佐賀県でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 佐賀県

佐賀県でのバッテリー上がり救援サービス

佐賀県のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

佐賀県内自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。佐賀県のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

佐賀県内のバッテリー上がり救援サービスは「佐賀市/伊万里市/唐津市/鳥栖市/武雄市」などを拠点として巡回しておりますが、佐賀県での営業拠点と対応エリアは随時拡大中です。佐賀県にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で、佐賀県内の現地に緊急出張します。

佐賀県でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

ベンツ・BMWなどの外車や24V仕様の車両、大型トラックやバス、オートバイ、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がり救援もお任せ下さい!

佐賀県のバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応情報

佐賀県内のバッテリー上がり救援や出張バッテリー交換対応エリアと対応事例のご紹介。

佐賀県のバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応エリア

佐賀県のバッテリー上がり対応情報
  • 【あ】伊万里市/嬉野市/小城市
  • 【か】鹿島市/唐津市/神埼市/杵島郡-大町町・江北町・白石町
  • 【さ】佐賀市/神埼郡-吉野ヶ里町
  • 【た】多久市/武雄市/鳥栖市
  • 【な】西松浦郡-有田町
  • 【ま】三養基郡-上峰町・基山町・みやき町
  • 【は】東松浦郡-玄海町/藤津郡-太良町

※佐賀県内の上記および周辺地域のバッテリー上がり・出張バッテリー交換に緊急対応。

佐賀県の各施設や観光地の周辺地域でのバッテリー上がりにもスピード対応します!
佐賀城公園/武雄市図書館/唐津城/有田ポーセリンパーク/道の駅-伊万里ふるさと村/佐賀県立美術館/道の駅-桃山天下市/伊万里人工海浜公園/玄海エネルギーパーク/佐賀県総合体育館/唐津市文化体育館/佐賀県総合運動場/佐賀市健康運動センター/佐賀市文化会館/佐賀城公園/佐賀市総合文化会館/ゆめタウン佐賀/鳥栖プレミアムアウトレット/フレスポ鳥栖/モラージュ佐賀/イオン唐津ショッピングセンター/ゆめタウン武雄…他

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリー上がりを防ぐには

バッテリー上がりを防ぐには

車のバッテリーはエンジンがかかっている時に放電と充電を繰り返していますが、車をしばらく放置してしまうとバッテリー上がりでエンジンがかからなくなることがあります。車を動かさなければ放電しないと思えますが、実は「自然放電」と「暗電流」によってバッテリーの電力は消費されています。

自然放電とは自然に発生する放電のことですが、バッテリーの内部では化学反応が常に起きているため、微々たる量ですが発生した電力が空気中に放電されています。暗電流とは時計などの電装品の設定を維持するために使われる電流のことですが、家電などでは待機電流と呼ばれているものと同じようなものです。

自然放電と暗電流の電力消費は微々たるものですが、長い間エンジンをかけないでいるとバッテリーに蓄えられている電気は消費されてしまい、エンジン始動時のスターターモーターを動かすための電力が不足してしまいます。

バッテリーが上がりやすい季節

気温が低くなる冬は、特にバッテリー上がりが起きやすいです。気温が低くなることが影響して様々な要因がバッテリーに負担をかけてしまいます。

要因のひとつはエンジンオイルの硬化です。気温が低いためエンジンオイルが硬くなるので、エンジンを始動する時に必要になる電力消費が多くなってしまいます。また、冬の寒い季節の間は、暖房の利用や日照時間減少によるヘッドライトを点灯する時間の増加、アイドリング状態での暖機運転時間の増加など、冬の季節特有のバッテリーに負担をかけてしまう要因が多くなります。そして、気温が低い環境下では、バッテリー自体の性能が低下してしまうため、バッテリーが上がりやすくなります。

一方、真夏の暑い時には電力を大量に消費するエアコンの利用が増えますので、気温が高く蒸し暑い時にもバッテリー上がりに注意する必要があります。

バッテリー上がりの予防

エンジンをかけていない間も自然放電と暗電流でバッテリーの電力は消費されていると言われると、週末しか車を使わない場合は不安だと思います。その場合は、週末には1時間以上は走行するとか、1回30分程度のアイドリングを週に2~3回程度行うなどでバッテリー上がりを予防して、次の週末にエンジンを始動するだけの電力を保つことができます。

アイドリング時はエンジン音が近所迷惑になるとか、アイドリングだけ30分も行うのは現実的でななくガソリンももったいないという方は、バッテリーのマイナス端子を抜いてしまえば、暗電流による電力の消費を防ぐことができます。但し、車の電装品への通電を物理的に遮断してしまうことになりますので、時計やカーナビの設定値やコンピューターの学習値が初期化されてしまいますのでご注意ください。

ソーラーバッテリー充電器を活用

バッテリーのマイナス端子を抜いて時計やカーナビを再設定したり、コンピューターの学習値がなくなるのを避けたい場合は、ソーラーバッテリー充電器を活用すると良いでしょう。ソーラーバッテリー充電器は、小型のソーラパネルのようなものですが、バッテリーと直結したりシガーソケットに差し込んで接続し、ダッシュボードやサンバイザーに取り付けておけば、太陽光発電によるバッテリー充電を多少行えるようになります。

但し、小型のソーラーバッテリー充電器ですので、本格的にバッテリーを充電できる訳ではありません。自然放電や暗電流で消費される電力程度なら補える程度の充電器と考えた方が良いでしょう。

バッテリー交換は自分で判断

車検前の整備の時にバッテリーが弱っていても、エンジンが始動できればバッテリーを整備士が勝手に交換はしないと思います。バッテリーの状態などは教えてくれると思いますが、バッテリー交換のタイミングを決めるのは、車をいつも乗っているご自身になります。

交換時期の判断が難しい場合もありますが、アイドリング時にヘッドライトが暗くなったり、エンジンのかかりが少し悪くなった場合などは、バッテリーが劣化している可能性が高いです。判断に迷った場合は、早めにディーラーやカーショップなどでバッテリーの点検をしてもらった方が良いでしょう。多分、交換を進められると思いますが・・・。

佐賀県でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
佐賀県対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

バッテリー上がりの概要説明はこちら→