豊中市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 大阪府 > 豊中市

豊中市でのバッテリー上がり救援サービス

豊中市でのバッテリー上がり・出張バッテリー交換
豊中市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

豊中市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。豊中市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短10分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

豊中市全域および豊中市の周辺地域にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

豊中市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
豊中市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

豊中市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

ベンツ・BMWなどの外車や24V仕様の車両、大型トラックやバス、オートバイ、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がり救援もお任せ下さい!

豊中市のバッテリー上がり救援対応情報

豊中市内のバッテリー上がり救援や出張バッテリー交換対応エリアと対応事例のご紹介。

豊中市のバッテリー上がり救援対応エリア

豊中市のバッテリー上がり対応情報
  • 蛍池/螢池東町・清風荘/柴原/永楽荘・向丘・春日/少路・緑丘/千里/刀根山・千里園・本町/東豊中町・上野/上新田/東泉丘/新千里/走井・勝部/曽根・豊中/岡町・岡上の町・桜塚/熊野/東泉丘・西泉丘/原田・利倉・上津島/服部天神/若竹町・北条町・浜・小曽根/緑地/庄内/豊南/神崎川・三国など

※豊中市内の上記および周辺地域のバッテリー上がり・出張バッテリー交換に緊急対応。

豊中市の各施設や観光地の周辺地域にもスピード対応します!

  • 豊中市役所/庄内出張所/新千里出張所/豊中市立図書館/アクア文化ホール/ローズ文化ホール/ルシオーレホール/伝統芸能館/高川スポーツルーム/武道館ひびき/二ノ切温水プール
  • 豊島温水プール/萩の寺東光院/日本民家集落博物館/服部緑地ウォーターランド/スカイランドHARADA/服部緑地乗馬センター/大阪国際空港/野畑南公園/千里緑地/豊中ローズ球場
  • 大門公園野球場/服部緑地公園/都市緑化植物園/豊中グラウンド跡地/豊中えびす/千里セルシー/豊南市場/原田城/豊中桜塚ショッピングセンター/豊中緑丘ショッピングセンター・・・他

豊中市の駅周辺や沿線地域での出張バッテリー上がり救援もお任せください!

  • 服部/岡町/少路/緑地公園/蛍池/千里中央/庄内/曽根/豊中/大阪空港/柴原駅

参考情報:豊中市の警察署・市役所の連絡先

  • 豊中警察署:豊中市南桜塚3丁目4-11「TEL:06-6849-1234」
  • 豊中南警察署:豊中市庄内西町5丁目1-10「TEL:06-6334-1234」
  • 豊中市役所:豊中市中桜塚3丁目1番1号「TEL:06-6858-5050」

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

車のバッテリー上がり

豊中市(バッテリー上がりトピックス)

エンジンをかけようとしてもセルモーターの回転が弱々しかったり、「カチカチ」という様な音がするだけで、いくらトライしてもエンジンがかからない場合は、バッテリー上がりの可能性が高いです。

バッテリー上がりの状態になると、エンジンがかからないばかりでなく、「メーターランプが点灯しない」「エンジンをかけようとするとメーターランプが消える」など、電気系統に電力不足の症状が現れます。「スマートキーでドアロックが解除できない」といった症状が現れる場合もあります。

車のバッテリーは、ヘッドライトやルームランプなどの消し忘れで、セルモーターを回転する電力が足りなくなると、エンジンがかからなくなります。ランプ類の消し忘れでバッテリー上がりになった場合は、ジャンプングスターターや他の車のバッテリーとつないでジャンピングスタートすれば、エンジンを始動することができます。ジャンピングスターターやブースターケーブルがあればご自分でも対処できますが、対処方法に不安がある場合には、ロードサービスを利用した方が良いでしょう。

但し、バッテリーが寿命で交換時期を迎えていたり、完全に放電してしまった場合などは、例えエンジンが始動できて走行充電しても、すぐにバッテリー上がりが再発することがあります。こうなった場合には、バッテリーそのものを交換する必要があります。

補機バッテリーの主なバッテリー上がりの原因

ハイブリッド車の補機バッテリーは、ガソリン車と同様に以下の様な原因でバッテリー上がりが起こります。
●ライト類やオーディオ、エアコンなど電装品の消し忘れ
●半ドア(室内灯が点灯したままになる)
やはり、電装品の消し忘れでバッテリー上がりになることが多いですが、長期間エンジンをかけないで車を放置してしまった場合も、次第に自然放電されてしまうためバッテリー上がりになります。その他にも、メンテナンス不足や寿命が原因でバッテリー上がりになります。

補機バッテリーの主なバッテリー上がりの症状

補機バッテリーが上がってしまうと、以下の様な症状が現れます。
●システムが起動できないためエンジンが始動できない。
●ライト類やメーターパネルが点灯しない。
●パワーウィンドウやパワーシートの動きが鈍い、または動かない。

などですが、エンジン始動や電装品にトラブルが生じた場合は、まずはバッテリー上がりを疑っても良いでしょう。

寿命が近づいたバッテリーは早めに交換

バッテリーの寿命が近づくと電圧も低下しますが、前兆としてエンジンがかかり難くなったり、ライト類も暗くなったりします。バッテリーの寿命が近づいていることが明らかな場合は、早急にバッテリー交換をしておくと、急にエンジンがかからなくなるバッテリー上がりトラブルを避けることができます。

電力消費が多いエンジン始動

エンジン始動時に動くセルモーターが、最も電力を消費します。セルモーターはエンジンがかかっている間にずっと動いているものではなく、一度エンジンがかかってしまえば電力は消費しません。しかし、アイドリングストップ機能が働く車の場合は、信号待ちなどで停止後の再発進時にセルモーターが動いてエンジンがかかりますので、停止する度に何度も電力を多く消費してしまいます。

そのため、アイドリングストップ機能がある車両には、高効率のバッテリーが装着されていますので、バッテリーの価格も通常のバッテリーより高額です。バッテリーは満充電状態時が安定して性能を発揮できますので、バッテリーに負担をかけない運転の仕方がバッテリーの寿命を延ばすことになります。

豊中市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
豊中市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→