大阪市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 大阪府 > 大阪市

大阪市でのバッテリー上がり救援サービス

大阪市でのバッテリー上がり・出張バッテリー交換
大阪市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

大阪市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。大阪市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短10分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

都島区/福島区/此花区/西区/港区/大正区/天王寺区/浪速区/西淀川区/東淀川区/東成区/生野区/旭区/城東区/阿倍野区/住吉区/東住吉区/西成区/淀川区/鶴見区/住之江区/平野区/北区/中央区など、大阪市にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で大阪市内全域に緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

大阪市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
大阪市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

大阪市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

大阪市でのバッテリー上がり対応情報

大阪市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

大阪市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

  • 都島区|福島区|此花区|西区|港区|大正区|天王寺区|浪速区|西淀川区|東淀川区|東成区|生野区|旭区|城東区|阿倍野区|住吉区|東住吉区|西成区|淀川区|鶴見区|住之江区|平野区|北区|中央区
大阪市でのバッテリー出張交換にも対応

大阪市の警察署・市役所の連絡先

  • 大阪府西警察署:大阪市西区川口2丁目6-3「TEL:06-6583-1234」
  • 大阪府浪速警察署:大阪市浪速区日本橋5丁目5-11「TEL:06-6633-1234」
  • 大阪府南警察署:大阪市中央区東心斎橋1丁目5-26「TEL:06-6281-1234」
  • 大阪府住吉警察署:大阪市住吉区東粉浜3丁目28-3「TEL:06-6675-1234」
  • 大阪市役所:大阪市北区中之島1丁目3番20号「TEL:06-6208-8181」

大阪市でのバッテリー上がり救援対応事例

大阪市でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

  • 大阪市東淀川区豊里|お客様ご自宅(ダイハツ ムーヴ):久しぶりに車に乗ろうとしたらエンジンがかからない。→受付6:36~到着7:20、バッテリー上がりが原因だったためジャンピング。料金:13,200円(早朝)
  • 大阪市東住吉区長居公園|ヤンマースタジアム長居の駐車場(ホンダ オデッセイ):試合観戦中にヘッドライト点けっ放しでバッテリーが上がった。→受付15:38~到着16:25、ジャンプスターターでエンジン始動。料金:11,000円
  • 大阪市西淀川区姫里|お客様のご自宅(スバル フォレスター)半ドアでルームランプが点きっ放しになりエンジンがかからなくなった。→受付16:01~到着16:43、ジャンピングスタートで応急処置。料金:11,000円
  • 大阪市天王寺区六万体町|四天王寺前夕陽ヶ丘駅周辺の路上(日産 キューブ):ハザードランプ点灯駐車後にエンジンがかからなくなった。→受付19:58~到着20:36、ジャンピングでセルモーターを回してエンジンを始動。料金:8,800円
  • 大阪市此花区春日出北|お客様ご自宅の車庫(ホンダ ステップワゴン):1か月間くらい車に乗る機会がなかった。→受付8:52~到着9:35、ジャンピングスタートで復帰。料金:11,000円
  • 大阪市都島区友渕町|ベルファ都島ショッピングセンター駐車場(スズキ ワゴンR):家族が買い物をしている最中にDVD観賞でバッテリー上がり。→受付12:16~到着12:53、ジャンピングでエンジン始動。料金:8,800円
  • 大阪市西成区千本北|お客様ご自宅の車庫(原付バイク-ヤマハ VOX):しばらくぶりに乗ることにしたがバッテリーが上がってしまいエンジンがかからない。→受付10:46~到着11:22、ジャンピングスタート作業でバッテリー上がり解決。料金:11,000円
  • 大阪市住之江区西住之江|お客様ご自宅マンション駐車場(ホンダ フィト):エンジンがかからなくなったので古いバッテリーを交換したい。→受付14:22~到着15:10、駐車場内でバッテリー交換作業。料金:25,000円(バッテリー代含む)

大阪市西淀川区:スバル フォレスターのバッテリー上がり対応

出張場所:大阪市西淀川区のお客様のご自宅

車  種:スバル フォレスター

コメント:車に乗ろうとして車に近づいたところ、運転席側のドアが半ドアになっていました。半ドアになっているのにルームランプが点灯していなかったので嫌な予感がしたのですが、ルームランプのスイッチは「DOOR」になっていました。

昨日は息子に車を貸したのですが、車を降りる時に運転席のドアをしっかり閉めなかったのが半ドアの原因です。多分、バッテリー上がりになっていると思いましたが、恐る恐るエンジンをかけようとしたところ、カチカチと音がするだけでエンジンは始動できませんでした。

車は車庫の中に入っており前向きに駐車しているので、他の車からジャンピングしてもらうこともできません。作業スペースが狭いので、長いバッテリーケーブルが必要かもしれません。また、バッテリーを交換してから10ヶ月くらいしか経っていないので、ジャンピングでエンジンがかかれば大丈夫だと思います。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリーの寿命の前兆と交換時期

バッテリー上がりトピックス

車で出掛けようとした時に突然「エンジンがかからない」という状況は、できれば避けたいものです。バッテリー上がりは急いでいる時に限って起きますが、バッテリー上がりのおかげでその後の予定が狂ってしまいます。ライト類の消し忘れなどのうっかりミスで、バッテリー上がりになるケースも多いですが、経年劣化による寿命でバッテリー上がりになるケースも多いです。

バッテリーの寿命が近づくと、電力を必要とする装備にいつもと異なる前兆が現れますので、その前兆を見逃さないようにしてバッテリーを交換できれば、寿命ギリギリまでバッテリーを使えることになり、バッテリー上がりを回避することも可能になります。

バッテリーの交換時期

一般的に車のバッテリーの交換時期の目安は3年くらいです。車の乗り方によっては、5年以上も持つ場合もあります。保証期間を考えるとバッテリーの寿命は2~3年ですが、バッテリーの寿命は車の乗り方によって変わってきますので、一概に「交換時期は何年」と言い切ることはできません。

「車によく乗れば充電の機会が多くなるのでバッテリーが長持ちする。」とも考えがちですが、車に乗る機会が多くても近所のお店への買い物や駅への送り迎えなど、短い距離の繰り返しばかりだとバッテリーには負担がかかり長持ちしません。

バッテリーの寿命が近づいた時の前兆

車の乗り方によってバッテリーの交換時期が、2~5年以上変わってくるというと、バッテリーの交換時期の判断が分からなくなってしまうと思います。バッテリーの使用期間で交換時期を判断するのが難しい場合は、寿命が近くなった時の前兆で交換時期を判断すると良いでしょう。

まずはエンジンを始動する時ですが、この瞬間が最も電力を消費します。セルモーターを回すために電力を消費しますが、セルモーターの動作が鈍くなりエンジンがかかり難くなった場合は、バッテリーの寿命が近づいている可能性が高いです。

その他にも以下のような前兆が現れたら、バッテリーの寿命が近づいている疑いがあります。

最近のバッテリーは性能が良くなっていますので、寿命の前兆が確認できないままバッテリーが上がってしまう場合もあります。いつもと異なる電気系統の変化を感じた場合は、早めにバッテリーの点検を行った方が良いでしょう。

電圧などを計測

バッテリーの状況を知る方法として最も有効なのは、整備工場やカーショップなどで電圧などを計測してもらうことです。しかし、はっきりと「交換が必要です。」と言ってくれれば良いのですが、「能力が落ちています。」という様な微妙な表現で回答をされた場合は交換するかどうか迷ってしまうと思います。

バッテリーを交換するかどうかは、最終的にはご自分で判断することになります。交換するかどうか迷った場合は、交換してしまった方が安心して車に乗ることができます。

大阪市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
大阪市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

↑大阪市のバッテリー上がりページのトップへ

お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→