しています。

充電器を使わず確実にバッテリーを走行充電するには

充電が不十分な状態でエンジンを始動したり停止したり、短時間で頻繁に繰り返していると、エンジンを始動する時にたくさんの電力を消費しますので、バッテリー上がりが再発する可能性があります。そのため、バッテリー上がり復旧後に1時間程度しか走行充電していない場合は、短時間でのエンジンON/OFF繰り返しは避けた方が良いです。

また、エンジンがかかっていれば充電できる訳ではありません。アイドリング状態で1時間以上待つのではなく、必ず走行して充電してください。

津山市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
津山市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→