行田市内のバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換情報

行田市のバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換情報

行田市内にてバッテリー上がりでお困りの際や出張バッテリー交換ご希望は、
「生活トラブルSOS」のバッテリー上がり出張救援ロードサービスにお任せ下さい!

行田市のバッテリー上がりに24時間緊急対応

行田市内にてバッテリー上がりで自動車・トラック・オートバイ・原付バイクのエンジンがかからない時は、行田市全域24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSロードサービス」が現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しており、交換用のバッテリー持参で現地に急行します。

バッテリー上がりは、自動車やトラック、バイクのご利用者様にとって、一番発生する機会の多い車両トラブルです。特にエアコンを利用する機会の多い夏場や、気温が寒くなりバッテリーの性能が弱くなる冬場は、バッテリー上がりが起き易いです。

行田市にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で、行田市内の現地に緊急出張します。


行田市内でバッテリー上がり救援に緊急出動対応した主な場所

  • 行田市内のご自宅やお勤め先、行田軽トラ朝市/ケーヨーデイツー行田店/カインズモール行田などの周辺駐車場で買い物帰りのバッテリー上がり。
  • 行田市内の文化施設である、行田市産業文化会館/行田市地域文化センター/忍城・行田市郷土博物館/さきたま史跡の博物館/行田市はにわの館など、公共施設駐車場でのバッテリー上がり。
  • 行田市内のスポーツ施設である、行田市総合体育館(行田グリーンアリーナ)/行田市民プールなどでのバッテリー上がり。
  • 行田市内にある行田市総合公園/さきたま古墳公園/忍城址公園/古代蓮の里/水城公園など観光名所・レジャー施設駐車場でのバッテー上がり。
  • 行田市内の行田駅/行田市駅/持田駅/武州荒木駅/東行田駅周辺での買い物や通学・通勤帰りのバッテリー上がり。

行田市で発生したバッテリー上がり救援に緊急出動対応

  • 行田市で発生したバッテリー上がり・出張バッテリー交換に緊急出動対応。
  • バッテリー上がりの救援受付後、最短20分で行田市の現地に到着
  • バッテリー上がりは、行田市内の現場到着後、ジャンピング作業でエンジン始動。
  • 出張バッテリー交換ご希望の際は、至急で適合バッテリーの在庫を確認します。
  • 24時間年中無休ロードサービスです。深夜・早朝でもお気軽にお電話下さい。
  • 全店賠償責任加入済みで安心、年間契約などの手続きは不要です。

ベンツ・BMWなどの外車や24V仕様の車両、大型トラック、オートバイの
バッテリー上がり救援もお任せ下さい!


トピックス「バッテリー上がりやバッテリートラブルの影響」

バッテリー上がりやバッテリートラブルの影響

バッテリー

車にはエンジンやタイヤ、ブレーキやバッテリーなどの様々な部品や機器が使われています。その中でもバッテリーは、エンジンを始動する時に必要な電力を供給する役割がありますので、バッテリー上がりなどの不具合が生じてしまうと、エンジンをかけることができず、車を走らせることができなくなってしまいます。

バッテリーとオルタネーターの関係

バッテリーとオルタネーターには密接な関係があります。オルタネーターは発電機の役割をしますが、エンジンが動いている時はエンジンの力で回っています。そして、エンジンの回転数が高い時は、オルタネーターの発電量も増加します。

オルタネーターは、エンジンがかかっている状態の時は、電気を動力源とする機器や電装品に電気を供給すると同時にバッテリーの充電も行います。車で使われる電気は、エンジンがかかっている時はオルタネーターのみ、またはオルタネーターとバッテリーの電気が使用され、エンジンが止まっている時は、バッテリーの電気のみが使用されます。つまり、バッテリーの電気は、オルタネーターが働いていないエンジンが止まっている時や、エンジンの回転数が低い時で、オルタネーターの発電が少ない時に使われています。

バッテリーの劣化は、エンジンやオルタネーターに負担をかける

バッテリー上がりを起こしたり、劣化した状態のバッテリーでは、バッテリーの性能も大きく低下してしまい、電圧や充電受入性能も低下してしまいます。そのため、いくら充電しても高い電圧を出力できなくなってしまいます。オルタネータからバッテリーへの充電が必要かどうかは、バッテリーの電圧で判断されます。バッテリーが劣化して電圧が低下していると、常に充電しようとしますので、オルタネーターやエンジンに負担をかけることになり、燃費にも影響してきます。

カーショップなどに行くとバッテリー強化剤などが販売されていますが、それらは使って何も使わない時よりもバッテリーの性能を高めておくことで、燃費向上にも効果があります。

劣化したバッテリーが車に与える影響

バッテリーが劣化して弱ってくると、電気を動力源としている機器が影響を受けます。

◎エンジンがかかり難くなる。バッテリー上がりでエンジンがかからない。
エンジンを始動するためには、バッテリーの電気を使ってセルモーターを回す必要があります。バッテリーが弱ってくると、セルモーターも鈍くなりエンジンがかかり難くなります。そして、更に劣化状態が進むとバッテリー上がりになり、エンジンが始動できなくなってしまいます。

特に気温が低くなる冬は性能が低下していますので、セルモーターの回転力や動作音に変化があった時は、早めにバッテリーの点検を行い、補充電またはバッテリー交換をされた方が良いでしょう。

◎ヘッドライトが暗くなる。室内灯の明るさが不安定になる。
バッテリーの電圧が低下してしまうと、アイドリング時などエンジンの回転数が低い時にヘッドライトが暗くなったり、室内灯の明るさが不安定になったりします。

◎パワーウィンドウやワイパーの動作が鈍くなる
パワーウィンドウやワイパーも電気を動力源として動いていますので、バッテリーの電圧が低下してしまうと、アイドリング時などにパワーウィンドウやワイパーの動作が鈍くなってしまいます。


現在の車にとってバッテリーは必要なものです。車を使っていなくても、待機電力として少しずつ放電していますので、長期間放置することなく適度に走行充電することが、バッテリーを長持ちさせる秘訣のひとつです。

また、最近の車には電気が必要な機器や部品が数多く使われています。走行中のエンジンの回転数が高い時は、オルタネーターが発電する電気で賄うことも可能ですが、渋滞走行中や停車中にはオルタネーターからの電気供給量が減少しますので、電気を使い過ぎない様な注意も必要になります。



バッテリー上がり 料金|全国24時間365日対応ロードサービス(行田市)

バッテリー上がりの出張救援は、ジャンピング作業(ケーブルでつなぐ)を行って、エンジンを始動できる様にします。バッテリーが劣化して、出張バッテリー交換をご希望の際は、お電話にてご相談下さい。車両タイプ確認後に交換用のバッテリー在庫を確認いたします。

自動車・オートバイ・原付バイクのバッテリー上がり急増中!
【安心の保証で全国24時間365日迅速対応】「生活トラブルSOS」行田市受付全国24時間365日緊急出張ロードサービス 行田市
ページトップへ
Copyright (C) 生活トラブルSOS All Rights Reserved.
バッテリー上がり・レッカーのロードサービスHOMEへ