浦添市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 沖縄県 > 浦添市

浦添市でのバッテリー上がり救援サービス

浦添市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

浦添市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。浦添市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

浦添/神森/内間/浦城/牧港/宮城/沢岻/前田/港川/当山/仲西地域など、浦添市にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で浦添市内全域に緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

浦添市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

浦添市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
浦添市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

浦添市でのバッテリー上がり対応情報

浦添市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

浦添市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

浦添市でのバッテリー出張交換にも対応

浦添市でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

浦添市でのバッテリー出張交換にも対応

浦添市でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

浦添市港川:バッテリー交換作業の代行

出張場所:浦添市港川:お客様ご自宅の駐車スペース

車  種:トヨタ アルファード

コメント:新車で購入してから4年ちょっと経ちましたが、バッテリーが弱っているようなので、新しいバッテリーに交換することにしました。自分でバッテリーの型式を調べて、ネットの通信販売で注文してバッテリーを届いたのですが、いざ自分でバッテリー交換しようとしたところ、だんだん自分で交換するのが怖くなってしまいました。

バッテリーの交換手順は、ネットで検索すると様々なWebサイトに掲載されているので分かるのですが、ショートして火花が出るとか、バッテリーの中身は希硫酸だとか、最悪の場合は爆発するとも注意事項として掲載されていました。

バッテリーは通信販売で購入済みでしたので、バッテリーの交換作業だけ代行してくれる業者さんがあるか調べていたところ、御社の出張バッテリー交換サービスに頼めることを知りました。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリー上がりでエンジンがかからない時

バッテリー上がりトピックス

車のエンジンがかからない原因として、よくバッテリー上がりがあげられます。バッテリ上がりは、車のトラブルで一番多いですが、バッテリー上がりの原因として多いのは、ライト類の消し忘れです。夜中に運転した後にライトを消し忘れてしまうと、ほとんどの場合は次の日にはバッテリー上がりでエンジンがかからなくなります。満充電の状態だったり新しく交換したばかりのバッテリーであれば、ギリギリの状態でスターターモーターが回ってエンジンが始動できるかもしれませんが、あまり期待はできないでしょう。

また、ドアが開いた時に点灯するように、ルームライトのスイッチを「DOOR」のに設定している方が多いと思います。そのため、半ドアでルームライトが点灯したままになり、バッテリー上がりになるケースも多いです。最近の車はドアを完全に閉めても、一定時間はルームライトが点灯している車種も多いですので中止が必要です。
どちらの場合も、エンジンがかかっていない状態でバッテリーの電気を消費する時間が長く続いてしまうため、バッテリーの残量が減ってしまい、バッテリー上がりでエンジンが始動できなくなります。

走行中に長時間ライトを点灯してもバッテリーが上がらないのは、エンジンがかかっている間はオルタネーターが発電しているからです。エンジンが動いている最中は、オルタネータによって発電された電力でライトを点灯したり、その他の電装品を動かしています。また、走行中はエンジンの回転数も発電量も上がるので、余った電力はバッテリーの充電に使われます。

バッテリーの寿命が間近に迫っている場合は、しっかりと充電されなくなりますので、ライト類の消し忘れなどをしていなくてもバッテリー上がりになります。これはバッテリーの経年劣化によるバッテリー上がりのパターンです。

オルタネーターの故障によるバッテリー上がり

エンジンがかかっっている時に発電するオルタネーターが故障した場合も、バッテリーが充電されなくなりますのでバッテリー上がりになります。バッテリー交換しても、すぐにバッテリーが上がってしまう場合は、オルタネーターの故障が疑われます。オルタネーターは永久的に使えるものではありませんので、長く使い続けていれば交換修理が必要になります。

走行中のバッテリー上がり

オルタネーターが故障している状態で、走行中にバッテリーが上がりになると、完全に電力を失ってしまいますので、エンジンを動かすために必要な電力もなくなるため、突然エンストしてパワーステアリングも機能しなくなり、ハンドル操作が難しくなりますので事故の危険が伴います。メーターパネルの警告灯点灯などの異常に気づいた時は、なるべく安全な場所に避難できるような措置をとることが必要になります。

バッテリー交換も費用はかかりますが、オルタネーターが故障した場合の修理費用はもっとかかります。車に詳しい人などは、オルタネーターが故障した状態でも、バッテリーを充電しながら次の給料日まで車を乗り続けようと考える方もいるかもしれません。しかし、危険も伴いますのでなるべく早く修理を行なった方が良いでしょう。

車の乗り方やバッテリーの状態にもよると思いますが、オルタネーターが故障して発電されなくても、バッテリーを充電すれば走行できますが、修理工場へ車を持ち込む程度と考えた方が良いでしょう。走行中のエンストで交差点や追い越し車線などで車が動かせなくなってしまうと、事故や渋滞の原因を作ってしまい大変危険です。

浦添市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
浦添市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

バッテリー上がりの概要説明はこちら→