さいたま市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 埼玉県 > さいたま市

さいたま市でのバッテリー上がり救援サービス

さいたま市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

さいたま市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。さいたま市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

大宮区/見沼区/中央区/桜区/浦和区/緑区/岩槻区/西区/北区/南区など、さいたま市にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応でさいたま市内全域に緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

さいたま市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

さいたま市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
さいたま市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

さいたま市でのバッテリー上がり対応情報

さいたま市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

さいたま市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

  • 大宮区|見沼区|中央区|桜区|浦和区|緑区|岩槻区|西区|北区|南区
さいたま市でのバッテリー出張交換にも対応

さいたま市でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

さいたま市でのバッテリー出張交換にも対応

さいたま市でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

さいたま市見沼区:レガシィのバッテリー上がり対応

出張場所:さいたま市見沼区:お客様ご自宅の駐車スペース

車  種:スバル レガシィツーリングワゴン

コメント:車で通勤していますが、キーを回しても全くセルモーターが起動せず、エンジンがかからなくなりました。バッテリーケーブルを持っている車好きの友人もいるのですが、平日の朝なのでジャンピングを頼むことができませんでした。

車両保険にロードサービスが付いているので、ジャンピングを依頼したのですが、作業が混み合っているため到着するのに時間がかかってしまうと言われてしまいました。せっかくロードサービス付きの車両保険に加入しているのに、利用したい時に利用できないなんて困ってしまいます。

会員ではないですがJAFの連絡先を調べていたら、民間のロードサービスも利用できることを知りました。なるべく早く会社に行かなければいけないので、ジャンピングを頼めて良かったです。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

車のバッテリーを交換する時期の判断

バッテリー上がりトピックス

車のバッテリーは、エンジン始動の動力源となるのはもちろんですが、電力を必要とする機器の電源としても使われているため、車にとって非常に重要なパーツです。しかし、バッテリーはタイヤ等と同じ様に消耗品ですので、車を廃車にするまで使えるものではありません。そのため、いつまでも使えるものではありませんので、寿命が来る前に新しいものに交換する必要があります。

しかし、車にある程度詳しくないと、どの様な時期にバッテリーを交換するべきか分からないため、バッテリーが上がってエンジンがかからなくなるまで、車に乗り続けなければいけなくなります。バッテリー上がりになるとエンジンがかからなくなりますので、車を移動できなくなります。そうならないためにも、バッテリーの交換時期を適切に見極めて、バッテリーが果てる前に交換する必要があります。

バッテリーの寿命

バッテリーの平均的な寿命は2~3年と言われていますが、車の使い方によって3年以上使えることも多いです。車はエンジンが動いている時や走行している時に充電が行われます。「車のエンジンをかける機会が少ない、夜間の走行が多い、短い距離の繰り返し」などが多い場合は、常にバッテリーに負担がかかっている状態が続きますので、寿命が短くなり交換時期も早まってしまいます。車の使用状況によっては、バッテリーの平均的な寿命の年数で判断せず、バッテリーの寿命のサインを察知する必要があります。

バッテリーが寿命を迎える時のサイン

バッテリーは寿命が近づくと、エンジン始動時のセルモーターの回転音が鈍くなります。また、アイドリング時にヘッドライトが暗くなったり、パワーウィンドウの動作が遅くなったりなど、電力を必要とする機器の動作自体に影響が出てきます。

バッテリーの寿命は、この様な車の動作に出る症状だけではなく、バッテリー本体の外観を確認して寿命を知ることができます。例えば、バッテリー本体の側面が膨らんでいたり、端子付近に粉が付着している場合や、天板にバッテリー液が漏れていたり、バッテリー液が減りやすくなった場合は、バッテリーの寿命が近づいていますので、バッテリーの交換時期と判断して良いでしょう。

突然寿命が来ることもある

ヘッドライトやルームランプの消し忘れなどのうっかりミスで、突然バッテリー上がりに見舞われることもありますが、この様なケースでのバッテリー上がりは、ご自分で注意するしかありません。半ドアでのルームランプ消し忘れが心配な場合は、ルームランプのスイチをOFFにしておくと良いでしょう。

技術の進化とともにバッテリーも高性能化しています。そのため寿命が近づいているサインも出にくくなっているため、突然バッテリー上がりでエンジンがかからなくなる可能性もあります。バッテリーの平均寿命である2~3年経過したら、時々テスターで点検すると良いでしょう。様々なテスターが販売されていますが、整備工場やカーショップでも点検してくれます。場所によってはガソリンスタンドでもバッテリーの点検をしてくれるところがあるかもしれません。

適切にバッテリーの交換時期を把握するためには、バッテリー交換した日にちを記録して、平均的なバッテリーの寿命年数と車の使い方を照らし合わせて、定期的にバッテリーの状態に気を配ることも大切です。カーショップやガソリンスタンドに点検を依頼すると、相手は商売ですので点検結果が信用出来ないと思う方は、車に詳しい知り合いがいれば、代わりに点検してもらったり、点検に付き合ってもらうと良いでしょう。

さいたま市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
さいたま市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

バッテリー上がりの概要説明はこちら→