沖縄県でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 沖縄県

沖縄県でのバッテリー上がり救援サービス

沖縄県のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

沖縄県内自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。沖縄県のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

那覇市/糸満市/豊見城市/浦添市/宜野湾市/南城市/沖縄市/うるま市/名護市/島尻郡-八重瀬町・与那原町・南風原町/中頭郡-嘉手納町・西原町・北中城村・北谷町・中城村・読谷村/国頭郡-大宜味村・恩納村・金武町・宜野座村・国頭村・今帰仁村・東村・本部町など、沖縄県にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で、沖縄県内の現地に緊急出張します。

沖縄県でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

ベンツ・BMWなどの外車や24V仕様の車両、大型トラックやバス、オートバイ、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がり救援もお任せ下さい!

沖縄県のバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応情報

沖縄県内のバッテリー上がり救援や出張バッテリー交換対応エリアと対応事例のご紹介。

沖縄県のバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応エリア

沖縄県のバッテリー上がり対応情報
  • 【あ】糸満市/浦添市/うるま市/沖縄市
  • 【か】宜野湾市/国頭郡-大宜味村・恩納村・金武町・宜野座村・国頭村・今帰仁村・東村・本部町
  • 【さ】島尻郡-八重瀬町・与那原町・南風原町
  • 【た】豊見城市
  • 【な】名護市/那覇市/南城市/中頭郡-嘉手納町・西原町・北中城村・北谷町・中城村・読谷村

※沖縄県内の上記および周辺地域のバッテリー上がり・出張バッテリー交換に緊急対応。

沖縄県でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

沖縄県でのバッテリー出張交換にも対応

出張場所:沖縄県那覇市

車  種:日産キューブ

トラブル:バッテリー上がりでエンジンがかからない。バッテリー上がりの症状も出ていたため寿命と判断して、バッテリー交換を行なうことにした。

コメント:1年ほど前に中古で購入した日産キューブですが、バッテリー上がりでエンジンがかからなくなってしまいました。夜中にバッテリー上がりになってしまい、車屋さんなどは閉まっているのでどうしようかと思い、バッテリー上がりを助けてくれるところがないかネットで調べてみました。

バッテリーが弱っている症状は薄々感じていたのですが、こんなに早くエンジンがかからなくなるとは思ってもみませんでした。車を買ったのは1年ほど前ですが、その時にバッテリーは新しいものに交換されていなかったと思います。

車検証を見て確かめてみましたが、この車の登録年月を確認したところ、私がこの車を購入したほぼ3年前に初回登録されていました。その時からバッテリーが一度も交換されていないとすると、4年くらい使われたバッテリーでしたので寿命と判断しました。

ホームページを確認していたら、バッテリー交換も出張対応できると分かりましたので、車種と搭載されているバッテリーの型式を伝えました。それで交換可能と返事をいただいたので、ジャンピングではなく、バッテリー交換で申し込みました。

ジャンピングでエンジンがかかっても、すぐにバッテリーが上がってしまったら嫌ですし、ジャンピングでお金がかかるならバッテリーを新しいものに交換してしまった方が良いと思いました。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリー上がりで困らないために

バッテリーの寿命

車に詳しかったり、車で出掛ける前には必ず運転前の点検を行なう様な方であれば、車の故障を早めに察知できますので、突然の車のトラブルにはあいにくいものです。しかし、最近の車は壊れにくくなってきていますので、毎回念入りに点検をする方は少ないと思います。

オイル交換などは走行距離や使用期間で交換しなければいけないものと知っている方が多いと思いますが、車のバッテリーも消耗品ですので、いつまでも使えるものではありません。何年も使い続けていると、バッテリーが突然上がってしまいエンジンが掛からなくなってしまうことがあります。

突然のバッテリー上がりトラブルで困らないためにも、日頃気を付けておくべきポイントを知っていた方が良いと思います。

バッテリーには寿命がある

車のバッテリーは、エンジンがかかっていたり走行している時に充電されています。エンジンオイルの様に汚れれたり量が減るなど目に見えるものではありません。またタイヤの様にすり減っていくものでもなく、バッテリーの電圧は目に見えないものなので、交換時期を判断するのが厄介な面があります。

電気系統にバッテリー上がりの兆しが出てきたら交換しようと思う方も多いと思いますが、バッテリー上がりの症状が出てきてから交換を考えたのでは遅い場合もあります。エンジンを始動する時に多くの電力を必要としますので、エンジンがかからなくなってから「早く交換しておけばよかった!」と後悔するケースも少なくありません。

バッテリーの寿命は、使用環境や状況に左右されますので、5年以上交換しないで使い続けられるケースもありますが、通常は3年くらいで交換が必要になります。目安としては、新車を購入した最初の車検でバッテリーを交換するのも良いのかも知れません。

バッテリーの寿命を延ばすために

バッテリーの寿命を延ばす手段はいくつもありますが、バッテリーに負担をかけないようにすることがバッテリーの寿命を延ばすポイントになります。

車のバッテリーの電力を一番必要とするのは、エンジンを始動する時ですので、エンジンをかける時や切る時にひと手間加えるだけでも、寿命を伸ばすことにつながります。例えば、エンジンを切る前にエアコンやカーナビ、ライト類などの電源を切るようにすれば、エンジン始動の際に余計な電力を使わずに済むため、バッテリーの負担を軽減することができます。

また、キーを回してエンジンを始動するタイプの車であれば、いきなりキーをONまで回してしまわずに、ACCの位置で5秒ほど待ってからエンジンを始動するようにすると良いでしょう。こうすることで、ポンプによって燃料がエンジンに送られてくるのを待つことになりますので、始動性が良くなりバッテリーの負担を軽減することができます。

沖縄県でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
沖縄県対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

バッテリー上がりの概要説明はこちら→