長浜市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 滋賀県 > 長浜市

長浜市でのバッテリー上がり救援サービス

長浜市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

長浜市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。長浜市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

長浜市にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で長浜市内全域に緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

長浜市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

長浜市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
長浜市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

長浜市でのバッテリー上がり対応情報

長浜市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

長浜市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

長浜市でのバッテリー出張交換にも対応

長浜市でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

長浜市でのバッテリー出張交換にも対応

長浜市でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

長浜市木之本町:車を長期間放置したことによるバッテリー上がり(バッテリー交換)

出張場所:長浜市木之本町にお住いのお客様ご自宅

車  種:ホンダ N-BOX(バッテリー形式:44B19L)

コメント:3ヶ月くらい大阪に単身赴任していたので車に乗る機会がほとんどなくなり、久しぶりに車で出掛けようとしましたがエンジンがかからなくなってしまいました。多分、長期間放置によるバッテリー上がりだと思うのですが、前にバッテリーを交換してから4年以上は経っているので、バッテリーを新しいものに交換しなければいけないと思います。

バッテリー交換を自分でできれば、カーショップやホームセンターでバッテリーを買ってくれば良いのかもしれませんが、自分にはできそうもありませんでした。車屋さんに修理に出すことも考えましたが、念の為バッテリー交換についてネットで調べてみたら、出張対応のバッテリー交換サービスが利用できることを知りました。

車屋さんに修理を頼んだら車を修理工場にレッカー搬送しなければ行けなかったかも知れませんが、自宅に来てくれてバッテリー交換してくれる業者さんを見つけられて良かったです。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

車のバッテリー上がり防止策と間違いやすい症状

車のバッテリー上がり防止策と間違いやすい症状

車のバッテリー上がりは、バッテリー自体の寿命以外にも、ヘッドライトやルームランプの消し忘れなどのうっかりミスでも起きます。そのため、バッテリー上がりでエンジンがかからなくなって困らない様に、普段から何らかの対策をしておきたいところです。

また、バッテリー上がりは車のトラブルの中でも一番多いトラブルで、バッテリー上がりになった状態では自力でエンジンを始動することができなくなります。「エンジンがかからない=バッテリー上がり」と考えやすいですが、バッテリー上がりと間違いやすい症状もありますので、覚えておいても損はありません。

車のバッテリー上がり防止策

突然のバッテリー上がりで困らない様に普段から何らかのバッテリー上がり対策をしておくと良いでしょう。また、対策は複数行った方がバッテリー上がりを防止できる確率が高くなります。

保証期間を目安に定期交換

車を日常的に使用していれば、バッテリーの保証期間よりも長く使用できることが多いですが、バッテリーの寿命は突然やってくることもあります。バッテリーの寿命は一般的に2~3年ですが、保証期間を目安に定期に新しいバッテリーに交換すれば、寿命でバッテリー上がりになる確率は低くなります。

定期的に車を動かして充電する

バッテリーはエンジンが動いている時に充電されています。また、エンジンが動いていない時でもバッテリーの電力は消費されていますので、長期間車に乗らないでいると全く充電されない期間が続きバッテリー上がりになってしまいます。

バッテリー上がりを防ぐためにも定期的に車を動かして充電することが防止策になります。運転する時間がない場合には、30分以上のアイドリングでも良いでしょう。また、バッテリーの充電器をお持ちであれば、家庭用電源から充電するのも良いでしょう。

長期的に車を使用しない期間が続く場合

入院や転勤などで長期的に車を使用しない期間が続く場合は、バッテリーのマイナス端子を抜いておくことで、バッテリーの電力消費をなくして自然放電のみにすることができます。バッテリーのマイナス端子を抜かないで放置してしまうよりは、バッテリーを長く使用できる可能性が高くなります。
但し、バッテリーのマイナス端子を抜くことで電装品の設定やコンピューターの記憶内容が初期化されることは覚悟しなければいけません。

バッテリー上がりと間違いやすい症状

「エンジンがかからない=バッテリー上がり」ではありません。エンジンがかからないからといって、すぐにバッテリー上がりと決めつけてしまうのは早過ぎる判断です。以下の様なことが原因でエンジンがかからない場合もあります。

燃料切れ

燃料切れでエンジンがかからないこともあります。燃料計や燃料の警告ランプ点灯で燃料切れを確認できますが、見落としている場合もありますのでご注意ください。

セルモーターの故障

バッテリー上がりになるとセルモーターを回す電力が足りなくなりエンジンがかからなくなりますが、セルモーター自体が故障している場合もあります。セルモーターは回らなくても他の電装品が正常に作動する場合は、セルモーター故障の可能性が高いです。

燃料噴射ポンプ故障の故障

燃料をエンジンに送り込む「燃料噴射ポンプ」が故障しているとエンジンがかかりません。セルモーターは正常に動くのにエンジンがかからない場合は、バッテリー上がりではなく燃料噴射ポンプが故障している可能性があります。

バッテリー上がりの概要説明はこちら→