茨木市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 大阪府 > 茨木市

茨木市でのバッテリー上がり救援サービス

茨木市でのバッテリー上がり・出張バッテリー交換
茨木市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

茨木市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。茨木市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短10分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

茨木市全域および茨木市の周辺地域にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

茨木市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
茨木市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

茨木市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

ベンツ・BMWなどの外車や24V仕様の車両、大型トラックやバス、オートバイ、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がり救援もお任せ下さい!

茨木市のバッテリー上がり救援対応情報

茨木市内のバッテリー上がり救援や出張バッテリー交換対応エリアと対応事例のご紹介。

茨木市のバッテリー上がり救援対応エリア

茨木市のバッテリー上がり対応情報
  • 安威/駅前/彩都あさぎ/東太田/春日/沢良宜西/総持寺/豊川/南春日丘/宮島/山手台/鮎川/郡/島/彩都あかね/大池/太田/上穂積/北春日丘/下穂積/真砂/太田東芝町/上野町/丑寅/蔵垣内/沢良宜浜/寺田町/中穂積/東奈良/東福井など

※茨木市内の上記および周辺地域のバッテリー上がり・出張バッテリー交換に緊急対応。

茨木市の各施設や観光地の周辺地域にもスピード対応します!

  • 茨木市民会館/茨木市民総合センター/茨木市立文化財資料館/茨木市里山センター/茨木市民体育館/キリシタン遺物史料館/茨木春日丘教会/竜王山/竜仙の滝/椿山
  • 元茨木川緑地/若園運動広場・春日丘運動広場・東雲運動広場・福井運動広場・桑原運動広場グラウンド/中央・庄栄・中条・穂積・水尾図書館/川端康成文学館/大岩いもほり農園
  • 総持寺/太田茶臼山古墳/西河原市民プール/椿の本陣/須賀神社/松沢池/地蔵が池/イオン茨木ショッピングセンター/桑田公園/西河原公園/春日丘公園/水尾公園・・・他

茨木市の駅周辺や沿線地域での出張バッテリー上がり救援もお任せください!

  • 南茨木/沢良宜/彩都西/茨木市/宇野辺/総持寺/茨木/豊川/阪大病院前駅

参考情報:茨木市の警察署・市役所の連絡先

  • 茨木警察署:茨木市中穂積1丁目6-38「TEL:072-622-1234」
  • 茨木市役所:茨木市駅前三丁目8番13号「TEL:072-622-8121」

茨木市でのバッテリー上がり救援対応事例

茨木市でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき出動した事例のご紹介です。

  • 茨木市小川町|茨木市民体育館(ダイハツ ムーヴ):駐車してからずっと半ドアになっていたのでバッテリーが上がってしまった。最初はエンジンがかかりそうな気配があったが、次第にバッテリーの電気が力尽きて行った。→受付16:06~到着16:33、ジャンピングでセルモーターを回してエンジンを始動。料金:8,800円
  • 茨木市松ヶ本町|イオンモール茨木(日産 ノート):エンジンがかからないので最初は操作ミスかと思ったが、落ち着いて確認したところヘッドライトが点灯モードになっていた。買い物と食事で2時間くらい駐車していたので、バッテリーが上がったのだと思う。→受付14:03~到着14:38、ポータブルバッテリーを接続してジャンピング。料金:11,000円
  • 茨木市大住町|コンビニ駐車場(ダイハツ ハイゼットカーゴ):昼飯を食べてから1時間ほど車の中で休憩してしまったが、テレビを観たりスマホを複数台充電したりしていたのでバッテリーが上がってしまった。駐車場に「アイドリングストップ」と掲示されていたが、エンジンをかけておけば良かったと後悔している。→受付12:47~到着13:22、ジャンプスターターでエンジン始動。料金:11,000円
  • 茨木市真砂玉島台|お客様ご自宅の駐車スペース(スズキ ワゴンR):アイドリングストップ車のバッテリーの寿命の目安は18ヶ月または3万kmみたいですが、目安を超えたのでバッテリーを交換することにしました。→受付11:30~到着12:34、搭載しているバッテリーと同じ、アイドリングストップ車用のM42バッテリーに交換。料金:27,000円(バッテリー代込み)
  • 茨木市五十鈴町にお住いのお客様ご自宅(ミニ ミニクラブマン):バイクの事故で入院していたが、その間は全く車のエンジンをかけることがなかったので、バッテリーが上がりエンジンがかからなくなっていた。→受付12:37~到着13:15、ジャンピングスタート作業でバッテリー上がり対応。料金:11,000円
  • 茨木市水尾|ラーメン店の駐車場(ホンダ オデッセイ):食事中に「誰かの車のヘッドライトが点いたまま」と聞いたのですが、自分の車だとは思いませんでした。その時に消していればバッテリー上がりにはならなかったのかもしれません。→受付20:04~到着20:46、バッテリーが上がった車のスターターを回しエンジン始動。料金:13,200円(夜間対応など)
  • 茨木市上穂積|お客様のご自宅(スズキ スペーシア):前回バッテリーを交換してから2年しか経っていないのに、バッテリー上がりでエンジンがかからない。バッテリー交換するには早過ぎると思うので、ジャンピングスタートをしてから様子を見ることにした。→受付12:50~到着13:25、ブースターケーブルをつないでバッテリージャンピング作業。料金:11,000円
  • 茨木市沢良宜西|ファミリーレストランの駐車場(ホンダ ゼスト):食事してから車に戻った時に暑いので、エンジンを止めないでエアコンをかけていたのだがエンジンが勝手に止まっていた。まずいと思ったがバッテリーが上がってしまいエンジンがかからない。→受付12:56~到着13:28、ジャンピングスタートでバッテリー上がり救援。料金:11,000円

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリーを長持ちさせるのポイント

茨木市(バッテリー上がりトピックス)

バッテリーの役割は、自動車の電気系統に電気を供給することですが、走行することで充電を行っています。あまり走行せずにライト類やエアコン、カーナビやオーディオ機器、ワイパーやパワーウィンドウ、そしてエンジン始動の頻繁な繰り返しで電気消費の方が多い状態が続いていると、バッテリーの負担が増えて寿命を縮めてしまいます。

また、何か月も走行せずに放置してしまうと、駐車中にも僅かに放電していますので、バッテリー上がりになるだけでなく、バッテリーの充電不足状態が続き、寿命を縮めてしまう原因になります。せめて週に一度くらいは、バッテリーを十分充電できる程度の走行はした方が良いでしょう。

ただし、エンジン始動時に一番電気を消費しますので、頻繁なエンジン始動と停止の繰り返しばかりでは、返ってバッテリーに負担をかけてしまいますのでご注意ください。

バッテリーのメーカー保証は2~3年程度が多いですが、2年を過ぎた頃からはバッテリーの交換時期を気にしながら車を運転した方が良いでしょう。バッテリーは消耗品で寿命があるものですので、様子を見ながら車を運転した方が安心です。バッテリーの状態が気になる場合は、ディーラーやカーショップ、ガソリンスタンドなどで点検してもらうと良いでしょう。

バッテリーは決して安いものではありませんので、できれば長持ちさせるのが経済的です。そのためには、電気系統の使用をできるだけ控えるのが一番の近道でポイントでもあります。

例えば、
●必要以上にエアコンを使用しない。
●スマホや携帯電話の充電は行わない。
●渋滞道路を避けて運転する(頻繁なブレーキランプ点灯、充電効率が悪い)
●停車、駐車中には電気系統を切る。
●頻繁なエンジン始動と停止の繰り返し(エンジン始動時の電気消費が多い)
●夜や雨の日の無用な運転は避ける(ヘッドライト点灯、ワイパー使用)
●荒天時や激しい雨の時は走行しないでどこかで休憩。(ヘッドライトやフォグランプ、ワイパー使用)

最近は異常気象によるゲリラ豪雨が頻繁にありますが、激しい雨の中の運転でワイパーを加速させ、ガラスの曇り防止をするためのエアコン使用などで、多くの電気を使用してしまいます。この様な時に時間に余裕がある場合は、飲食店やドライブイン、パーキングなどでエンジンをOFFにして休憩した方が良いでしょう。ゲリラ豪雨は一時的な場合が多いですので、天気が回復するまで待った方がバッテリーに余計な負担をかけずに済みます。

また、エンジンをOFFにする時には、全ての電気系統のスイッチを切ってからOFFにしてください。エンジン始動時にセルモーターを動かすために電気を使用しますが、この時に多くの電気を使用しますので、電気が分散しないための処置になります。

バッテリー上がりでエンジンがかからない場合

ブースターケーブルを持っており、しっかりとジャンピングスタートの方法を知っている場合は、他のクルマのバッテリーからジャンピングスタートでエンジンを始動することができる場合が多いです。しかし、一度もジャンピングスタートを行った経験がない場合は危険も伴います。バッテリーが上がってエンジンがかからなくなった場合は、下手に触らずにロードサービスを呼んだ方が良いでしょう。

茨木市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
茨木市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

↑茨木市のバッテリー上がりページのトップへ

お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→