住之江区でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 大阪府 > 大阪市住之江区

住之江区でのバッテリー上がり救援サービス

住之江区のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

大阪市住之江区自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。住之江区のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

住之江/住吉川/安立/敷津浦/加賀屋/粉浜/平林/新北島/南港/花の町/海の町/太陽の町/南港緑など、大阪市住之江区にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で住之江区内全域に緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

住之江区でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

住之江区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
住之江区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

住之江区でのバッテリー上がり対応情報

住之江/住吉川/安立/敷津浦/加賀屋/粉浜/平林/新北島/南港/花の町/海の町/太陽の町/南港緑など、住之江区にてバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

住之江区内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

住之江区でのバッテリー出張交換にも対応

住之江区でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

住之江区でのバッテリー出張交換にも対応

住之江/住吉川/安立/敷津浦/加賀屋/粉浜/平林/新北島/南港/花の町/海の町/太陽の町/南港緑など、住之江区でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

大阪市住之江区新北島:ヘッドライトを一時間ほど消し忘れてバッテリー上がり

出張場所:住之江公園近くのコインパーキング

車  種:日産 エクストレイル

コメント:ヘッドライトを消し忘れていたことに気付かず、一時間くらいヘッドライトが点きっ放しになっていたのがバッテリー上がりの原因だと思います。バッテリー上がりになった原因は明確ですが、電話でジャンピングスタートを申し込んでから、車のバッテリー上がりについてネット検索して調べていました。

調べていてバッテリーの寿命が2~3年だということが分かりましたが、自分の車のバッテリーは3年くらい使っていると思います。一度バッテリー上がりを起こすと、寿命が短くなることも分かりましたが、今回バッテリー上がりになるまでは全く問題がなかったので、バッテリー交換はせずにジャンピングスタートしてもらってから様子を見たいと思います。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリー上がりの原因や症状の確認と対処方法

バッテリー上がりの原因や症状の確認と対処方法

車のバッテリー上がりは、予期せぬタイミングで起こることが多いです。四輪車でも二輪車でも一番多いトラブルですので、バッテリー上がりの回避方法や対処方法などを知っていることで、いざという時に慌てずに適切に対処することができます。

バッテリー上がりの主な原因

バッテリー上がりには、主に3つの原因が挙げられます。
1つ目の原因は人為的なものですが、ヘッドライトや室内灯などのライト類の消し忘れや過度なエアコンの使用、そして消費電力の多い電装品の使用や電装品の後付けです。バッテリーは主に走行中に充電されますが、エンジン停止中に電装品を使用して、バッテリーの電力を消費し続けるとバッテリーが上がってしまいます。

2つ目の原因はバッテリーの劣化によるものですが、慢性的な充電不足状態が続くと寿命が短くなります。車を長く放置してしまうと、自然放電による電力消費でバッテリー上がりになり、短距離走行の繰り返しばかりだと充電量が足りなくなり、バッテリー上がりになりやすくなります。

3つ目の原因は電気系統のトラブルです。ヒューズ切れであれば、ヒューズを交換して様子を見ることもできますが、電気系統のトラブルでバッテリー上がりになった可能性が高い場合は、プロの整備士による修理が必要になります。

バッテリー上がりの主な症状

バッテリー上がりは、エンジンがかからなくなることで気付くことが多いですが、エンジンがかからない原因はバッテリー上がりではないケースもあります。無駄な出費をしないためにも、本当にバッテリー上がりが原因かどうかを見極める必要があります。

バッテリー上がりの具体的な症状としては、セルモーターの回転が弱々しいか全く回転しない、メーターパネルのランプ類がエンジンをかけようとすると暗くなるまたは点灯しないなどです。この様な症状が確認できた場合は、バッテリー上がりの可能性が高いですが、セルモーターの故障やガス欠、燃料噴射ポンプの故障などと間違わない様にご注意ください。

バッテリーが上がった時の対処方法

バッテリー上がりでエンジンがかからなくなった場合、エンジンを始動する対処方法としては、主に3通りの方法があります。

ジャンピングスタート

ブースターケーブルと救援車、もしくはジャンプスターターがあれば、ジャンピングスタートでエンジンを始動できます。注意点はブースターケーブルをつなぐ順番ですが、間違えてしまうと爆発や火災の危険性がありますので注意しなければいけません。また、ハイブリッド車でバッテリー上がりのガソリン車を救援することも、車種によっては故障の原因になります。簡単と思えるジャンピングスタートですが、きちんとやり方が分からない場合は、ご自分でジャンピングスタート行うのは控えた方が良いでしょう。

ロードサービスを利用

ロードサービスを利用すれば、ジャンピングスタートのプロが対処してくれますので安心です。バッテリー上がりでお困りの際は、全国24時間対応の当社のロードサービス利用もご検討ください。

バッテリー交換

バッテリーそのものを新しいバッテリーに交換するのも良いでしょう。但し、バッテリーは車種や年式などによって型式が異なりますので、正しい規格のバッテリーを用意して交換してください。当社のロードサービスは、出張先でバッテリー交換するサービスにも対応しております。

バッテリー上がりのリスク回避

まずはライト類の消し忘れをしない様に注意することです。半ドアも室内灯の消し忘れの原因になりますので、エンジンを停止した時や車を離れる時は、ライト類のスイッチ確認やドアをしっかりと閉めたかなどの確認を習慣付けると良いでしょう。

また、電力の使い過ぎもバッテリー上がりの原因になりますので、ライト類の消し忘れに注意するだけでなく、過度なエアコン利用をしない様にするなど配慮しておけば、バッテリー上がりのリスクを回避することができます。

バッテリー上がりの概要説明はこちら→