南城市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 沖縄県 > 南城市

南城市でのバッテリー上がり救援サービス

南城市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

南城市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。南城市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

玉城/大里/佐敷地域など、南城市にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

南城市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

南城市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
南城市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

南城市でのバッテリー上がり対応情報

南城市にてバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

南城市でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

南城市でのバッテリー出張交換にも対応

南城市でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

南城市でのバッテリー出張交換にも対応

玉城/大里/佐敷地域など、南城市でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

南城市大里:バッテリー上がり再発によるバッテリー交換

出張場所:南城市大里の店舗駐車場

車  種:スバル インプレッサ

コメント:今朝出掛ける時にエンジンがかからなかったので、母親の車のバッテリーにケーブルをつないでエンジンを始動してきました。まだバッテリー交換してから3年は経っていないので、1時間以上走れば充電できると思ってました。

自宅に帰るまでに2箇所ほど立ち寄らなければいけない所があり、またエンジンがかからなくなったら大変なので、出張バッテリー交換をお願いすることにしました。バッテリー交換後3年くらいなのですが、あまり車を乗る機会がなかったので、バッテリーがあまり長持ちしなかったのかも知れません。

念の為にバッテリーケーブルは持ってきたのですが、誰かにジャンピングを頼むのもいちいち面倒なので、バッテリーを交換してしまうことにしました。ただし、発電系統の故障でなければ良いのですが・・・。バッテリーを交換してもらってから様子を見たいと思います。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリー上がりの症状と長持ちさせるコツ

バッテリー上がりの症状と長持ちさせるコツ

車のトラブルで多いのはバッテリー上がりですが、バッテリーは消耗具合が分かり難く、普段は見えないところにありますので、何もなければ特に気にする人は少ないと思います。しかし、バッテリー上がりで突然エンジンがかからなくなるケースもありますので、バッテリーが弱っている時に出る症状には気を付けた方が良いでしょう。

バッテリー上がりの症状

バッテリー上がりとは、一般的に電気の使用量が充電量を上回って充電不足になった状態のことをいいます。エンジンを始動する時には、セルモーターを動かす時に多くの電気が必要ですので、エンジンがかからなくなってからバッテリー上がりに気付くことが多いです。

エンジンが回転することでバッテリーは充電されますので、エンジンの回転数が低い状態が続く渋滞中にエアコンなどをフルに使っていると、バッテリーへの負担が大きくなり、トラブルも起きやすくなります。
以下の様な症状が現れた場合には、バッテリー上がりの前兆と考えて良いでしょう。

エンジンのかかり具合が悪い

バッテリーが弱っているとエンジンがかかり難くなりますが、バッテリー端子が接触不良を起こして、充電が正しく行われていない可能性があります。端子の取り付けが緩んでいないか、汚れて接触不良を起こしていなかなどを点検してみると良いでしょう。特に異常が見つからなかった場合は、寿命による交換時期が迫っている可能性が高いですので、速やかにバッテリー交換を行った方が良いでしょう。

ライト類の明るさが変わる

バッテリー上がり状態になると、ライト類の明るさに影響が出てきます。アイドリング状態でヘッドライトが暗く感じた場合は、サイドブレーキをかけた状態でシフトギアを「PかN」にしてアクセルを踏み込み、エンジンの回転数を上げてみてください。明るさが変化する様であれば、バッテリーが弱っている可能性が高いです。

バッテリー液の点検

バッテリー自体に装備されているインジケーターでバッテリーの状態を知ることもできますが、バッテリー液の状態も点検してみてください。

バッテリーの液面を目視できる場合は、液面が「Upper Level」と「Lower Level」の間にあることを確認して、6つのセルの液面の高さにバラツキがあるかも確認してみてください。バッテリー液の減り具合が速かったり、液面の高さにバラツキがある場合は、バッテリーの交換時期が近付いている可能性が高いです。

バッテリーを長持ちさせるコツ

バッテリーにあまり負担をかけなければ、バッテリーは長持ちする場合が多いです。

渋滞での運転

渋滞中はアイドリング状態が長く続き、エンジンの回転数も低いため効率よく充電が行われません。渋滞中にヘッドライトが暗く感じるなど、バッテリーのパワー不足を感じた場合には、エアコンを切るなどして電装品の使用を控えると良いでしょう。

また、エンジンを始動する時は多くの電力を必要としますので、運転が終わって駐車する時にエアコンやオーディオ類の電源を切っておくなどの心遣いでも、バッテリーの寿命を延ばすことも可能です。

車に長期間乗らない場合

車を頻繁に使っていても短い距離の繰り返しばかりや車を使う機会が少ないと、慢性的な充電不足状態が続いてバッテリーに負担をかけてしまいます。また、車を使っていない場合もバッテリーは放電しています。車を長期間乗らないことが事前に分かっている場合は、バッテリーの「-端子」を外しておくと良いでしょう。ただし、久しぶりに車に乗る時には端子の繋ぎ忘れにはご注意ください。

バッテリー上がりの概要説明はこちら→