大分県でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 大分県

大分県でのバッテリー上がり救援サービス

大分県のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

大分県自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。大分県のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

大分県(大分市/別府市/由布市)周辺にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で、大分県内の現地に緊急出張します。

大分県でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

大分県でのバッテリー上がり対応情報

大分県内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

大分県内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

大分県でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

大分県でのバッテリー出張交換にも対応

大分県でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

大分県大分市:外出先での出張バッテリー交換

出張場所:大分県大分市

車  種:日産 ブルーバードシルフィ 平成18年式

トラブル:外出先でバッテリー上がりのため、出張バッテリー交換のご依頼/日産 ブルーバードシルフィ 平成18年式 バッテリー型式:46B24Lに交換。

コメント:1週間前にもバッテリー上がりでエンジンがかからなくなりました。その時は自宅でエンジンがかからなくなったので、以前購入していたバッテリー充電器で1時間ほど充電後にエンジンをかけることができました。

しかし、今日は自宅ではなく外出先でバッテリー上がりになってしまったので、自力での対応はできなく困ってしまいました。もう、このバッテリーは4年ほど使い続けておりますので、寿命で交換が必要だと思いました。ジャンピングでエンジンをかけてもらえればどうにかなると思い、バッテリー上がりを救援してくれる業者さんをネット検索して探しました。

バッテリー上がりについて検索していたところ、バッテリー交換も出張で対応してくれることを知り、出張バッテリー交換をお願いすることにしました。

大分県鉄輪:ゆめタウン別府で買い物中に半ドアでバッテリー上がり

出張場所:大分県別府市 ゆめタウン別府の駐車場

車  種:日産 キューブキュービック 平成20年式

トラブル:買い物先の駐車場で半ドアによるバッテリー上がり:ジャンピングでエンジン始動

コメント:ゆめタウン別府に買い物に来たのですが、駐車場に戻って車のドアが半ドアになっていることに気付きました。室内灯のスイッチはいつも「DOOR」にしているので、半ドアだったため室内灯が4時間以上点灯していたと思います。

車に乗り込んで恐る恐るエンジンキーを回してみましたが、セルが回る音も弱々しくエンジンは始動できなくなっていました。

免許証を取得したばかりの若い頃には、JAFさんに入会していたのですが、1回も出動要請する機会がなかったので、今は入会していませんでした。「バッテリー上がりを救援してくれる業者さんはないかな?」と考え、ネットで検索してみたら、生活トラブルSOSさんのロードサービスを見つけました。

中古で車を購入する時にバッテリーを交換してもらっているので、このバッテリーは2年くらいしか使っていないと思います。今回、バッテリー上がりになるまで調子は良かったので、ジャンピングでお願いします。家に帰宅するまで30キロくらい走るので、充電しながら帰ります。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

原因不明のバッテリー上がり

原因不明のバッテリー上がり

車のバッテリー上がりの原因の多くは、過放電によるものと言われています。しかし、バッテリーを交換したばかりで、通勤などで毎日車を使っているのにバッテリーが上がってしまうこともあります。

この様な場合は、知らない間にバッテリーに負担をかけていることもありますので、原因不明の突然起きるバッテリー上がりで困る時もあると思います。

車は走行して自然充電している

車のバッテリーは、走行中に自然充電しています。エンジンの回転数にも関係していますので、アイドリング時以上のエンジン回転数で走ることによって効率よく自然充電を行います。但し、ある程度の充電には1時間以上の走行が必要と言われていますので、近所のお店への買い物ばかりに車を使っていると、十分な自然充電が行われません。

数分程度のチョイ乗りばかりだと、自然充電が十分に行われませんので、充電よりもエンジン始動や電装品による消費電力が上まってしまい、バッテリーが上がってしまいます。そして、電力を多く消費するエンジン始動時にバッテリーの電力不足になって、バッテリー上がりでエンジンが始動できなくなってしまいます。

発電機の故障

車が走行している時にバッテリーを自然充電するためには、発電機が正常に機能していなければいけません。車のオルタネーターや発電機系統が故障している場合は、バッテリーの充電が行なえませんので発電系統の修理が必要です。

暗電流による電力消費

車のキーをOFFにしていても流れている電流を「暗電流」といいます。バッテリーからの電力を使っている時計やセキュリティシステムなどが暗電流を消費しています。

車を使っていない期間が長ければ長いほど、暗電流の消費が多くなりますので、長く車を使わない場合はバッテリーのマイナス端子を外しておくと良いでしょう。但し、時計やセキュリティシステムの動作がストップしますのでご注意ください。

電装品の追加で消費電力が増える

電力を必要とする電装品を後付けしていくと、電力の消費も当然増えます。カーナビやレーダー、ドライブレコーダーやオーディオ機器、そしてライト類などで消費電力が増えた場合は、バッテリーの容量も増やす必要があります。

バッテリー上がりを予防する方法は様々ですが、室内灯の消し忘れなどで急にバッテリー上がりになってしまった場合は、どうしようもありません。急なバッテリー上がりでお困りの際は、年間契約は不要でスポット的に利用できる「生活トラブルSOSのロードサービス」をご利用ください。

大分県でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
大分県対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

バッテリー上がりの概要説明はこちら→