浦和区でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 埼玉県 > さいたま市浦和区

浦和区でのバッテリー上がり救援サービス

浦和区でのバッテリー上がり・出張バッテリー交換
浦和区のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

浦和区自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。浦和区のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短10分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

浦和区全域および浦和区の周辺地域にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

浦和区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
浦和区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

浦和区でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

ベンツ・BMWなどの外車や24V仕様の車両、大型トラックやバス、オートバイ、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がり救援もお任せ下さい!

浦和区のバッテリー上がり救援対応情報

浦和区内のバッテリー上がり救援や出張バッテリー交換対応エリアと対応事例のご紹介。

浦和区のバッテリー上がり救援対応エリア

浦和区のバッテリー上がり対応情報
  • 【あ】大原
  • 【か】上木崎/木崎/岸/北浦和/皇山/駒場
  • 【さ】神明/瀬ヶ崎
  • 【た】高砂/大東ときわ/常盤
  • 【な】仲
  • 【は】針ヶ谷/東岸/東高砂/東仲
  • 【ま】前地/三崎/元/本太
  • 【ら】領家

※浦和区内の上記および周辺地域のバッテリー上がり・出張バッテリー交換に緊急対応。

浦和区の各施設や観光地の周辺地域にもスピード対応します!

  • さいたま市浦和区役所/浦和消防署/日の出・木崎出張所/さいたま市浦和区中央図書館/浦和図書館/さいたま市民会館うらわ/NHKさいたま放送局/テレビ埼玉/エフエム浦和
  • レッズウェーブ/北浦和図書館/浦和ふれあい館/浦和おもちゃの病院/うらわ美術館/県立近代美術館/浦和駒場体育館/さいたま市浦和区青少年宇宙科学館/浦和総合運動場
  • 浦和岸町コミュニティセンター/市営浦和球場/さいたま市駒場スタジアム/大原サッカー場/浦和ワシントンホテル/伊勢丹浦和店/コルソ/浦和PARCO/ホテルメッツ浦和
  • 浦和ロイヤルパインズホテル/須原屋書店/レッドボルテージ/北浦和公園/駒場運動公園・・・他

浦和区の駅周辺や沿線地域での出張バッテリー上がり救援もお任せください!

  • 浦和駅/北浦和駅/与野駅

参考情報:浦和区の警察署・区役所の連絡先

  • 浦和警察署:さいたま市浦和区常盤4丁目11-21「TEL: 048-825-0110」
  • 浦和区役所:さいたま市浦和区常盤6丁目4-4「TEL: 048-825-1111」

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリーの寿命

浦和区(バッテリー上がりトピックス)

車の使い方によってバッテリーを使用できる期間にバラツキはありますが、バッテリーの寿命はおよそ2年~3年と言われております。バッテリーのメーカーも、車を普通に使った状態で2年~3年での交換を想定していますので、バッテリーの箱には「24ヶ月保証」または「36ヶ月または10万kmどちらか早い方」などと記載されています。

寿命が近づいたバッテリーは、ライト類が暗くなったり、パワーウィンドウの動きが遅くなるなど、電圧低下による影響が明るさや動作に現れます。長期間車を使う機会がなかった場合も、自然放電によってこの様なバッテリー上がり気味な症状が現れますが、普通に車を使っていて症状が現れた場合は、バッテリーの寿命で交換時期が来た可能性が高いでしょう。

バッテリーの役割

車のバッテリーは、エンジン始動時や電装品の電源として使われています。

エンジン始動に必要な電源

イグニッションキーをONにした時に電流がバッテリーからセルモーターに流れ、STARTでセルモーターが回りエンジンが始動します。エンジン始動時に最も多くの電力を使いますので、バッテリーが充電不足状態になっていると、エンジンがかかり難くなったり、かからなくなったりします。(バッテリー上がりの状態)

車内電装品の電源

バッテリーに蓄えられた電気は、ヘッドライトなどのランプ類、エアコンやオーディオなどの電装品の電源として使われていますが、エンジンが停止している時は、全ての電力はバッテリーから供給されます。

燃料と電気を使用するハイブリッド車には、駆動用バッテリーと補機バッテリーが搭載されていますが、補機バッテリーの方が電装品の電源として使われています。

バッテリー液不足で起こる症状

バッテリー液の不足状態とは、バッテリー液の液面が「LOWER LEVEL」よりも下にある状態です。このバッテリー液が不足した状態で自動車を使い続けていると、バッテリー内の陽極板と陰極板が露出してしまい劣化してしまいます。

さらに劣化が進んでしまうと、露出して劣化した部分から火花が発生することがありますが、その火花がバッテリー内部に溜まった水素ガスに引火して、火災や爆発が起こる可能性があり大変危険です。

火災や爆発は最悪の場合ですが、バッテリー液が不足すると、蓄電できる電気容量が減少してしまい電圧も低下します。バッテリー液量の不足は、バッテリー上がりを起こしやすくなるだけでなく、バッテリーの寿命を縮める原因にもなります。

自動車の状態が良好な時は、バッテリーの状態を確認する人は少ないと思いますが、バッテリーの液量確認は定期的に行うことをお勧めします。

浦和区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
浦和区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→