島尻郡でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 沖縄県 > 島尻郡-南風原町/八重瀬町/与那原町

島尻郡-南風原町/八重瀬町/与那原町でのバッテリー上がり救援サービス

島尻郡のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

島尻郡-南風原町/八重瀬町/与那原町自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。島尻郡-南風原町/八重瀬町/与那原町のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

島尻郡-南風原町/八重瀬町/与那原町にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で島尻郡全域に緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

島尻郡でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

島尻郡でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
島尻郡対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

島尻郡でのバッテリー上がり対応情報

島尻郡にてバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

島尻郡内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

島尻郡でのバッテリー出張交換にも対応

参考情報:島尻郡-八重瀬町・与那原町の警察署・役場の連絡先

  • 与那原警察署:与那原町与那原3085「TEL:098-945-0110」
  • 糸満警察署(管轄):糸満市字糸満1736番地6「TEL:098-995-0110」
  • 八重瀬町役場:島尻郡八重瀬町字東風平1188番地「TEL:098-998-2200」
  • 与那原町役場:島尻郡与那原町字上与那原16番地「TEL:098-945-2201」

島尻郡でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

島尻郡でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

島尻郡南風原町:バッテリー寿命による出張バッテリー交換利用

出張場所:島尻郡南風原町にお住いのお客様ご自宅

車  種:トヨタ アルファード

コメント:昨日もバッテリー上がりでエンジンがかからなくなり、ジャンピングしてエンジンがかかったのですが、その後走行充電してから、エンジンを停止してエンジンをかけ直したらエンジンがかかりました。昨日はエンジンが再始動できたので安心していたのですが、今朝はまたエンジンがかからなくなってしまいました。

昨日の今日でバッテリー上がりになったので、もう寿命だと思いますが朝の時間帯で時間もなく、出掛け先でバッテリーが上がってしまったら厄介です。そのため、出張でバッテリーを交換してくれるサービスを行っている業者さんをネット検索で見つけたので、出張バッテリー交換をお願いすることにしました。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリー上がりではないエンジンがかからない原因

バッテリー上がりではないエンジンがかからない原因

車のエンジンが突然かからなくなった時、まず一番最初に疑うのは「バッテリー上がり」ですが、エンジンがかからなくなる原因は他にもあります。バッテリー上がりであれば、ジャンピングやバッテリー交換でエンジンがかかる様になります。

しかし、違う原因だった場合には、せっかくバッテリー交換してもエンジンがかからず、お金と時間が無駄になってしまいます。

エンジンがかからなくなる原因は様々ですが、バッテリーのターミナル端子の接触不良やオルタネーター(発電機)の故障、漏電などでもエンジンがかからなくなります。

バッテリーのターミナル端子の接触不良

バッテリーのターミナル端子の取り付けが緩んでいると、走行中の振動などで更に緩みが増し、バッテリーのターミナル端子との隙間に、バッテリー液特有の白い汚れやホコリなどが入り込むことで接触不良を起こすことがあります。

電装品の動作に電力不足による異常を感じたり、エンジンがかかり難くなった場合、ボンネットを開けてバッテリーのターミナル端子が緩んでいるのが確認できたら、何度かターミナル端子をグリグリと回してから、スパナで端子を締め直してください。

バッテリーのターミナル端子の緩みで接触不良を起こしていた場合は、エンジンがかからないトラブルをあっさりと解決できる場合があります。

オルタネーター(発電機)の故障

オルタネーターという発電装置がエンジンルームにありますが、エンジンが生み出すエネルギーで発電されています。そのオルタネーターが発電する電気によって、バッテリーは充電されながら走行しています。そのため、オルタネーターが故障してしまうと、バッテリーが充電されなくなってしまいますので、やがてバッテリーに蓄えられている電気が使い尽くされてしまいます。

オルタネーターの故障でエンジンがかからない場合、新品のバッテリーに交換すればエンジンはかかりますが充電されませんので、すぐにバッテリーの電気は使い果たされてしまいます。

バッテリー交換については、交換するバッテリーを正しく選択でき、交換作業の手順を間違わなければ一般の人でもできますが、オルタネーターが故障した場合は、整備工場に車を運んで修理してもらう必要があります。

エンジンがかからない原因がオルタネーターの故障なのに、バッテリーの寿命と判断して新しいバッテリーを購入してしまうと、購入したバッテリーが無駄になってしまいます。バッテリーは決して安い部品ではありませんので、エンジンがかからない原因が、オルタネーターの故障なのか? それともバッテリーの寿命なのかの判断は、慎重に行う必要があります。

漏電

オーディオやETC、カーナビなどを取り付ける時など、配線に手を加えてからバッテリー上がりの様な症状が出た場合は、配線関連の不具合で漏電している可能性があります。この場合は、取り付けを行った業者に連絡してみてください。

また、電気を大量に消費する電装品を取り付けた場合、消費電力が増えますのでバッテリーやオルタネーターなども、それに合わせてパワーアップしておかないと、バッテリー上がりの原因になってしまいます。

お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→