住吉区でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 大阪府 > 大阪市住吉区

住吉区でのバッテリー上がり救援サービス

住吉区のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

住吉区自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。住吉区のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

東粉浜/住吉/長居/墨江/清水丘/遠里小野/苅田/依羅/山之内地域など、大阪市住吉区にて、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で住吉区内全域に緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

住吉区でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

住吉区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
住吉区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

住吉区でのバッテリー上がり対応情報

住吉区内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

住吉区内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

住吉区でのバッテリー出張交換にも対応

住吉区でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

住吉区でのバッテリー出張交換にも対応

住吉区でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

大阪市住吉区長居:後付けしたメットイン照明の消し忘れでバッテリー上がり

出張場所:大阪市住吉区長居にお住いのお客様ご自宅

車  種:排気量150ccのスクーター

コメント:バイクのメットインに照明を付けたかったのですが、少しでも安く取り付けようと思って自分でメットインの中に照明を取り付けました。後付けした照明の電源をどこから取ったら良いか迷いましたが、イグニッションと連動したつもりでしたが配線を間違えたみたいです。照明のスイッチをOFFにするのを忘れて点きっ放しになっていたのがバッテリー上がりの原因です。

大きなバイクですのでバイク屋さんまでこのバイクを押していくのは大変です。ネットでバイクのバッテリー上がりにも対応してくれるのが分かりましたので、ジャンピングでエンジンを始動してもらうことにしました。すぐにジャンピングできる様にバッテリーの端子部分のカバーを外しておきました。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリーに負担をかけずに使用期間を延ばすコツ

バッテリーに負担をかけずに使用期間を延ばす

車のバッテリーの寿命は、一般的に2~3年と言われることが多いですが、バッテリーに負担をかけない車の使い方をしていれば4年以上も使い続けることもできます。一方、バッテリーに負担をかける車の使い方をしていると、メーカー保証期間最短の2年程度で寿命が来てしまうこともあります。しかし、バッテリーに負担をかけない車の扱い方を実践することで、バッテリーの寿命を延ばすことも可能です。

バッテリーは、一度バッテリー上がりを起こしてしまうと性能が落ちてしまいますので、バッテリー上がりは寿命に大きく影響します。そのため、バッテリー上がりを起こさないことが一番ですが、日頃からバッテリーに余計な負担を与えないことも、使用期間を延ばすこととして大切なことです。

ライト類の消し忘れに注意

バッテリーの寿命を早める原因として多いのは、ライト類の消し忘れによるバッテリー上がりです。エンジンを停止した後でヘッドライトやスモールライト、そして室内灯などを消し忘れてしまうと、バッテリーに蓄えられていた電力がずっと放電した状態になりますので「バッテリー上がり」という状態になります。

エンジンを始動する時は、バッテリーの電力を使ってセルモーターを回しますので、バッテリーが上がっている状態ではエンジンがかかりません。エンジンをかけるためには、バッテリー交換はもちろんですが、ブースターケーブルを使ってジャンピングしてエンジンをかけることになります。

ライト類消し忘れによるバッテリー上がりは、バッテリーの寿命に多大な影響を与えてしまうため、エンジンを停止した後はライト類が点きっ放しなっていないか、必ず確認した方が良いでしょう。

・ヘッドライトやスモールライトのスイッチ確認(オートライトを過信してはいけません。スイッチの位置が変わっていることも考えられます。)

・室内灯の確認(DOORになっていることが多いと思いますが、ONになっていたり点灯したままになってることもあります。)

・半ドアに注意(半ドア状態で室内灯が点灯したまま)

半ドアもバッテリー上がりの原因として多いですが、車のドアを閉めた後でも数秒間は室内灯が点灯してから自動的に消える車もありますので、半ドアに気付かないこともあり注意が必要です。

電装品の電源OFF

車にはエアコンやカーナビ、テレビやラジオ、室内灯などのスイッチがありますが、電子機器もバッテリーの電気を使っています。エアコンのスイッチをONにしたままや、室内灯が点灯したままの状態でエンジンをかけようとすると、バッテリーの電気がセルモーターとその他の電子機器に分散されてしまいます。

エンジンをかける時には電気を多く消費しますので、エンジンを停止する時には電子機器類のスイッチをOFFにしておけば、エンジン始動時のバッテリー消耗を軽減することができます。そのため、エンジン停止時には以下のスイッチOFFにする習慣をつけると良いでしょう。

・エアコンのスイッチOFF
・カーナビやテレビ、ラジオやオーディオ、ドライブレコーダー
のスイッチOFF
・室内灯のスイッチOFF(室内灯のスイッチをOFFにすれば、半ドアによる室内灯消し忘れを防止できます。)

冬場の寒い時期に注意

バッテリーの性能は気候にも左右されますが、バッテリーが弱っている場合、特に寒い時期にはバッテリー上がりを起こす可能性が高くなります。3年以上バッテリーを使っている場合は、冬が来る前にバッテリーの状態を確認したり、そろそろバッテリー交換時期が来ることを覚悟しながらバッテリーの状態に気を配った方が良いでしょう。

バッテリー上がりの概要説明はこちら→