鹿沼市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 栃木県 > 鹿沼市

鹿沼市でのバッテリー上がり救援サービス

鹿沼市でのバッテリー上がり・出張バッテリー交換
鹿沼市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

鹿沼市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。鹿沼市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短10分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

鹿沼市全域および鹿沼市の周辺地域にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

鹿沼市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
鹿沼市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

鹿沼市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

ベンツ・BMWなどの外車や24V仕様の車両、大型トラックやバス、オートバイ、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がり救援もお任せ下さい!

鹿沼市のバッテリー上がり救援対応情報

鹿沼市内のバッテリー上がり救援や出張バッテリー交換対応エリアと対応事例のご紹介。

鹿沼市のバッテリー上がり救援対応エリア

鹿沼市のバッテリー上がり対応情報
  • 【あ】麻苧/旭が丘/朝日/東/油田/池ノ森/石橋/泉/磯/板荷/今宮/入粟野/上野/大和田/御成橋
  • 【か】貝島/柏木/加園/上石川/上大久保/上粕尾/上久我/上材木/上田/上殿/上永野/上奈良部/上南摩/上日向/亀和田/北赤塚/北半田/草久/口粟野/晃望台/高谷/古賀志
  • 【さ】幸/栄/坂田山/酒野谷/笹原田/さつき/佐目/三幸/塩山/下石川/下大久保/下粕尾/下久我/下材木/下武子/下遠部/下奈良部/下南摩/下日向/下横/白桑田/末広/千手/千渡
  • 【た】武子/玉田/寺/天神/栃窪/戸張/富岡/鳥居跡
  • 【な】中粟野/中粕尾/中田/奈佐原/仁神堂/西鹿沼/西沢/西茂呂/日光奈良部/楡木/野沢/野尻
  • 【は】花岡/東末広/引田/日吉/深岩/深津/深程/藤江/府中/府所/府所本/文化橋/蓬莱
  • 【ま】松原/緑/南上野/みなみ/見野/睦/村井/樅山/茂呂
  • 【や】万
  • 【ら】流通センタ

※鹿沼市内の上記および周辺地域のバッテリー上がり・出張バッテリー交換に緊急対応。

鹿沼市の各施設や観光地の周辺地域にもスピード対応します!

  • 鹿沼市役所/鹿沼市民文化センター/鹿沼市栗野・粕尾・清洲コミュニティセンター/南押原公民館/大越路公民館/御成橋町会館/仲町屋台展示収蔵庫/鹿沼市立川上澄生美術館
  • 御殿山会館/鹿沼市郷土資料展示室/鹿沼運動公園象間/鹿沼運動公園/自然の森総合公園/鹿沼市体育館/粟野総合運動公園/鹿沼市花木センター/前日光つつじの湯交流館
  • 鹿沼市花木センター/川上澄生美術館/深山巴の宿/まちの駅-新鹿沼宿/屋台のまち中央公園/大芦渓谷/フォレストアリーナ/鹿沼総合体育館/ニューサンピア栃木のプール
  • フィッシングリゾート上永野/ビバモール鹿沼/晃望台ショッピングセンター/まちの駅-新・鹿沼宿/鹿沼錦鯉公園・・・他

鹿沼市の駅周辺や沿線地域での出張バッテリー上がり救援もお任せください!

  • 鹿沼/楡木/新鹿沼/樅山/北鹿沼/板荷駅

参考情報:鹿沼市の警察署・市役所の連絡先

  • 鹿沼警察署:鹿沼市上殿町1000-5「TEL:0289-62-0110」
  • 鹿沼市役所:鹿沼市今宮町1688-1「TEL:0289-64-2111」

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

暑い夏場にもバッテリー上がりに注意

鹿沼市(バッテリー上がりトピックス)

車のバッテリーは寒過ぎても暑過ぎても本来の性能を発揮できなくなる上に、暑過ぎる場合は劣化が進む速度も速くなりますのでご注意ください。ガソリンスタンドやカーショップなどでも、バッテリーに過酷と言われる夏場には、バッテリーの点検を薦められるケースが多くなります。

気温の上昇でもバッテリーの性能が落ちる

冬場の寒い時期にエンジンがかかり難くなるのは、寒さでバッテリーの性能が落ちることが影響しています。「夏は暑いから大丈夫!」と思われがちですが、バッテリー液には適切な比重があります。

バッテリーの比重は気温でも変化しますので、比重が高くても低くても本来の性能を発揮できなくなるため、バッテリーが上がりやすくなってしまいます。

大渋滞がバッテリーを酷使

夏場は行楽シーズンに加えて帰省などもありますので、高速道路などではあちこちで大渋滞が発生します。車には「オルタネーター」という発電機が備わっており、オルタネーターによって発電された電気で走行中に必要な電力を電装品に供給したり、その余剰電力でバッテリーを充電したりしています。

オルターネーターの動力となっているのはエンジンの回転ですが、エンジンの回転数が高くなるほど、発電量が多くなります。そのため、渋滞でノロノロ運転を続けている時は発電効率が落ちてしまいます。また、夏の渋滞では電力を多く必要とするエアコンを使用した状態で、ブレーキランプも頻繁に点灯しますので電力消費が多くなります。

この様に渋滞では発電効率が悪く電力消費が多い状態が続きますので、バッテリーに大きな負担をかけてしまうため、夏の渋滞でのバッテリー上がりには注意が必要です。

バッテリー端子の腐食

夏場はエンジンルームもかなり高温になりますので、バッテリー本体も高温になります。高温になるとバッテリー液が気化しやすくなりますが、気化したバッテリー液の成分が端子に付着することで、端子部分の腐食が進んでしまうことがあります。腐食してさらに状態が悪化すると通電状態が悪くなり、放電も充電も効率よく行われなくなります。

端子部分が腐食しているバッテリーは、バッテリーの劣化が進んでいる可能性もあります。長距離をドライブする予定がある場合には、出発予定日までにバッテリー交換しておくことが、バッテリー上がりの予防につながります。


夏場に車を運転している最中に信号待ちなどでライトが暗く感じたり、エンジン始動にもたついたりした場合は、バッテリーが弱っている可能性が高いです。また、電装品の明るさや動作にいつもと違う症状が現れた場合などは、すぐにバッテリーの点検をすることをお勧めします。

そして適切なメンテナンスを行い、バッテリーが劣化していた場合にはバッテリー交換を行うことで、夏場の自動車ライフを快適に送ることができるでしょう。

鹿沼市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
鹿沼市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→