生野区でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 大阪府 > 大阪市生野区

生野区(大阪市)でのバッテリー上がり救援サービス

生野区のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

生野区自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。生野区のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

生野/勝山/舎利寺/小路/新今里/田島/巽/鶴橋/中川/林寺/桃谷など、大阪市生野区にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

生野区でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

生野区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
生野区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

生野区でのバッテリー上がり対応情報

生野区にてバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

生野区でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

生野区でのバッテリー出張交換にも対応

参考情報:生野区の警察署・区役所の連絡先

  • 生野警察署:大阪市生野区勝山北3丁目14-12「TEL:06-6712-1234」
  • 生野区役所:大阪市生野区勝山南3丁目1番19号「TEL:06-6715-9986」

生野区でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

生野区でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

生野区新今里:半ドア放置によるバッテリー上がり

出張場所:生野区新今里の工事現場

車  種:日産 キャラバン

コメント:午前中からこちらの現場で作業をしていたのですが、ずっと半ドアになっていたのでルームランプが点灯したままになり、バッテリーが上がってしまいました。いつもだったら昼の休憩時に車に戻ることが多いのですが、今日は夕方まで車に戻る機会がありませんでした。

ルームランプが7時間くらい点灯していただけでバッテリー上がりになる様では、バッテリーの交換時期が近付いているのかも知れません。ジャンピングでエンジンをかけてもらったら、バッテリーの調子を見ながらしばらく気を付けてみたいと思います。

取りあえず今日はこれから会社に戻りますが、1時間半くらいは運転しますので充電はされるかと思います。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

エンジン不動の原因と対処方法

エンジン不動の原因と対処方法

うっかりしてライトを消し忘れて長い時間駐車してしまった場合など、過放電が原因でバッテリー上がりになるケースは多いです。この様なケースでバッテリー上がりになった場合は、ジャンピングなどでエンジンを始動することは可能ですが、その他の原因でエンジンがかからなくなる場合もあります。

バッテリーが原因でエンジン不動

バッテリーが原因でエンジンがかからない場合は、その要因次第で対処方法は異なります。

うっかりミスによる過放電

ヘッドライトを消し忘れたり、半ドアで室内灯を点きっ放しにして駐車した場合など、一時的な過放電でバッテリー上がりを起こす場合があります。この様な状況でバッテリー上がりになった場合、バッテリーが新しければジャンピングでエンジンを始動することで復旧させることも可能です。

車を長期間使用しなかった場合

車のバッテリーは長い間駐車しているだけでも、自己放電によってバッテリー上がりになり、エンジンがかからなくなることがあります。完全放電してしまっていると復旧が難しい場合もありますが、そうでなければジャンピングでエンジンを始動することも可能です。

バッテリーの寿命や故障

バッテリーが劣化して寿命を迎えていたり、バッテリー内部に不具合が起きている場合は、バッテリー交換で対処することになります。一般的にバッテリーの寿命は2~3年ですが、充電してもバッテリー上がりが再発してしまう場合は、バッテリー交換が必要になることが多いです。

バッテリー上がり以外でエンジン不動

バッテリー上がりやバッテリーの寿命など、バッテリー以外の原因でエンジンがかからなくなることも当然あります。車は様々な部品で構成されていますがガス欠も考えられますので、エンジン不動になった場合は落ち着いて原因を探してみてください。

セルモーターの故障

エンジンを始動する時は、バッテリーに蓄えられた電気を使って、セルモーターが回転することでエンジンが始動できます。メーターパネルのランプ類が点灯し、エンジン始動前のモーター音が聞こえない場合は、セルモーターが故障している可能性があります。

オルタネーターの故障

オルタネーターは車の発電機ですので、故障してしまうと電気が作れなくなり、バッテリーの充電ができなくなります。新しいバッテリーに交換してエンジンがかかる様になったのに、すぐにエンジンがかからなくなる場合は、オルタネーターが故障して発電できなくなっている可能性があります。

その他

エンジン自体が焼き付いていたりすると、当然エンジンはかかりません。また、ラジエーターの水漏れやエンジンオイルの漏れなども原因になっていることがあります。また、その他のオイル漏れなども考えられますので、エンジンがかからない時には車を駐車していた地面も確認してみると良いでしょう。

ラジエーターの液漏れは、漏れている液の色でも分かりますが、甘い香りがすることがあります。ラジエーターから液が漏れてしまうと、エンジンが冷却できなくなってしまいますので、オーバーヒートでエンジンの焼き付きになることもあります。

お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→