草津市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 滋賀県 > 草津市

草津市でのバッテリー上がり救援サービス

草津市でのバッテリー上がり・出張バッテリー交換
草津市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

草津市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。草津市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短10分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

草津市全域および草津市の周辺地域にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

草津市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
草津市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

草津市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

ベンツ・BMWなどの外車や24V仕様の車両、大型トラックやバス、オートバイ、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がり救援もお任せ下さい!

草津市のバッテリー上がり救援対応情報

草津市内のバッテリー上がり救援や出張バッテリー交換対応エリアと対応事例のご紹介。

草津市のバッテリー上がり救援対応エリア

草津市のバッテリー上がり対応情報
  • 【あ】芦浦/集/下物/追分/青地/岡本/大路/穴村
  • 【か】草津/北大萱/片岡/木川/上笠/笠山/川原/北山田/駒井沢/上寺
  • 【さ】志那中/渋川/新浜/桜ケ丘/下寺/新堂/志那/下笠
  • 【な】野路/西草津/長束/野村/西大路/野路東/西渋川/西矢倉
  • 【は】東矢倉/平井/橋岡/東草津/馬場
  • 【ま】南笠/御倉/南笠東/南山田
  • 【や】矢橋/山寺/山田/矢倉
  • 【わ】若竹/若草

※草津市内の上記および周辺地域のバッテリー上がり・出張バッテリー交換に緊急対応。

草津市の各施設や観光地の周辺地域にもスピード対応します!

  • 草津市役所/草津市サンサンホール/草津グリーンスタジアム/草津宿街道交流館校/草津市立ロクハ公園/水生植物公園みずの森/草津市立少年センターあすくる
  • さわやか保健センター/草津市総合体育館/草津パーキングエリア/弾正公園テニスコート/草津田上インターチェンジ/草津アミカホール/グリーンプラザからすま
  • 弾正公園多目的広場/志津運動公園/矢橋帰帆島公園/三ツ池運動公園/草津宿本陣ザ/外長寿の郷ロクハ荘/琵琶湖博物館/アニメイトアル・プラザ草津/草津ジャンクション
  • 草津JCT/志那漁港/草津あおばな館/イオンモール草津/グリーンプラザからすま/矢橋帰帆島公園/草津市まちなか交流施設/ワーナー・マイカル・シネマズ
  • エースレーン草津/なごみの郷/北山田漁港/道の駅草津/ロックベイガーデン/湖の子園/草津クレアホール/市民交流プラ・・・他

草津市の駅周辺や沿線地域での出張バッテリー上がり救援もお任せください!

  • 草津駅/南草津駅

参考情報:草津市の警察署・市役所の連絡先

  • 草津警察署:草津市大路2丁目11-16「TEL:077-563-0110」
  • 草津市役所:草津市草津三丁目13番30号「TEL:077-563-1234」

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

車のバッテリーの役割について

草津市(バッテリー上がりトピックス)

バッテリーは、ブレーキランプやヘッドライトの点灯や、エアコンやカーナビを動かすなど、電気を動力源としているものに電気を供給する役割を担っています。そして、車のバッテリーは消耗品ですので、状態や使用期間、時期などによって新しいバッテリーに交換する必要があります。

車を運転するためにはエンジンをかける必要がありますが、ガソリン車やディーゼル車は自力でエンジンを始動することができません。ガソリン車やディーゼル車は、バッテリーの電気を使ってエンジン始動用に使われるセルモーターを回転させることでエンジンがかかります。エンジンをかける時に最初に音がしますが、その音を発しているのがセルモーターです。

バッテリーは「蓄電池」とも言われますが、一般的な乾電池などは蓄えられた電気が消費されるだけですが、車のバッテリーは消費と充電を繰り返して使うことができます。ノートパソコンやスマホなどにもバッテリーが使われていますが、これらの電化製品は家庭用のコンセントに挿して充電を行います。一方、車のバッテリーは発電機(オルタネータ)の発電で充電が行われます。エンジンの力で発電機(オルタネータ)を動かして電気を作り、発電した電気でバッテリーが充電されます。

発電機(オルタネータ)が発電した電気よりも電気が消費された場合は、バッテリーに蓄えられた電気で補填され、発電した電気が余るとバッテリーが充電される仕組みになっています。

ライトやランプ類の使用

家庭では照明をコマ目に消灯して節電していると思います。車の場合も同じでヘッドライトやブレーキランプなどの照明は電力をたくさん使いますので、スイッチをON/OFFすることで節電することができます。ただし、ブレーキランプは後続車への停止や停止中の合図ですので、ブレーキランプで節電するのはお勧めできません。

ヘッドライトであれば、信号待ちで停車した時にヘッドライトを消してスモールランプにすることは、多少の節電効果があります。しかし、再発信する時にヘッドライトを点灯するのを忘れないように注意しなければいけません。

その他、デフォッガーは必要な時にのみ使用して、オーディオやカーナビなどは必要ない時に使わないようにすれば、走行中の電力消費が少なくなりますのでバッテリーが十分に充電されるようになります。

停車しながらのエアコンやライト点灯、オーディオ類の使用を避ける

アイドリング状態では充電効率が悪くなります。停車してアイドリング状態の時にエアコンやライト点灯、オーディオ類を使用してしまうと「消費電力 > 充電される電力」になりやすいですので注意が必要です。最近はシガーソケットやUSBでスマホの充電もできて便利ですが、停車状態の時はなるべく電気を使わないこともバッテリー上がり対策になります。

草津市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
草津市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→