徳島市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 徳島県 > 徳島市

徳島市でのバッテリー上がり救援サービス

徳島市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

徳島市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。徳島市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

徳島市にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

徳島市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

徳島市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
徳島市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

徳島市でのバッテリー上がり対応情報

徳島市にてバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

徳島市-多度津町・琴平町・まんのう町でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

徳島市でのバッテリー出張交換にも対応

参考情報:徳島市の警察署・市役所の連絡先

  • 徳島中央警察署:徳島市中洲町1丁目18-2「TEL:088-624-0110」
  • 徳島名西警察署:徳島市庄町3丁目5「TEL:088-632-0110」
  • 徳島市役所:徳島市幸町2丁目5番地「TEL:088-621-5111」

徳島市でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

徳島市でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

徳島市八万町:ジャンピング後にバッテリー交換が必要か様子見

出張場所:徳島市八万町にお住いのお客様ご自宅

車  種:スズキ ソリオ

コメント:エンジンがかかりそうだったのですが、何回もエンジン始動操作を試していたのでバッテリー上がりになってしまったみたいです。3年以上は使ってるバッテリーなので、もしかしたらバッテリー交換をしなければいけないかも知れません。

今日は寒いからエンジンがかかり難かったのかも知れませんので、ジャンピングスタートという方法で、一度エンジンをかけてもらってから様子を見てみたいと思いました。

もし、バッテリー交換が必要になった場合は、通信販売でバッテリーを探して購入してみることにします。バッテリー交換の方法を調べてみましたら、何となく自分でもできそうだと思いました。しかし、バッテリー交換中に手順を間違えると大変なことになりそうなので、少し怖い気がしますけど・・・。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

充電警告灯が点灯した時の問題

充電警告灯が点灯した時の問題

電圧が下がっている状態になると、メーターパネルの充電警告灯が点灯します。電圧が下がる原因は様々ですが、バッテリーの電圧が基準値より低下すると、充電警告灯が点灯する仕組みになっています。

車のエンジンは、電気で火花を出すことで爆発を繰り返して動力を生み出しています。電圧が低下して十分な火花が出なくなってしまうと、エンジンが止まってしまうため、メーターパネルの充電警告灯でも知らせてくれます。

バッテリーが寿命で充電警告灯が点灯したのであれば、バッテリーを交換することで復旧できますが、バッテリーの寿命以外の原因で充電警告灯が点灯することもあります。

バッテリーの寿命

バッテリーが寿命を迎えると電圧が低下してきますが、経年劣化によって電極やバッテリー液が劣化して、十分な電力を蓄えられなくなってしまいます。スマホやノートパソコンのバッテリーに例えると、新品の内は電池の持ちが良いですが、長く使っていると充電の減り具合が早くなるのと同じ様なことです。

オルタネーターの故障

エンジンが動いている時にバッテリーは充電されていますが、充電するための電気はオルタネーターによって発電されています。オルタネーターにはコイルが使われていますが、そのコイルが回転することによって発電しています。

コイルも時が経つにつれて劣化しますので、断線などによって故障してしまうことがあります。オルタネーターが故障すれば発電されなくなってしまいますので、バッテリーも充電されなくなります。充電警告灯が走行中に突然点灯した場合は、オルタネーターが故障した可能性が高いです。

ファンベルト切れ

ファンベルトは、エンジンの回転をオルタネーターやウォーターポンプ、エアコンコンプレッサーなどに伝える役割をしています。ファンベルトも経年劣化するものですので、切れたり外れたりしてしまうと、エンジンの回転をオルタネーターに伝えられなくなるため発電できなくなってしまいます。

ファンベルトは劣化してくると、エンジンが動いている時に「キュルキュル」と聞こえることがあります。結構高い音で耳障りな大きな音ですが、この音が鳴りだした時は、ファンベルトが劣化して亀裂などが入ったと考え、切れてしまう前にファンベルトを交換した方が良いでしょう。

その他

バッテリーの寿命、オルタネーターの故障、ファンベルト切れは、充電警告灯が点灯する主な原因ですが、これら以外にもヒューズ切れ、電気配線の断線やショートなど、電気系統に問題が発生した時などにも点灯します。特に電装品を追加するために配線に手を加えた後は、電気系統のトラブルが起こることがあります。

バッテリー交換は、バッテリーの取り扱いや手順を間違わなければ、ご自分でもその場で行うことが可能ですが、オルターネーターやファンベルト、配線関係のトラブルが考えられる場合は、下手に触らずに整備工場で修理を行った方が良いでしょう。

お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→