沖縄市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 沖縄県 > 沖縄市

沖縄市でのバッテリー上がり救援サービス

沖縄市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

沖縄市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。沖縄市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

コザ/胡屋/泡瀬/美里/登川/高原/安慶田/知花/比屋根/古謝/与儀/松本/上地/諸見里など、沖縄市にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で沖縄市内全域に緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

沖縄市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

沖縄市でのバッテリー上がり対応情報

沖縄市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

沖縄市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

沖縄市でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

沖縄市でのバッテリー出張交換にも対応

沖縄市でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

沖縄市大原:ダイハツ・ムーヴの出張バッテリー交換

出張場所:沖縄市胡屋にお住まいのお客様のご自宅

車  種:ダイハツ・ムーヴ(平成14年)(型式:CBA-L150S)

トラブル:セカンドカーとして所有していた軽自動車。3ヶ月ほどエンジンを一度も掛けなかったのでバッテリー上がり。息子さんに車を譲る事になりバッテリーを交換することにした。

コメント:しばらくこの車に乗る機会がなかったので、3ヶ月くらい一度もエンジンをかけていませんでした。息子が車の運転免許を取得したので、この車に乗りたいと言うのでエンジンを掛けようとしたところ、バッテリー上がりでエンジンが掛からなくなってしまいました。4年くらいはこのバッテリーを使ったと思うので、この際新しいバッテリーに交換してあげることにしました。

元々搭載されていたバッテリーは、26B17Lというバッテリーでしたが、あまり値段が違わないようでしたら性能の良いバッテリーにしてあげようと思いました。電話で申し込んだ時にバッテリー交換と容量アップを申し込みましたが、B19サイズにサイズアップも可能と教えてもらったので、パナソニックの60B19Lにバッテリー交換してもらうことにしました。

B17なのにB19サイズのバッテリーで良いのかなと心配になり、自分でも車名と車輌型式で適合するバッテリーを確認してみましたが、「B19サイズにサイズUPが可能」と掲載されていました。信じなかった訳ではありませんが、一応自分でも調べてみました。

このダイハツ・ムーヴは、軽自動車で車体が小さいので、買い物などに行く時のセカンドカーとして使っていたのですが、これからは息子の専用カーになってしまいそうです。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリー上がりと長持ちさせるためにすること

自動車のバッテリー

バッテリー電力の蓄電量を使用量が上回ってしまうと電力不足になり、バッテリー上がりでエンジンを始動できなくなります。そして、劣化によって電力容量が低下して回復できない状態をバッテリー寿命といいます。

ライト類の消し忘れなどの一時的な過放電でバッテリー上がりになった場合は、補充電することである程度回復して、そのバッテリーを使い続けるケースが多いです、しかし、バッテリー寿命の場合は、補充電してもバッテリーの性能はほとんど回復しませんので、新しいバッテリーに交換する必要があります。

バッテリーはエアコンが必要になる暑い夏や寒い冬に酷使されますので注意が必要です。エアコンは暑い夏の必需品ですが、最大風量にしてエアコンを使用すると、多量の電力を消費してしまいます。エアコンが効いていない乗り始めに最大風量にする場合が多いと思いますので、真夏の日差しに照らされるところに駐車する時は、サンシェードを使って車内が暑くなるのを防止するとよいでしょう。そしてエアコンを使う時は、最大風量でサッと車内を冷やして、その後は内気循環に切り替えて、できるだけ余計な電力を使わないようにすると良いでしょう。

一方、冬は気温が寒くなりますので、エンジンオイルが冷えて硬くなることで、エンジン始動時の抵抗が増えてエンジンが掛かりにくくなります。抵抗が増え電力も多く使用することになりますので、冬の季節はバッテリー上がりが起きやすくなります。

バッテリーを長持ちさせるためにすること

車を放置しない
できれば毎日車に乗ることが望ましいですが、最低でも週に一度は車に乗った方が良いでしょう。また、チョイ乗りばかりでは、走行中にバッテリーが十分充電されませんので、30分以上は乗って走行した方が良いです。

長期間車に乗らない時
バッテリーはキーを抜いて車から離れている時でも電力を消費しています。長期間車に乗らないことが事前に分かっている場合は、バッテリーのマイナス端子を外しておけばバッテリーの電力消費を防ぐことができます。

急速充電は寿命を縮める
充電器を使ってバッテリーを充電する時は、必ずバッテリーに適した充電器を使います。ガソリンスタンドなどでは急速充電を行うことがありますが、充電時間は短くて済むものの、その場しのぎの緊急処置ですのでバッテリーの寿命を縮めてしまいます。

バッテリー上がりを起こさない
バッテリー上がり状態になってしまった場合、充電すればバッテリーを継続利用できる場合が多いですが、バッテリー上がりをする度に性能は落ちてしまいます。バッテリーの寿命を縮めないためにも、ライトの消し忘れなどの人為的なうっかりミスでバッテリー上がりにならないようにした方が良いでしょう。

沖縄市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
沖縄市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

バッテリー上がりの概要説明はこちら→