大阪府でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 大阪府

大阪府でのバッテリー上がり救援サービス

大阪府のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

大阪府内自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。大阪府のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

大阪府内のバッテリー上がり救援サービスは「大阪市、東大阪市、豊中市、堺市、交野市、阪南市、貝塚市、岸和田市、泉南市、枚方市、泉大津市、吹田市、高槻市、茨木市、河内長野市、羽曳野市」などを拠点として巡回しておりますが、大阪府での営業拠点と対応エリアは随時拡大中です。大阪府にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で、大阪府内の現地に緊急出張します。

大阪府でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

ベンツ・BMWなどの外車や24V仕様の車両、大型トラックやバス、オートバイ、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がり救援もお任せ下さい!

大阪府のバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応情報

大阪府内のバッテリー上がり救援や出張バッテリー交換対応エリアと対応事例のご紹介。

大阪府のバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応エリア

大阪府のバッテリー上がり対応情報

※大阪府内の上記および周辺地域のバッテリー上がり・出張バッテリー交換に緊急対応。

大阪府の各施設や観光地の周辺地域でのバッテリー上がりにもスピード対応します!
大阪市中央公会堂/府立北摂自然公園/大阪港/堺泉北港/阪南港/ユニバーサル・スタジオ・ジャパン/りんくうプレミアム・アウトレット/なんばパークス/大阪市天王寺動物園/ひらかたパーク/箕面温泉/大阪府立門真スポーツセンター/梅田ジョイポリス/天王寺動物園/五月山動物園/寝屋川公園/せんなん里海公園/大阪府立少年自然の家/吹田市立博物館/万博記念公園/大阪城公園/道頓堀/中之島公園/りんくうタウン/北新地/生駒山上遊園地/三井アウトレットパーク大阪鶴見/ヤンマースタジアム長居/りんくう公園/大阪国際空港/関西国際空港…他

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

自動車バッテリーの役割

自動車のバッテリーの役割

自動車のバッテリーは、自給自足で充電と放電を繰り返していますが、バッテリーに蓄えられた電気は以下のよう使われ方をしています。

エンジン始動時の動力源

ガソリンエンジン車やディーゼルエンジン車は、ガソリンや軽油を燃料としていますが、自力でエンジンをかけることはできません。最初はセルモーターが回転することで、エンジンが始動するきっかけを作っています。セルモーターは高トルクのモーターを利用して回転しますが、その動力源としてバッテリーに蓄えられている電気が使われています。

基本的にエンジンの排気量が大きくなると、エンジンの始動に大きな力が必要になりますので、排気量が大きくなるほどバッテリーもパワーが必要になります。例えば、バイク→軽自動車→自動車→トラック・バスと、排気量が大きくなれば、それだけバッテリーサイズも大きくなります。

過放電時の電力補填

バッテリーの電気を使ってエンジンを始動できた後後は、発電装置であるオルタネーターが発電する電気が使われます。しかし、エアコンやヘッドライトとなどの電装品で電気を使い過ぎてしまい、オルタネーターが発電する電気だけでは足りない状態になる場合があります。この様な状況になった場合は、バッテリーに蓄えられた電気を補填することで電装品を使うことを可能にしています。

特に雨が降っている夜間走行では、電力の消費量が多いヘッドライトやフォグランプの点灯、そしてエアコンやワイパー、そしてリアウィンドウが曇ってしまえば、熱線デフォッガーも使います。これだけ多くの電装品を同時に使用する可能性がありますので、この様な状況で運転する場合は、オルタネーターが発電する電力だけだは足りなくなる場合があります。

また、渋滞に巻き込まれてしまうと発電効率が悪くなり、ブレーキランプの点灯頻度も多くなりますので、尚更バッテリーに蓄えられている電気が補填される機会も多くなります。

自動車のバッテリーは、過放電で充電不足状態が慢性化することによって、バッテリー上がりなどのトラブルが起きやすくなります。そしてバッテリーに負担をかけていることにもなりますので、寿命も短くなり新しいバッテリーに交換しなければいけなくなる期間も短くなってしまいます。

エンジンが停止している時の電気供給

エンジンが始動している時は、オルタネーターが発電する電気が使われていますが、エンジンが停止している時はバッテリーの電気が使われます。エンジンが停止している状態で電装品が使えないと不便ですが、エンジン停止中に電気が使えないと自動車の機能上、いろいろと不都合なことがあります。

例えば、最近の自動車はコンピューター制御されていますので、エンジン停止中でもそのバックアップ電源が必要です。また、セキュリティ機能やドアロックのON/OFFなどもエンジン停止中に使われます。停車中に点灯するハザードランプもエンジン停止中でも使えないと困ってしまうと思います。

エンジン停止中でもバッテリーから供給される電気で電装品を使用できるからといって、カーナビやテレビ、オーディオ類を多用してしまうと、バッテリー上がりの原因になりますので注意が必要です。

一般的な乾電池は、蓄えられている電気を使い切ってしまえば電気がなくなり使えなくなります。パソコンやスマホにもバッテリーが使われていますが、家庭用のコンセントから充電することができます。自動車のバッテリーは、エンジンの出力の一部を電力に変換して充電が行われ、言わば自給自足という合理的な仕組みで放電と充電を繰り返しています。

大阪府でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
大阪府対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

バッテリー上がりの概要説明はこちら→