徳島県でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 徳島県

徳島県でのバッテリー上がり救援サービス

徳島県のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

徳島県内自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。徳島県のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

徳島県内のバッテリー上がり救援サービスは「徳島市、鳴門市、阿南市、美馬市」を拠点として巡回しておりますが、徳島県での営業拠点と対応エリアは随時拡大中です。徳島県にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で、徳島県内の現地に緊急出張します。

徳島県でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

ベンツ・BMWなどの外車や24V仕様の車両、大型トラックやバス、オートバイ、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がり救援もお任せ下さい!

徳島県でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
徳島県対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

徳島県のバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応情報

徳島県内のバッテリー上がり救援や出張バッテリー交換対応エリアと対応事例のご紹介。

徳島県のバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応エリア

徳島県のバッテリー上がり対応情報
  • 【あ】阿南市/阿波市/板野郡-藍住町・板野町・上板町・北島町・松茂町
  • 【か】小松島市/海部郡-海陽町・美波町・牟岐町/勝浦郡-勝浦町・上勝町
  • 【た】徳島市
  • 【な】鳴門市/那賀郡-那賀町
  • 【ま】美馬市/三好市/名西郡-石井町・神山町/名東郡-佐那河内村/美馬郡-つるぎ町/三好郡-東みよし町
  • 【や】吉野川市

※徳島県内の上記および周辺地域のバッテリー上がり・出張バッテリー交換に緊急対応。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

メーターパネルの充電警告灯が点灯したら

メーターパネルの充電警告灯が点灯したら

車のメーターパネルに表示される警告灯は、ドライバーに何らかの異常が発生していることを伝えてくれます。その中には充電蛍光灯がありますが、四角い枠の中に+と-が描かれているマークです。バッテリーの異常やバッテリーへの充電系統(オルタネーター、ベルトなど)に異常が起きている時に点灯します。

突然警告灯が点灯すると驚いてしまうと思いますが、警告灯というだけあって車に危険が迫っていることを知らせてくれていますので、どの様な対処をすれば良いかを知っておく必要があります。

充電警告灯が点灯した状態でそのまま走行を続けてしまうと、エンジンが停止してパワーステアリングやブレーキのアシストがなくなって、ハンドルが重くなったり、ブレーキが効き難く感じる場合があります。突然その様な状態になると、何が起きたか分からずパニックになる場合もあり、事故につながる危険性も高くなります。

もし、充電警告灯が点灯した場合は、速やかに安全な場所に移動して、車を停車する必要がありますが、前述した様にエンジンが停止して、ハンドル操作とブレーキに違和感が生じながらの惰性の走行になりますので、落ち着いて安全な場所に移動してください。もし、路肩に避難して停車できた場合は、安全措置を行ってからロードサービスにご連絡ください。

警告灯以外でもバッテリーの異常が分かる

充電警告灯は、バッテリーや充電系のトラブルで点灯しますが、緊急性が高い場合があります。運転中に何か違和感を感じた場合は、バッテリー上がりが起きているかも知れませんが、バッテリー上がりは充電警告灯が点灯する前にも知ることができます。

バッテリー上がりになる様な覚えがあるか?

バッテリー上がりは、うっかりミスなどの些細なことが原因で起こる場合もあります。例えばヘッドライトや室内灯の消し忘れです。エンジンを停止した後でヘッドライトや室内用を消し忘れてしまうと、バッテリーの電力が消費され続けてしまいます。

また、エアコンなどの電力を多く必要とする電装品を使い過ぎると、バッテリー上がりになるケースもあります。電力を多く使用する電装品は、使用しなくても良い時には使用を控えた方が良いでしょう。

車を運転する機会が少ないという場合も、バッテリー上がりの原因になります。バッテリーはエンジンが動いている時に充電されますので、車を運転しないで放置してしまうと放電する状態だけが続いてしまい、バッテリー上がりを引き起こす原因になります。そのため、週に1度くらいは30分以上は車を運転する様にした方が良いでしょう。

バッテリー上がりが近づいている症状

バッテリー上がりは、エンジンがかからないことで分かることが多いです。エンジンがかかる前には、セルモーターが回転して始動する仕組みになっています。セルモーターは、バッテリーに蓄えられている電力を使用しますが、バッテリー上がり状態になっていると、セルモーターが回らずエンジンがかからなくなってしまいます。

バッテリー上がりが近づいてくると、「エンジンがかからない、エンジンがかかり難い」以外にライトが暗くなったり、パワーウィンドウなどの電装品の動きが悪くなるなどの症状が現れます。この様な場合には、バッテリーの交換時期が近づいている可能性が高いです。


お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→