うるま市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 沖縄県 > うるま市

うるま市でのバッテリー上がり救援サービス

うるま市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

うるま市内自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。うるま市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

石川/具志川/勝連/与那城/平安座/志林川/天願/安慶名/江洲など、うるま市内全域のバッテリー上がりトラブルに対応しております。

うるま市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

うるま市でのバッテリー上がり対応情報

うるま市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

うるま市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

うるま市でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

うるま市で自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がり救援で、ジャンピングにてエンジン始動した事例や出張バッテリー交換に対応した事例のご紹介です。

うるま市具志川:バッテリー交換時にバッテリーサイズをアップ

うるま市でのバッテリー出張交換にも対応

出張場所:うるま市具志川にお住まいのお客様のご自宅

車  種:トヨタ クラウンマジェスタ(平成18年)(型式:DBA-UZS186)

トラブル:バッテリー交換時にバッテリーの性能を上げる目的で「80D26L→125D26L」にバッテリーサイズを変更。(これから車に乗る機会が減る予定のため、バッテリーも性能を上げておく)

コメント:3週間くらい車に乗る期間がなかったのですが、久しぶりに車で出掛けようとしたらバッテリー上がりでエンジンが掛からなくなりました。多分バッテリー上がりだと思いますが、急いで出掛けるわけではなかったので、家の中に戻って「車のバッテリー上がり」についてネット検索して調べてみました。

今まで使っていたバッテリーは、多分3年くらい使われていたものだと思います。バッテリーの寿命は2年~3年みたいなので、そろそろバッテリーの寿命で交換時期が来たと思いました。今回は3週間くらい車に乗らなかったのでバッテリー上がりになったと思いますが、これからも車に乗る機会が減ると思うので、バッテリー容量の大きいものにバッテリー交換しようと思いました。・・・バッテリー容量を大きくすると、バッテリー上がりのリスクが減ることは、ネット検索している時に知りました。

車に乗れなければ、新しいバッテリーに交換するためにカーショップに行くこともできませんので、バッテリーについてネット検索している時に見つけた「出張バッテリー交換」を利用させてもらうことにしました。出張バッテリー交換を申し込む時に必要な情報と思い、車検証とバッテリー型番をメモした紙を用意してから電話しました。

現在使っているバッテリーを「80D26L」と伝え、どうせバッテリー交換するのであれば、バッテリーの性能をできるだけ上げたいとお願いしました。それでパナソニックの125D26Lを勧められたので、そのバッテリーに交換してもらうことにしました。

バッテリー上がりで車でカーショップに行くことはできませんでしたが、今日は日曜日なのでカーショップに行ってバッテリー交換をお願いしていたら、2時間待ちくらいになっていたと思います。出張バッテリー交換は、電話で申し込んでから家で待つだけでしたので、面倒さがまったくなく大変助かりました。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイクのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

自動車のバッテリー上がりの原因や症状

自動車のバッテリー上がり

車のバッテリー上がりは、意外と身近に起きるトラブルです。バッテリー上がりの原因は様々ですが、比較的多いのは、ヘッドライトや室内灯などのライト類の消し忘れです。エンジンが掛かっていれば、発電装置(オルタネーター)によってバッテリーは充電されます。しかし、エンジンが停止している状態では充電されず放電する一方ですので、その状態でカーテレビを見ていたりカーナビの操作、ライトを長時間点灯しているとバッテリーが上がります。

また、バッテリーはエンジンを停止している時でも自然放電していますので、長期間車に乗らないで放置した場合もバッテリー上がりのトラブルに見舞われます。ずっと車を使う予定がない場合は、バッテリーの(-)端子を外しておけば自然放電を防げます。しかし、最近の車は様々な車両の情報を学習してコンピューターに記録していますが、バッテリーを外したままにするとコンピューターがリセットされてしまいます。

その場合、バッテリーを再接続した後にエンストしたり、アイドリングが不安定になる可能性がありますが、しばらく走っていれば再学習して適切な状態に戻ります。

バッテリー上がりの主な原因

バッテリー上がりの要因には気温も影響します。冬の季節などの気温が低い時にはバッテリーの性能が落ちますが、気温が低いとエンジンオイルの影響で、エンジンを始動する時に大きな力が必要になります。そのため、冬の季節にはバッテリーが上がりやすいので注意が必要です。

バッテリー上がりの症状と前兆

バッテリー上がりは、電力をたくさん必要とするエンジン始動時になることが多いです。

バッテリー上がり状態になると、エンジンを掛けようとしてキーを回しても、電力不足でセルモーターが勢い良く回らないためエンジンを始動できません。多少バッテリーの電力が残っていれば、キーを回した時に「カチカチ」と音がしますが、バッテリー上がりで「カチカチ音」が聞こえていれば、ジャンピングでエンジンを始動できる可能性が高いです。

最近のバッテリーや車の性能は良くなっていますので、バッテリー上がりの前兆症状がなく、突然バッテリー上がりになるケースもあります。しかし、いつもよりセルモーターの回り方に元気がなかったり、ヘッドライトが時々暗くなるのに気付いた時は、バッテリーが弱っている可能性がありますので、早めにバッテリーを点検または交換しておいた方が良いでしょう。

車の使い方でバッテリーの寿命が変わる

一般的にバッテリーの寿命は2~3年ですが、車の使い方はバッテリーの寿命にかなり影響します。車を毎日の通勤に使い、1回で30分以上走行するようであれば、バッテリーの寿命は長くなります。一方、車をあまり使わず、1回の走行時間が少ないチョイ乗りばかりの場合は、バッテリーの充電不足状態が続いていますので、2年を目安にバッテリー交換を検討した方が良いでしょう。

バッテリー上がりは、車が必要な時や時間がない時などによく起きる傾向がありますので、急なトラブルで困らないように早めのバッテリー交換をお勧めします。

うるま市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
うるま市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

バッテリー上がりの概要説明はこちら→