大分市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 大分県 > 大分市

大分市でのバッテリー上がり救援サービス

大分市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

大分市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。大分市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

大分市内全域のバッテリー上がりトラブルに対応しております。

大分市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

大分市でのバッテリー上がり対応情報

大分市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

大分市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

大分市でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

大分市でのバッテリー出張交換にも対応

大分市でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

大分市中央町:バッテリーの寿命による出張バッテリー交換

出張場所:大分市中央町

車  種:ホンダ ライフ

トラブル:バッテリーの寿命による出張バッテリー交換。バッテリーの型式:「38B19R」。

コメント:最近、寒くなってきましたが、朝の通勤時にエンジンをかけようとすると、エンジンがかかりにくくなってきたような感じがしていました。今日は仕事が終わり、帰宅するために車のエンジンをかけようとしたらエンジンがかかりませんでした。

困ってしまい父に電話してみたのですが、お酒を飲んでしまったので助けに来れないと言われ、10分ほどそのまま待っているように言われました。そして、ロードサービスを頼んだので、新しいバッテリーに交換しに行ってくれるから、そのまま待っているように言われ、ロードサービスさんが来るのを待っていました。

バッテリー上がりでエンジンがかからなくなったのは初めてで、父も助けに来れないと聞いた時はとても不安になりましたが、ロードサービスさんを手配してくれたので良かったです。

→バッテリー型式:38B19R にバッテリー交換

大分市永興:ハザードランプ長時間点灯によるバッテリー上がり

出張場所:大分市永興

車  種:日産 キューブ

トラブル:ハザードランプ長時間点灯によるバッテリー上がり。

コメント:引越荷物を部屋まで運んでいましたが、駐車禁止の道路だったのでハザードランプを点灯して路肩に車を駐車していました。自分の車で運べる小さな荷物だけ運んでいたのですが、あと1往復しようとしてエンジンをかけようとしたところ、エンジンが始動できなくなってしまいました。

セルモーターの音もドンドン弱々しくなり、全くエンジンが始動できる気配もなくなってしましました。この辺りは自分が生まれ育った土地ではないので、ジャンピングを頼める様な知り合いもいないため、何かバッテリー上がりになった時の解決策がないかをネットで検索してみました。そして、会員などになっていなくてもバッテリー上がりを救援してくれるサービスがあることが分かりました。

最近はネットで何でも調べられるので大変便利な時代になりましたが、バッテリー上がり救援のサービスをスポット的に利用することができ大変助かりました。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

過放電によるバッテリー上がり

過放電によるバッテリー上がり

最近の車は様々な機能や電力を必要とする電装品が増えていますので、バッテリーは重要な電力源となっています。バッテリーからの電力でセルモーターを回してエンジン始動する他に、エンジンがかかっていない時でも時計やセキュリティーシステムなどに電力を供給する重要な役割をしています。

バッテリーが過放電した時の症状

エンジンを始動する時にセルモーターの音が弱々しい、「カチカチ」というような音しかしない状態でエンジンがかからないのが、過放電になったバッテリー上がりの主な症状です。また、エンジンがかかっている状態では、夜間の運転でヘッドライトを点灯した時にライトがいつもより暗く感じたりすることもあります。

雨が降っている蒸し暑い夜に渋滞道路を走った時などは、エアコンやライト類、ワイパーやデフォッガーなどで電力をたくさん使用しますので、充電よりも放電の方が多くなり、過放電によるバッテリー上がりに注意が必要です。

過放電の原因

過放電によるバッテリー上がりの原因は、電気の使い過ぎによるものですが、過剰なエアコンの使用やヘッドライトの消し忘れ、半ドアなどによるルームランプの消し忘れ、長期間の車の放置などです。

また、バッテリーの経年劣化による寿命や故障も考えられますが、バッテリーを充電するために働く発電機のオルタネーターが故障してバッテリーが充電できなくなり、過放電でバッテリー上りになるケースもあります。

バッテリー上がりになった時は・・・

バッテリーの寿命ではない単純な電圧低下でバッテリー上がりになった場合は、バッテリースターターや他の車のバッテリーとブースターケーブルでつないでエンジンを始動すれば大丈夫です。バッテリーの機能は低下するものの、しばらくはそのバッテリーを使い続けられることも多いです。

ただし、充電を行なったのにバッテリー上がりの症状が度々発生する場合は、バッテリーの寿命や故障が考えられますので、整備工場で点検してもらうか、新しいバッテリーに交換した方が良いでしょう。

バッテリーの日常点検

整備工場などではバッテリーの状態をバッテリーチェッカーなどで検査しますが、機器を使わなくてもエンジン回転数によるライトの明暗などでも判断することもできます。

最近のバッテリーは、寿命近くまで性能を維持できるものも多いです。バッテリーの液量点検などを日常的に点検することは、ご自分でもできることですので、きちんと行っておいた方がようでしょう。

大分市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
大分市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

バッテリー上がりの概要説明はこちら→