川越市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 埼玉県 > 川越市

川越市でのバッテリー上がり救援サービス

川越市でのバッテリー上がり・出張バッテリー交換
川越市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

川越市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。川越市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短10分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

川越市全域および川越市の周辺地域にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

川越市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
川越市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

川越市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

ベンツ・BMWなどの外車や24V仕様の車両、大型トラックやバス、オートバイ、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がり救援もお任せ下さい!

川越市のバッテリー上がり救援情報

川越市内のバッテリー上がり救援や出張バッテリー交換対応エリアと対応事例のご紹介。

川越市のバッテリー上がり救援対応エリア

川越市のバッテリー上がり対応情報
  • 【あ】安比奈新田/青柳/旭/天沼新田/池辺/伊佐沼/石田本郷/稲荷/今福/牛子/上戸/扇河岸/大仙波/大塚/大中居/大袋/小ケ谷/御成
  • 【か】萱沼/笠幡/かし野台/霞ケ関/かすみ野/上老袋/上新河岸/上寺山/上松原/鴨田/川越/川鶴/かわつる三芳野/北田島/喜多/木野目/久下戸/鯨井/熊野/小仙波/小堤/小中居
  • 【さ】三久保/三光/鹿飼/志多/下老袋/下新河岸/下広谷/菅間/菅原/砂久保/砂新田/諏訪/仙波
  • 【た】高島/竹野/田/月吉/寺井/寺尾/寺山/東明寺/豊田新田/豊田/問屋
  • 【な】中老袋/中台/仲/中原/中福/中福東/並木/西小仙波/日東/野田
  • 【は】氷川/東田/東本宿/平塚/広谷新/府川/藤倉/藤間/富士見/藤原/古市場/古谷本郷
  • 【ま】増形/松江/松郷/的場/南大塚/南田島/南台/宮下/宮元/むさし野
  • 【や】八ツ島/谷中/山城/山田/吉田/芳野台/四都野台
  • 【ら】連雀/六軒
  • 【わ】脇田

※川越市内の上記および周辺地域のバッテリー上がり・出張バッテリー交換に緊急対応。

川越市の各施設や観光地の周辺地域にもスピード対応します!

  • 川越市役所/川越市立美術館/川越市立博物館/服部民俗資料館/川越商工会議所/時の鐘/川越城本丸御殿/川越城/川越八幡宮/舟運亭むかし館/小江戸蔵里館/伊佐沼
  • 八瀬大橋緑地/スポーツパーク福原/川越スカラ座/川越スケートセンター/ロッククラフト川越/小江戸川越春の舟遊/霞ヶ関東緑地/山王久保緑地/まるひろ川越店
  • 川越水上公園/なぐわし公園PiKOA(ぴこあ)/ザ・マーケットプレイス川越的場/川越まつり会館/菓子屋横丁/川越市蔵造り資料館/川越城本丸御殿/川越一番街
  • 三芳野神社(お城の天神様)/的場緑地/上戸緑地/氷川神社/入間大橋緑地/寺山緑地/雁見緑地/上江橋緑地/西武本川越ペペ/ウニクス南古谷/川越モディ/エキア川越
  • 川越水上公園/丹徳庭園/伊佐沼公園/川越運動公園/サンライフ川越/川越歴史博物館/初雁公園野球場・・・他

川越市の駅周辺や沿線地域での出張バッテリー上がり救援もお任せください!

  • 川越市/西川越/笠幡/鶴ケ島/本川越/南大塚/南古谷/川越/霞ケ関/新河岸/的場駅

参考情報:川越市の警察署・市役所の連絡先

  • 川越警察署:川越市大仙波410-1「TEL: 049-224-0110」
  • 川越市役所:川越市元町1丁目3番地1「TEL: 049-224-8811」

川越市でのバッテリー上がり救援対応事例

川越市でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき出動した事例のご紹介です。

  • 川越市元町|飲食店駐車場(日産 ティーダ):バッテリー上がりだと思うが、エンジンがかからなくなって困っている。→受付14:03~到着14:26、ジャンプスターターでエンジン始動。料金:8,800円
  • 川越市郭町|川越市やまぶき会館(ホンダ N-WGN):駐車する時に点灯したヘッドライトのスイッチを切るのを忘れてバッテリーが上がった。→受付16:08~到着16:42、ジャンピングスタートでバッテリー上がり救援。料金:11,000円
  • 川越市小仙波町|お客様ご自宅(スバル フォレスター):ヘッドライトを消し忘れた状態で5日間気づかなかったためバッテリーが上がった。。→受付10:46~到着11:21、ジャンプしてエンジンを始動。料金:11,000円
  • 川越市的場新町|ザ・マーケットプレイス川越的場(スズキ スイフト):家族の買物が終わるまで車内でテレビを観ていたらエンジンがかからなくなった。→受付14:48~到着15:23、ジャンピングでセルモーターを回してエンジンを始動。料金:11,000円
  • 川越市六軒町|川越市駅近くの路上(スズキ ワゴンR):車内で家族の帰りを待っている間にバッテリーが上がった。→受付18:46~到着19:15、ジャンピングでエンジン始動。料金:13,200円(夜間対応など)
  • 川越市氷川町|お客様ご自宅の駐車スペース(日産 キューブ):自宅にバッテリー交換に来てくれる業者があるか探してみたら見つかった。→受付13:02~到着13:55、搭載品と同じ46B24Lを持参してバッテリー交換。料金:25,100円(バッテリー代含む)
  • 川越市今福|スポーツパーク福原(日産 ラフェスタ):雨が降ってきたので車の中で休憩していたが、車の電気製品を使っていたせいでバッテリーが上がった。→受付13:42~到着15:15、ブースターケーブルをつないでバッテリージャンピング作業。料金:11,000円
  • 川越市脇田新町|店舗駐車場(スバル インプレッサスポーツ):ヘッドライトを消し忘れて駐車してしまい、エンジンがかからなくなり自宅に帰れなくなってしまった。→受付1:11~到着1:56、バッテリーが上がった車のスターターを回しエンジン始動。料金:16,500円(深夜対応など)

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリーの寿命

川越市(バッテリー上がりトピックス)

同じ車両のバッテリーでも使用条件や環境、日頃のメンテナンスなどなどによって、バッテリーを使用できる期間(寿命)は異なります。一般的に車のバッテリーの寿命は2年から3年と言われており、バッテリー交換の目安となります。

バッテリーの寿命が近づいてくると、前兆が現れることがありますが、何らかのバッテリーのパワー不足の前兆に気付いた場合は、なるべく早くバッテリー交換を行うことをお勧めします。

走行距離の短さがバッテリーの寿命に影響

走行距離が短いとエンジン始動で消費された電力分も充電できません。そのため、普段から短い距離しか走らない状態が続いてしまうと慢性的な充電不足状態となり、バッテリーに負担がかかりバッテリーの寿命を縮めてしまいます。

寿命が近づいたバッテリーは、何通りかの方法でチェックすることができますが、テスターなどを使わなくても、バッテリー上がりの前兆やバッテリーのターミナルの状態、本体の膨らみなどでも判断することもできます。

バッテリーの液量

バッテリーは、十分に充電されて過充電になると、電解液に含まれる水分子が分解されて酸素ガスと水素ガスが放出されます。この時に水分が蒸発しますので、バッテリー液が減ってしまいます。また、エンジンの稼働や充電によってエンジンルームの中は大変高温になりますが、その高温状態も水分が蒸発する原因になっています。

バッテリーの液量は、バッテリーの側面にあるラインを見れば分かります。バッテリーの側面を見るとラインが引いてありますが、そのラインはバッテリー液量の「UPPER LEVEL」と「LOWER LEVEL」を表示しています。バッテリー液の液面がこの2本のラインの間にあれば適量と判断できます。

夏場はバッテリーの劣化速度が速くなる

夏場は常に電力をたくさん消費するエアコンを効かせる状態が続きますので電気の使用量も増えます。エアコンの冷媒を回すコンプレッサーは、エンジンからの動力で動く車が多いですが、空気を冷媒に当てて冷たい風にして、その冷たくなった風を室内に運ぶ役目をファンが行っています。そのファンは電力で動いていますので、他の季節と比べると夏場もバッテリーの負担も大きくなります。

車のバッテリーには、一般的に鉛蓄電器が搭載されていますが、寒い環境下では電解液の活性が悪くなりますので、エンジンを始動してからバッテリー自体が温まるまで本来の性能が発揮されません。逆に真夏の様に暑い環境下では、電解液の活性が活発になり過ぎて自己放電が進みやすくなります。

最近のバッテリーは、性能や耐久性が向上していますが、基本的な構造は以前と同じですので、使用環境や状況で劣化は進んでしまいます。バッテリーは寒過ぎても暑過ぎても本来の性能を発揮できなくなってしまいますが、真夏のエンジンルームの中はかなりの高温になってしまいますので、バッテリーに負担がかかり劣化する速度も速くなってしまいます。

川越市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
川越市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

↑川越市のバッテリー上がりページのトップへ

お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→