富士見市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 埼玉県 > 富士見市

富士見市でのバッテリー上がり救援サービス

富士見市でのバッテリー上がり・出張バッテリー交換
富士見市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

富士見市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。富士見市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短10分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

富士見市全域および富士見市の周辺地域にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

富士見市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
富士見市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

富士見市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

ベンツ・BMWなどの外車や24V仕様の車両、大型トラックやバス、オートバイ、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がり救援もお任せ下さい!

富士見市のバッテリー上がり救援対応情報

富士見市内のバッテリー上がり救援や出張バッテリー交換対応エリアと対応事例のご紹介。

富士見市のバッテリー上がり救援対応エリア

富士見市のバッテリー上がり対応情報
  • 【あ】榎
  • 【か】貝塚/勝瀬/上沢/上南畑
  • 【さ】下南畑/諏訪/関沢
  • 【た】鶴瀬西/鶴瀬東/鶴馬
  • 【な】南畑新田/西みずほ台
  • 【は】羽沢/針ケ谷/東大久保/東みずほ台/ふじみ野西/ふじみ野東
  • 【ま】水子/水谷/水谷東/みどり野北/みどり野西/みどり野東/みどり野南
  • 【や】山室
  • 【わ】渡戸

※富士見市内の上記および周辺地域のバッテリー上がり・出張バッテリー交換に緊急対応。

富士見市の各施設や観光地の周辺地域にもスピード対応します!

  • 富士見市役所/富士見市民文化会館/富士見市立資料館/サンライトホール/水子貝塚資料館/鶴瀬コミュニティーセンター/みずほ台コミュニティーセンター
  • 難波田城資料館/富士見市立コミュニティーセンター/針ヶ谷コミュニティーセンター/富士見市民総合体育館/谷津の森/御庵/勝瀬新田山/富士見ガーデンビーチ
  • ふじみ野ナーレ/谷津の森公園/恵園つりセンター/難波田城公園/水子貝塚公園・・・他

富士見市の駅周辺や沿線地域での出張バッテリー上がり救援もお任せください!

  • 鶴瀬駅/みずほ台駅/ふじみ野駅

参考情報:富士見市の警察署・市役所の連絡先

  • 東入間警察署(管轄):ふじみ野市うれし野1丁目4-1「TEL:049-269-0110」
  • 富士見市役所:富士見市大字鶴馬1800番地の1「TEL:049-251-2711」

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

エンジンをかけずに長期間放置

富士見市(バッテリー上がりトピックス)

バッテリーのメーカー保証は一般的に2~3年ですが、車の使い方によっては保証期間よりも長く使えることが多いです。しかし、ライト類の消し忘れなどで何度もバッテリー上がりを起こしてしまうと、寿命を縮めてしまいますので注意が必要です。

ヘッドライトや室内灯など電気装置の消し忘れでバッテリー上がりになった場合は、ジャンピングスタートでエンジンを始動できることが多いです。

エンジンが始動できた後は走行充電が必要ですが、バッテリー上がりはバッテリーに大きなダメージを与えますので、バッテリー上がりになった後は、一度バッテリーの点検をして良否を判定した方が良いでしょう。

経年劣化による寿命でバッテリー上がりになった場合は、ジャンピングスタートでエンジンがかかったとしても、ほとんど充電されませんのでバッテリー交換が必要です。

車のバッテリーはエンジンを停止して駐車しているだけでも電力を消費しています。暗電流といいますが、コンピューターやナビ、ドライブレコーダーなどのバックアップ電源として、バッテリーの電力が使われています。

バックアップ電源がないと、エンジンを停止した時に記憶されたデータが初期化されてしまいます。バッテリーが完全放電してしまった場合も初期化されてしまいますが、バッテリー交換時も同様ですので作業方法にはご注意ください。

エンジンの回転数が2000回転以上で走ると効率よく充電

オルタネーターの発電量は、エンジンの回転数によって変わります。アイドリング時のエンジン回転数は、一般的に1000回転くらいですが、アイドリング状態ではエンジンの回転数が低いため効率よく充電が進みません。効率よく確実に充電するためには、2000回転以上で走行充電すると良いでしょう。オーディオやエアコンなど、電装品をあまり使わずに渋滞道路を避け、流れの良い郊外の道などを選んで少なくても30分以上、できれば1時間以上は走行充電すると安心です。

但し、バッテリー上がりを起こしてしまうと、バッテリー自体がかなりのダメージを受けてしまいます。バッテリー上がりを起こす前にバッテリーが劣化していた状態だった場合、走行充電を十分にしてもなかなか元通りの元気を取り戻せない場合もあります。バッテリーを使い始めてから保証期間の2~3年以上を経過している状態でバッテリー上がりを起こしてしまった場合は、整備工場やカーショップなどで、バッテリーのコンデションを点検した方が良いでしょう。

もし、バッテリーのコンデションを点検してもらった結果、バッテリーが劣化しているため交換した方が良いとアドバイスされた場合は、早めに新品のバッテリーの交換することをお勧めします。

富士見市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
富士見市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→