朝霞市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 埼玉県 > 朝霞市

朝霞市でのバッテリー上がり救援サービス

朝霞市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

朝霞市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。朝霞市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

根岸台/膝折町/溝沼/上内間木/本町/栄町/三原/泉水/朝志ケ丘/東弁財など、朝霞市にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で朝霞市内全域に緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

朝霞市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

朝霞市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
朝霞市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

朝霞市でのバッテリー上がり対応情報

朝霞市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

朝霞市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

朝霞市でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

朝霞市でのバッテリー出張交換にも対応

朝霞市でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

朝霞市膝折町:1ヶ月半車を使えずバッテリー上がり

出張場所:朝霞市膝折町にお住まいのお客様ご自宅の車庫

車  種:トヨタ プリウス

トラブル:入院していたため1ヶ月半ほど車を使えなかったためバッテリー上がり。既にバッテリーの交換時期だったため出張バッテリー交換サービスを利用することにした。

コメント:自宅で車の免許証を持っているのは自分だけなのですが、1ヶ月半ほど病院に入院していたので、車のバッテリーが上がってしまったみたいです。退院したばかりですが車の運転には支障がない状態です。しばらくは通院しなければいけないので、車のエンジンをかけようとしたところ1ヶ月半も放置してしまったため、すっかりとバッテリーが上がってしまったみたいです。

バッテリーは車を買ってから一度も交換していないので、4年くらい使っているため交換時期が来ていることは分かっていました。元気であれば自転車でホームセンターに行ってバッテリーを買ってくるのですが、まだ体力的に無理だと思うので、バッテリー交換は誰かに頼むしかありませんでした。

それでもしかしたら自宅に出張してバッテリー交換をしてくれる業者さんがあるかもしれないと思ってネットで調べたら、「出張バッテリー交換」を本当にしてくれる業者さんがありました。

出張でバッテリーを交換してくれるサービスは、今の私にとっては大変ありがたいサービスでした。バッテリー上がりで車のエンジンがかからないので、体が元気になるまで通院する度にタクシーを使わなければいけないかもと思いました。しかし、元気な新しいバッテリーに交換してもらってエンジンがかかれば、タクシーなんて使わないで済みます。

今回のバッテリー交換にかかった費用など、タクシーの利用代や不便さに比べれば、たいした費用ではありません。「出張バッテリー交換」を利用できて本当に助かりました。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

車のバッテリー上がり対策

バッテリー上がりと故障の見分け方

車通勤をしている人であれば、毎日車を運転してバッテリーを走行充電していますので、バッテリーが寿命状態でなければバッテリー上がりでエンジンがかからなくなることは、ある程度回避できていると思います。但し、通勤に車を使っていない人は、2~3週間も車のエンジンをかけないこともあると思います。久しぶりに車に乗るためにエンジンをかけようとして「カチッ!」としか音がせず、バッテリー上がりでエンジンがかからないと、本当にガッカリしてしまうと思います。

バッテリー上がりでエンジンがかからないと、その状態から車を動かすまでには時間がかかってしまいますので、バッテリー上がりを防止する主な対策についてご紹介します。

バッテリー上がりを防止するためには「充電する・バッテリー電圧の測定・放電させない」ことがポイントです。

走行するかアイドリングする

充電器を持っていれば定期的に充電すれば良いのですが、住居がマンションやアパートなどの場合は、電源が身近にありませんので充電器を使って充電することはできません。充電器が使えない場合は、車を走らせるかエンジンをかけてしばらくアイドリングして充電するしかありません。

目安としてできれば、一週間で走行充電は10分以上、アイドリングは続けて30分以上は行いたいものです。アイドリングで充電する場合は、5分程度でエンジンを止めてしまうと逆効果になってしまいますので注意してください。アイドリング時はエンジンの回転数が低いので、5分間の充電量よりもエンジン始動に消費する電気量が多くなってしまう可能性があります。せっかくエンジンをかけたのにバッテリーの充電量が減ってしまったのではもったいないです。

バッテリー電圧を測定して状態チェック

バッテリー電圧を測定すれば、バッテリー上がりの危険性があるかどうかが分かります。バッテリーの電圧を測るには、テスターと呼ばれる測定器が必要になりますが、1,000円くらいで購入できるものもあります。また、ガソリンスタンドなどでも測定してくれますので、測定を頼んでみるのも良いでしょう。

バッテリーの電圧をエンジン停止時の状態で測定して、12.0Vを下回っている場合はバッテリー上がりの危険性があり、寿命による交換時期が迫っている可能性があります。

バッテリーのマイナス端子を外す

病気や怪我による入院や長期の出張、交通違反による免停などで一ヶ月以上も車を使わないことが分かっている場合は、バッテリーのマイナスの端子を外しておくと良いでしょう。車は使っていない時でもバッテリーの電気を消費していますので、マイナスの端子を外しておくとバッテリーの電気消費を防ぐことができます。但し、非常時の延命処置のため、その見返りとして時計やオーディオなどは、電気の供給を遮断されてリセットしてしまいますので、復帰した時に再セットする手間が必要になります。

バッテリーのマイナスの端子を外した後は、絶縁性のあるビニールテープをマイナス端子部と外したケーブル先端の金属部分に巻いて絶縁して下さい。ショートしてしまうと火花が飛んだりヒューズ切れが起きる場合があります。

エンジンをかける時に電気をたくさん消費しますので、バッテリー上がりはエンジンをかける時に起きます。バッテリー上がりになると、その日の予定がくるってしまい生活に影響が出てしまいます。バッテリー上がりを防止するためには「充電する・バッテリー電圧の測定・放電させない」など、事前の対策で、バッテリー上がりのリスクを減らすことができます。

バッテリー上がりで困った時は、生活トラブルSOSのロードサービスが駆けつけて、ジャンピングスタートでエンジンを始動しますので、お困りの際はお電話ください。

朝霞市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
朝霞市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

バッテリー上がりの概要説明はこちら→