北葛飾郡でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 埼玉県 > 北葛飾郡-杉戸町/松伏町

北葛飾郡-杉戸町/松伏町でのバッテリー上がり救援サービス

北葛飾郡のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

北葛飾郡-杉戸町/松伏町自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。北葛飾郡のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

北葛飾郡-杉戸町/松伏町にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で北葛飾郡全域に緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

北葛飾郡でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

北葛飾郡でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
北葛飾郡対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

北葛飾郡でのバッテリー上がり対応情報

北葛飾郡にてバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

北葛飾郡内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

北葛飾郡でのバッテリー出張交換にも対応

北葛飾郡でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

北葛飾郡でのバッテリー出張交換にも対応

北葛飾郡でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

北葛飾郡松伏町:ヘッドライト消し忘れによるバッテリー上がり

出張場所:北葛飾郡松伏町のディスカウントストア駐車場

車  種:フォード エクスプローラー

コメント:買い物をしている間、ずっとヘッドライトが点きっ放しになっていました。今日は買うものをあれこれ迷ってしまい、こんな時に限って買い物に時間がかかってしまいました。昔は駐車場でヘッドライトが点灯している車があったら、店内放送で教えてくれたと思うのですが、最近はそういうサービスはないんですね。

ヘッドライトを消し忘れた自分が悪いのですが、昔と違って人情が薄れてきたみたいで少し残念な気がします。こんな車を乗っているのですが、バッテリーの電圧が12Vなのか、それとも24Vなのか申し込む時に応えられませんでした。バッテリー上がりに対応してくれる業者さんがすぐに見つかり助かりました。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

車のエンジンがかからなくなる主な原因

車のエンジンがかからなくなる主な原因

車のエンジンがかからなくなった場合は、様々な原因が考えられますが、その中でも原因として多いものを覚えておけば、いざという時に役立ちます。エンジン始動時の操作ミスで、エンジンがかからなくなり慌てることもありますが、以下のエンジン始動に関係する主な原因を覚えておくと良いでしょう。

1.バッテリー上がり

原因として一番多いのはバッテリー上がりです。特にルームランプやヘッドライト、ハザードランプの消し忘れなどのうっかりミスでバッテリー上がりを起こしてしまうケースが多いです。

バッテリーの寿命が近づいてしまうと、畜電力も弱くなりますのでバッテリーが上がりやすくなります。特に冬場の寒い時期にはバッテリーの機能も低減するため、寿命が近づいたバッテリーはさらにエンジンがかかり難くなってしまいます。

バッテリーは寿命が来るまで使い続けるのが経済的にも理想的ですが、バッテリー交換の目安は車の使用環境や頻度にもよりますが、2年もしくは3年以上経ってからです。寿命が近づくとバッテリー上がりの前兆も現れ始めますので、電装品使用時に電力不足の症状が現れたら、速やかにバッテリーを交換した方が良いでしょう。

2.セルモーターの故障

セルモーターはエンジンを始動させるためのモーターですが、セルモーターにも寿命がありますので、頻繁なエンジン始動やアイドリングストップを繰り返している内に寿命が縮み故障もします。セルモーターが故障してしまうと、エンジン始動のための動力が伝えられませんので、エンジンがかからない状態になります。

エンジンをかけようとした時にモーターの回転音がしますが、その音がセルモーターの動作音です。バッテリー上がりではないのにセルモーターの回転音が聞こえないでエンジンがかからない場合は、セルモーターが故障している可能性があります。

セルモーターが故障した場合は、ご自分で修理するのは困難ですので、ディーラーや整備工場で点検・修理してもらうことになります。

3.オルタネーターの故障

オルタネーターは電気を作る発電機ですが、バッテリーはオルタネーターが発電する電気で充電されますので、オルタネーターが故障してしまうと充電されなくなってしまいます。エンジンがかからない原因がバッテリー上がりと判断して、バッテリー交換やジャンピングでエンジンが始動できても、すぐにバッテリー上がりになってしまいます。

セルモーターが故障した時と同様にオルタネーターが故障した場合も、ご自分で修理するのは困難ですので、ディーラーや整備工場で点検・修理してもらうことになります。

4.ヒューズ切れ

ヒューズは、電気回路に何らかの原因で過電流が流れた時に電気回路を遮断して、電気回路や電装品などを保護する役割をしています。切れたヒューズは交換する必要がありますので、切れたままではエンジンがかかりません。

ヒューズ切れした場合は、切れていないヒューズに交換すれば解決しますが、交換してもすぐにヒューズ切れしてしまう場合は、どこかで配線などがショートしている可能性があります。配線を直接触るような電装品の追加などをした場合はご注意ください。

5.その他

エンジン始動時の操作ミスでエンジンがかからないケースもあります。シフトレバーの位置やブレーキを踏んでいるかなど、慌てずに落ち着いてエンジン始動を行ってみてください。また、最近ではスマートキーの電池切れが原因の場合もあります。

ガス欠している状態でもエンジンがかかりませんが、放火事件の影響もあり、ガソリンの携行缶への給油を断るスタンドも増えています。ガス欠になった場合も何かと面倒ですので、早めの給油を心掛けた方が良いでしょう。

バッテリー上がりの概要説明はこちら→