行田市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 埼玉県 > 行田市

行田市でのバッテリー上がり救援サービス

行田市でのバッテリー上がり・出張バッテリー交換
行田市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

行田市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。行田市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短10分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

行田市にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

行田市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
行田市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

行田市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

行田市でのバッテリー上がり対応情報

行田市でのバッテリー上がり対応情報(行田市でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所)

行田市でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

行田市でのバッテリー出張交換にも対応

参考情報:行田市の警察署・市役所の連絡先

  • 行田警察署:行田市大字長野4195-1「TEL:048-553-0110」
  • 行田市役所:行田市本丸2番5号「TEL:048-556-1111」

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリー上がりやバッテリートラブルの影響

エンジンがかからない時に確認すること

車にはエンジンやタイヤ、ブレーキやバッテリーなどの様々な部品や機器が使われています。その中でもバッテリーは、エンジンを始動する時に必要な電力を供給する役割がありますので、バッテリー上がりなどの不具合が生じてしまうと、エンジンをかけることができず、車を走らせることができなくなってしまいます。

バッテリーの劣化は、エンジンやオルタネーターに負担をかける

バッテリー上がりを起こしたり、劣化した状態のバッテリーでは、バッテリーの性能も大きく低下してしまい、電圧や充電受入性能も低下してしまいます。そのため、いくら充電しても高い電圧を出力できなくなってしまいます。オルタネータからバッテリーへの充電が必要かどうかは、バッテリーの電圧で判断されます。

バッテリーが劣化して電圧が低下していると、常に充電しようとしますので、オルタネーターやエンジンに負担をかけることになり、燃費にも影響してきます。カーショップなどに行くとバッテリー強化剤などが販売されていますが、それらは使って何も使わない時よりもバッテリーの性能を高めておくことで、燃費向上にも効果があります。

劣化したバッテリーが車に与える影響

バッテリーが劣化して弱ってくると、電気を動力源としている機器が影響を受けます。

エンジンがかかり難くなる。バッテリー上がりでエンジンがかからない。

エンジンを始動するためには、バッテリーの電気を使ってセルモーターを回す必要があります。バッテリーが弱ってくると、セルモーターも鈍くなりエンジンがかかり難くなります。そして、更に劣化状態が進むとバッテリー上がりになり、エンジンが始動できなくなってしまいます。

特に気温が低くなる冬は性能が低下していますので、セルモーターの回転力や動作音に変化があった時は、早めにバッテリーの点検を行い、補充電またはバッテリー交換をされた方が良いでしょう。

ヘッドライトが暗くなる。室内灯の明るさが不安定になる。

バッテリーの電圧が低下してしまうと、アイドリング時などエンジンの回転数が低い時にヘッドライトが暗くなったり、室内灯の明るさが不安定になったりします。

パワーウィンドウやワイパーの動作が鈍くなる

パワーウィンドウやワイパーも電気を動力源として動いていますので、バッテリーの電圧が低下してしまうと、アイドリング時などにパワーウィンドウやワイパーの動作が鈍くなってしまいます。

現在の車にとってバッテリーは必要なものです。車を使っていなくても、待機電力として少しずつ放電していますので、長期間放置することなく適度に走行充電することが、バッテリーを長持ちさせる秘訣のひとつです。また、最近の車には電気が必要な機器や部品が数多く使われています。走行中のエンジンの回転数が高い時は、オルタネーターが発電する電気で賄うことも可能ですが、渋滞走行中や停車中にはオルタネーターからの電気供給量が減少しますので、電気を使い過ぎない様な注意も必要になります。

行田市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
行田市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→