栃木県でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 栃木県

栃木県でのバッテリー上がり救援サービス

栃木県のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

栃木県内自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。栃木県のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

栃木県内のバッテリー上がり救援サービスは「栃木市、足利市、宇都宮市、日光市、大田原市」などを拠点として巡回しておりますが、栃木県での営業拠点と対応エリアは随時拡大中です。栃木県にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で、栃木県内の現地に緊急出張します。

栃木県でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

ベンツ・BMWなどの外車や24V仕様の車両、大型トラックやバス、オートバイ、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がり救援もお任せ下さい!

栃木県のバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応情報

栃木県内のバッテリー上がり救援や出張バッテリー交換対応エリアと対応事例のご紹介。

栃木県のバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応エリア

栃木県のバッテリー上がり対応情報

※栃木県内の上記および周辺地域のバッテリー上がり・出張バッテリー交換に緊急対応。

栃木県の各施設や観光地の周辺地域でのバッテリー上がりにもスピード対応します!
栃木県中央公園/那須どうぶつ王国/日光東照宮/日光江戸村/那須ハイランドパーク/佐野プレミアム・アウトレット/東武ワールドスクウェア/那須高原南ヶ丘牧場/あしかがフラワーパーク/鬼怒川温泉/宇都宮動物園/とちのきファミリーランド/道の駅もてぎ/那須高原/史跡足利学校跡/宇都宮城址公園/那須サファリパーク/チサンホテル宇都宮/鹿沼市花木センター/宇都宮美術館/とちぎわんぱく公園/佐野市アリーナたぬま/栃木市総合体育館/小山運動公園/日光サーキット…他

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリー上がりの原因を知ることでトラブル回避

バッテリー上がりの原因を知ることでトラブル回避

車やバイクのバッテリー上がりは、ヘッドライトや室内灯などの消し忘れによる過放電で電力供給不足が原因になっていることが多いです。車に乗る前にバッテリーの電圧状態を確認している人は少ないと思います。バッテリー上がりになりエンジンがかからないと、その日の予定が完全に狂ってしまいますので、できればバッテリー上がりは避けたいものです。

バッテリー上がりになるのは何らかの原因がありますので、その原因を理解して対処することがバッテリー上がりの防止にもつながります。

夏と冬にバッテリー上がりが多い理由

エアコンは電力を多く消費しますので、エアコンを利用する機会の多い夏や冬にバッテリー上がりが起きやすい傾向があります。エアコンの消費電力にバッテリーの充電が追いつかず、バッテリー上がりが起きてしまいます。

また、夏や冬は帰省やレジャーなどで車に乗る機会が多くなりますので、渋滞に巻き込まれやすく発進や停止の繰り返しになり、充電効率が悪いのにエアコンやブレーキランプ、ヘッドライト、カーナビなどが電力を消費してしまいます。

そして、夏や冬は極端に気温が上がったり下がったりしますが、気温の変化にもバッテリーは敏感で影響を受けてしまいます。特に冬は、エンジンを始動する時により多くの電力が必要になります。地域によっては寒冷地仕様バッテリーが使われるほど、バッテリーと気温には密接な関係があります。

運転頻度もバッテリー上がりに関係する

主にエンジン始動と電装品でバッテリーの電力が消費されますが、車はエンジンを切って駐車している時にもバッテリーは自然放電しています。都心の人は通勤などで電車やバスを利用する機会が多く、仕事がお休みの時にも渋滞を避けて、公共の交通機関を利用する機会が多いと思います。3週間や1ヶ月の間、一度も車を利用しないこともあると思います。

車はエンジンを始動して乗らないでいても自然放電していますので、長い間放置してしまうとバッッテリーの電力が底をついてしまい、電力不足でエンジンがかからなくなってしまいます。もし、しばらく車を使う予定がないのであれば、バッテリーのマイナス端子を外しておくことが、バッテリー上がり防止になります。

チョイ乗りばかりもバッテリーに悪影響

車を長期間放置してしまう乗らな過ぎもいけませんが、車を頻繁に使っていても1回の走行で数分しか車に乗らないチョイ乗りばかりではいけません。短い距離の繰り返しばかりでは、エンジン始動に使われるバッテリーの消費電力を回復するために、走行充電が間に合わないからです。

車には毎日何回も乗っているのにバッテリー上がりになってしまうのは、この走行パターンが原因になっていることが多いです。

バッテリー上がりを回避するためには

ライト類の消し忘れは、うっかりミスが多いですので車のエンジンを切って車から降りる前にライト類の消灯をチェックすることを習慣付けることですが、指先確認なども取り入れるとよいかもしれません。

そして、バッテリー上がりの原因は、やはり日々の車の乗り方が大きく関係してきます。バッテリー上がりを起こしてしまうと、バッテリーの寿命にも影響して新しいバッテリーへの交換時期を早めてしまいます。車の維持費を削減するためにもバッテリー上がりをできる限り回避した方が良いでしょう。

栃木県でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
栃木県対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

バッテリー上がりの概要説明はこちら→