那覇市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 沖縄県 > 那覇市

那覇市でのバッテリー上がり救援サービス

那覇市でのバッテリー上がり・出張バッテリー交換
那覇市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

那覇市内自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。那覇市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短10分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

首里/真和志/石嶺/大名/繁多川/松川/識名/古波蔵/おもろまち/若狭/松尾/安里/小禄/金城地区など、那覇市内全域のバッテリー上がりトラブルに対応しております。

那覇市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
那覇市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

那覇市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

那覇市でのバッテリー上がり対応情報

那覇市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

那覇市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

那覇市でのバッテリー出張交換にも対応

参考情報:那覇市の警察署・市役所の連絡先

  • 那覇警察署:那覇市与儀1丁目2-9「TEL:098-836-0110」
  • 那覇市役所:那覇市泉崎1丁目1番1号「TEL:098-867-0111」

那覇市でのバッテリー上がり救援対応事例

那覇市でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

  • 那覇市久茂地|お客様ご自宅マンション(スズキ ワゴンR):電気の消し忘れで5日間駐車したまま。→受付10:51~到着11:23、ジャンピングでバッテリー上がり車のエンジン始動。料金:11,000円
  • 那覇市首里金城町|首里城公園地下駐車場(日産 マーチ):ヘッドライトを点灯したまま駐車してしまい、車に戻ったらエンジンがかからなかった。→受付15:59~到着16:26、ジャンピングでバッテリー上がり車を救援。料金:8,800円
  • 那覇市那覇市字鏡水|那覇空港の立体駐車場(ホンダ シャトル):スモールライトを消し忘れて1週間駐車していたためバッテリーが上がってしまった。→受付20:41~到着21:20、ジャンプスターターでエンジン始動。料金:13,200円
  • 那覇市繁多川|コンビニ敷地内(トヨタ ピクシススペース):フォグランプが点きっ放しでバッテリー上がり。→受付19:52~到着20:22、ジャンピングスタート作業でバッテリー上がり解決。料金:13,200円
  • 那覇市辻|波の上うみそら公園(スズキ スイフト):バッテリーが弱っているがジャンピングスタートしてもらい、そのまま自宅まで帰りたい。→受付15:54~到着16:25、ジャンプスターターを使ってエンジン始動。料金:11,000円
  • 那覇市那覇市字鏡水|那覇空港の立体駐車場(トヨタ ヴェルファイア)一週間ほどルームランプ点きっ放しでバッテリー上がり。→受付21:25~到着22:10、ジャンピングでエンジン始動。料金:16,500円
  • 那覇市与儀|お客様ご自宅(ホンダ N-ONE):車検でバッテリーの寿命が近いと言われた。→受付11:26~到着12:10、適合するバッテリーに出張交換。料金:25,000円(バッテリー代含む)
  • 那覇市樋川|与儀公園近くのコインパーク(トヨタ エスティマ):電気を点けたまま駐車して、戻ったらバッテリー上がりでエンジンがかからない。→受付19:24~到着20:11、バッテリーの上がった車のスターターを回しエンジン始動。料金:13,200円

那覇市(那覇空港の立体駐車場):トヨタ ヴェルファイアのバッテリー上がり対応

出張場所:那覇市(那覇空港の立体駐車場)

車  種:トヨタ ヴェルファイア 3.5ZGエディション

トラブル:ルームランプ消し忘れで那覇空港の立体駐車場にてバッテリー上がりになってしまった、トヨタ ヴェルファイアをジャンピングでエンジン始動。

コメント:那覇空港の立体駐車場に1週間ほど駐車しておいたのですが、バッテリー上がりで車のエンジンがかからなくなってしまいました。駐車して車を降りる時にルームランプを点灯して、忘れ物がないか確認したのですが、その時にうっかりして消し忘れていたみたいです。

いつもだったら車を離れる時は、ライトやルームランプの消し忘れ、パーキングブレーキなどはしっかりと確認するのですが、飛行機の搭乗時間が迫っていたことや、いつもとは違う状況でしたので確認を疎かにしてしまったみたいです。

バッテリーケーブルを車に積んであるので、自宅の近くであれば知り合いを呼んでジャンピングしてもらうこともできたと思うのですが、空港の駐車場では皆忙しそうにしているので、他の車の所有者に声を掛けることはできませんでした。

今までロードサービスのお世話になったことはないので、何処のロードサービスの会員にもなっていませんでしたが、スポット的にでも利用できるロードサービスがあって良かったです。スマホでネット検索したらすぐに見つけることができましたので、バッテリー上がりのジャンピング救援をお願いすることにしました。

バッテリー上がりトピックス

車のバッテリーに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリーのサイズ(容量)アップ

バッテリー交換

新車の自動車に搭載されるスターターバッテリーのサイズは、エンジンの排気量や電装品などの装備、寒冷地仕様かどうかなどの諸条件によって選ばれています。排気量の小さい軽自動車のバッテリーは小さく、排気量の大きなエンジンやディーゼルエンジンなどの車両のバッテリーは大きなサイズのバッテリーが搭載されています。また、同じ車種や年式の自動車であっても、寒冷地仕様の車両には大きなサイズのバッテリーが搭載されています。

バッテリーは自動車部品の中でも重い部品ですので、車体の軽量化の観点からすれば必要最小限のサイズが良いとも言えます。しかし、最近の車両には多くの電装品が搭載されおり、ECU(エレクトロニック・コンピュータ・ユニット)も様々な場所に搭載され、各電装品が電気を使って働いています。

電装品を追加搭載したり、自動車の使用頻度が少ない場合は、電気を多く使い充電する機会が減っている訳ですので、バッテリー交換時にサイズアップして、エンジンの始動性能や電気を多く使用する冬や夏の季節の信頼性確保にもなりますので、より大きなサイズのバッテリーを搭載することで、目に見えない安心感を買うことができます。

交換するバッテリーの選択

バッテリーを購入できる場所には、必ずバッテリー適合表が近くに備えられているはずです。そのバッテリー適合表を調べることで、車検証の車両型式と照らし合わせて適合するバッテリーを確認することができます。

JISのバッテリー型式表記であれば、「性能ランク」とバッテリー本体の「短側面サイズ・長さ・端子の位置」で識別します。バッテリー本体のサイズが異なると、車両にバッテリーを取付けられませんのでご注意ください。「性能ランク」の数値を大きくすることで、バッテリーの性能と信頼性をアップすることができ、容量に余裕があるバッテリーに交換することで、未然にバッテリーに関わるトラブルを防ぐことにつながります。

夏季や冬季のバッテリーの性能低下

エンジンがかかっていれば、オルタネーターなどの発電装備によってバッテリーは充電されますが、バッテリーが劣化してくると、充電によって電気を貯めることができる容量が減っていきます。夏季はエアコンの多用によって消費電力が増え、冬期は気温の寒さがバッテリーの性能に影響を与えてしまいます。

バッテリーの性能が低下してしまうと、電力を多く使用するエンジン始動時に電力不足になり、エンジンの始動性が悪くなってバッテリー上がりになるケースが多く発生します。

那覇市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
那覇市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

↑那覇市のバッテリー上がりページのトップへ

お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→