埼玉県でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 埼玉県

埼玉県でのバッテリー上がり救援サービス

埼玉県のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

埼玉県内自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。埼玉県のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

埼玉県内のバッテリー上がり救援サービスは「さいたま、越谷、上尾、春日部、鴻巣、羽生、戸田、熊谷、川口、所沢、川越、三郷」などを拠点として巡回しておりますが、埼玉県での営業拠点と対応エリアは随時拡大中です。埼玉県にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で、埼玉県内の現地に緊急出張します。

埼玉県でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

ベンツ・BMWなどの外車や24V仕様の車両、大型トラックやバス、オートバイ、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がり救援もお任せ下さい!

埼玉県のバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応情報

埼玉県内のバッテリー上がり救援や出張バッテリー交換対応エリアと対応事例のご紹介。

埼玉県のバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応エリア

埼玉県のバッテリー上がり対応情報

※埼玉県内の上記および周辺地域のバッテリー上がり・出張バッテリー交換に緊急対応。

埼玉県の各施設や観光地の周辺地域にもスピード対応します!
埼玉スタジアム2002公園/さいたまスーパーアリーナ/西武プリンスドーム/大宮公園/熊谷スポーツ文化公園/上尾運動公園/川越水上公園/加須はなさき公園/埼玉県こども動物自然公園/北浦和公園/埼玉県立自然の博物館/彩の国さいたま芸術劇場/東武動物公園/三井アウトレットパーク入間/県営所沢航空記念公園/西武園ゆうえんち/秩父温泉/川口市立グリーンセンター/秩父ミューズパーク/県営みさと公園/岩槻城址公園/ららぽーと富士見/狭山湖/さいたま市-市民の森…他

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリー交換の要否判断

バッテリーの寿命判断

バッテリーが原因でエンジンがかからない場合、原因としては「バッテリー上がり」と「バッテリー寿命」が考えられます。共に電気容量が低下している状態ですが、バッテリー上がりとバッテリー寿命には違いがあります。

バッテリー上がりは、充電する量よりも使用量が多くなると充電不足状態になり、電気容量が低下することでバッテリー上がりが起きます。

一方、バッテリーの寿命は、充電と放電の繰り返しによって電気容量が低下することで、バッテリー本来の機能を果たせなくなる状態になることでバッテリー上がりが起きます。

バッテリーの寿命は「電圧・比重・液量・使用年数」などを総合的にみて判断することになります。しかし、急に寿命がくるバッテリーもあれば、予想をはるかに超えて使用できるバッテリーもあります。バッテリーは消耗品の中でも高額な部類になりますので、できれば長持ちさせた方が車の維持費も安く済みます。

バッテリーを交換するかどうか決めるのは、最終的には車を使っている本人が決定することになりますので、「電圧・比重・液量・使用年数」などを参考値として判断することになります。これらの判断基準を満たしていない場合でも、充電すればその後何ヶ月も使える時もありますので交換時期に迷うこともあると思います。

車のバッテリーはエンジンをかけて走行することで充電されますが、短距離ばかりでなくいつもと同じように車を走らせているのにバッテリーの電力不足を感じる場合などは、早めにバッテリーを交換した方が突然のバッテリー上がりの予防にもなります。

バッテリーの電圧や比重測定

電圧や比重測定には専用の測定器を使用します。正確に測定するためには測定器の使用方法やその時のバッテリーの状態にも左右されますので、測定値が低い場合はバッテリー液を補充したり、充電を行なってみるのも良いでしょう。

メンテナンスフリーのバッテリーには、比重の状態を点検することができるインジケーターがあるものもありますので、測定器を使わないでもそれで確認できる方法もあります。

使用年数

バッテリーの使用年数は、バッテリーを交換した日付をバッテリーに直接記録したり、整備手帳に記入している場合は、その記録から使用年数を確認します。記録がない場合は、バッテリーの製造年月日を確認すると良いでしょう。一般的なバッテリーであれば、バッテリー上面に製造年月日が記載されています。(製造年月日が記載されていないものもあります)

使用年数が2年以内であれば、充電することで回復を見込めます。早期のバッテリー上がりは、バッテリー自体が不良品の可能性もあります。保証期間以内であれば、購入したお店で点検してもらった方が良いでしょう。

バッテリーに異常がない場合は、走行距離が少ないことによる充電不足、充電系統機器の不具合、電装品追加による暗電流の過大など、バッテリー以外に原因がある可能性も疑う必要があります。

「暗電流」は、車を使っていない時に消費されている電気のことです。車はバックアップ電源として、時計やオーディオ等などの設定を記憶しておくために電気を消費しています。最近は盗難防止のイモビライザーも暗電流を消費しています。

バッテリー液量

バッテリー液の液面がLOWER LEVEL(下限)からUPPER LEVEL(上限)の間にあるかを点検しますが、UPPER LEVEL(上限)の位置にあるのが望ましいです。バッテリー液は、硫酸と蒸留水の混合液である希硫酸で、硫酸濃度が低い液体ですが、車のボディーや衣類、そして皮膚に付着すると害を及ぼす液体です。取り扱いには十分な注意をしてください。誤って洋服に付着した場合などにそのまま放置しておくと、ボロボロになって穴が開いてしまいます。

当社ではバッテリー上がりになってエンジンがかからなくなった場合は、ジャンピングスタートでエンジン始動をお助けするサービスだけでなく、バッテリーの出張交換サービスにも対応しております。バッテリー交換が必要かどうかも良心的に判断することもできますので、バッテリー上がりでお困りの際はお気軽にご相談ください。

埼玉県でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
埼玉県対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

バッテリー上がりの概要説明はこちら→