八尾市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 大阪府 > 八尾市

八尾市でのバッテリー上がり救援サービス

八尾市でのバッテリー上がり・出張バッテリー交換
八尾市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

八尾市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。八尾市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短10分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

八尾市全域および八尾市の周辺地域にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

八尾市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
八尾市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

八尾市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

ベンツ・BMWなどの外車や24V仕様の車両、大型トラックやバス、オートバイ、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がり救援もお任せ下さい!

八尾市のバッテリー上がり救援対応情報

八尾市内のバッテリー上がり救援や出張バッテリー交換対応エリアと対応事例のご紹介。

八尾市のバッテリー上がり救援対応エリア

八尾市のバッテリー上がり対応情報
  • 相生/青山/上尾/跡部本町/安中/泉町/植松/太田/太田新町/大竹/刑部/小畑/恩智北/恩智中町/楽音寺/萱振町/神立/北本/久宝寺/郡川/志紀町/太子堂/竹渕/沼/東山本/東山本新町/光町/本町/水越/美園/南木の本/南太子堂/南本町/宮町/八尾木/山本/老原など

※八尾市内の上記および周辺地域のバッテリー上がり・出張バッテリー交換に緊急対応。

八尾市の各施設や観光地の周辺地域にもスピード対応します!

  • 八尾市役所/八尾市立図書館/しおんじやま古墳学習館/玉串川沿い桜並木/常光寺/八尾市立歴史民俗資料館/八尾市文化会館プリズムホール/八尾天然温泉八尾グランドホテル
  • 久宝寺緑地/金剛生駒紀泉国定公園/コンペイトウミュージアムやお/八尾空港/八尾市立総合体育館(ウィング)/八尾市立山本球場/八尾市立埋蔵文化財調査センター・・・他

八尾市の駅周辺や沿線地域での出張バッテリー上がり救援もお任せください!

  • 久宝寺口/近鉄八尾/信貴山口/河内山本/久宝寺/恩智/志紀/高安/服部川/八尾南/高安山/八尾駅

参考情報:八尾市の警察署・市役所の連絡先

  • 八尾警察署:八尾市高町3-18「TEL:072-992-1234」
  • 八尾市役所:八尾市本町一丁目1番1号「TEL:072-991-3881」

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

ライト類の消し忘れに注意

八尾市(バッテリー上がりトピックス)

バッテリーの寿命を早める原因として多いのは、ライト類の消し忘れによるバッテリー上がりです。エンジンを停止した後でヘッドライトやスモールライト、そして室内灯などを消し忘れてしまうと、バッテリーに蓄えられていた電力がずっと放電した状態になりますので「バッテリー上がり」という状態になります。

エンジンを始動する時は、バッテリーの電力を使ってセルモーターを回しますので、バッテリーが上がっている状態ではエンジンがかかりません。エンジンをかけるためには、バッテリー交換はもちろんですが、ブースターケーブルを使ってジャンピングしてエンジンをかけることになります。

ライト類消し忘れによるバッテリー上がりは、バッテリーの寿命に多大な影響を与えてしまうため、エンジンを停止した後はライト類が点きっ放しなっていないか、必ず確認した方が良いでしょう。

●ヘッドライトやスモールライトのスイッチ確認(オートライトを過信してはいけません。スイッチの位置が変わっていることも考えられます。)
●室内灯の確認(DOORになっていることが多いと思いますが、ONになっていたり点灯したままになってることもあります。)
●半ドアに注意(半ドア状態で室内灯が点灯したまま)
半ドアもバッテリー上がりの原因として多いですが、車のドアを閉めた後でも数秒間は室内灯が点灯してから自動的に消える車もありますので、半ドアに気付かないこともあり注意が必要です。

バッテリーの寿命が来てから交換する場合

バッテリーが弱ってくると、バッテリー寿命の前兆が現れることがありますので、その前兆が現れてからバッテリーを交換する人が多いと思います。前兆が現れた場合は、できるだけ早くバッテリーを交換しなければいけませんが、前兆としては以下の様な症状が現れます。

エンジンのかかりが悪くなる

エンジンをかける時には、普段は元気よくセルが回ってエンジン始動できますが、バッテリーが弱ってくると、セルの回りが弱々しくなってエンジンもかかり難くなります。エンジンをかける時に一番バッテリーに負担がかかりますので、この様な症状が現れた場合は、当日中もしくはできるだけ早くバッテリー交換を行った方が良いでしょう。

ヘッドライトがいつもより暗く感じた時

信号待ちなどのアイドリング状態で、ヘッドライトの明るさがいつもより暗く感じた場合は、バッテリーが弱くなっている可能性があります。走っている状態ではエンジンの回転数が上がって、バッテリーに負担があまりかかっていませんが、信号待ちなどでアイドリング状態の時はバッテリーに負担がかかりますので、ヘッドライトの明るさに影響があります。

明るさに異常を感じた場合は、アイドリング状態でパワーウィンドウやウィンカーなどを動かして、ヘッドライトの明るさが連動して暗くなったり、パワーウィンドウやウィンカーの動作が鈍い場合は、バッテリーの寿命が近いと判断できます。但し、消費電力が少ないLEDのヘッドライトや、ハイブリッド車などの電子制御の車種は、この方法では判断し難いかも知れません。

アイドリングストップが機能しない

アイドリングストップ付きの車は、信号待ちなどでアイドリング状態になった時にエンジンが停止しますが、普段と比べてアイドリングストップが機能しなくなった場合は、バッテリー交換時期の目安になります。これはバッテリーの性能が低下しているため、車のコンピューターがエンジンを止めないと判断している状態ですので、バッテリー交換時期のサインと受け止めても良いでしょう。

八尾市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
八尾市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→