足立区でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 東京都 > 足立区

足立区でのバッテリー上がり救援サービス

足立区でのバッテリー上がり・出張バッテリー交換
足立区のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

足立区自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。足立区のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

綾瀬/西新井/竹の塚/千住/入谷/梅島など、足立区にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

足立区でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

足立区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
足立区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

足立区でのバッテリー上がり対応情報

足立区にてバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

足立区でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

足立区でのバッテリー出張交換にも対応

参考情報:足立区の警察署・区役所の連絡先

  • 竹の塚警察署:足立区保木間1丁目16-4「TEL:03-3850-0110」
  • 西新井警察署:足立区西新井栄町1丁目16-1「TEL:03-3852-0110」
  • 千住警察署:足立区千住1丁目38-1「TEL:03-3879-0110」
  • 綾瀬警察署:足立区谷中4-1-24「TEL:03-3620-0110」
  • 足立区役所:足立区中央本町一丁目17番1号「TEL:03-3880-5111」

足立区でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

綾瀬/西新井/竹の塚/千住/入谷/梅島など、足立区でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

足立区千住旭町:店舗の立体駐車場にてバッテリー上がり対応

出張場所:ルミネ北千住の駐車場

車  種:スバル フォレスター

コメント:今のバッテリーは3年以上使っていると思いますが、家を出る時にエンジンをかけた時は、特にエンジンがかかり難いとかいう症状は全くなかったと思います。買い物から戻り、車に乗りこんでエンジンをかけようとしたら、カチカチと音はするのですがエンジンがかかりませんでした。

原因は分かりませんがバッテリー上がりであることを信じて、バッテリー上がり救援のサービスを利用することにしました。帰りは寄り道しないで家まで帰る予定で、来週の週末までは車を使う予定はないので、その間にバッテリーを通信販売で購入して、自分でバッテリーを交換しようと思っています。

エンジンがかかればなんとかなりますので、ジャンピングでエンジンを始動してください。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

真夏もバッテリー上がりに注意

真夏もバッテリー上がりに注意

車のバッテリーにとって真夏は過酷な季節です。カーショップやガソリンスタンドなどでも、夏場のバッテリー点検を薦められるケースは多くなります。突然のバッテリー上がりでエンジンがかからなくなる事態は、できれば避けたいトラブルですので、なぜ真夏がバッテリーにとって過酷なのかを理解しておくことも大事です。

夏場はバッテリーの劣化速度が速くなる

夏場は常に電力を多く消費するエアコンを効かせる状態が続きますので、バッテリーに蓄えられた電気の使用量も増えます。
エアコンの冷媒を回すコンプレッサーは、エンジンからの動力で動く車が多いですが、空気を冷媒に当てて冷たい風にして、その冷たくなった風を室内に運ぶ役目をファンが行っています。そのファンは電力で動いていますので、他の季節と比べるとバッテリーの負担も大きくなります。

車のバッテリーには、一般的に鉛蓄電器が搭載されていますが、寒い環境下では電解液の活性が悪くなりますので、エンジンを始動してからバッテリー自体が温まるまで本来の性能が発揮されません。逆に真夏の様に暑い環境下では、電解液の活性が活発になり過ぎて自己放電が進みやすくなります。

最近のバッテリーは、性能や耐久性が向上していますが、基本的な構造は以前と同じですので、使用環境や状況で劣化は進んでしまいます。バッテリーは寒過ぎても暑過ぎても本来の性能を発揮できなくなってしまいますが、真夏のエンジンルームの中はかなりの高温になってしまいますので、バッテリーに負担がかかり劣化する速度も速くなってしまいます。

初めての車検を迎えた頃からが要注意

新車で購入した頃はバッテリーの劣化などは、もちろん考えないと思います。しかし、バッテリーの一般的な寿命は2~3年と言われておりますので、新車購入後に3年経ってからの初回の車検を迎えた頃からは、バッテリーの状態に気を配り、簡単なメンテナンスは定期的に行うことをお勧めします。

バッテリー上がりすると性能が低下

バッテリー上がりでエンジンがかからなくなった場合、ジャンピングや充電を行えば復旧してエンジンもかかり、その後もバッテリー上がりしたバッテリーを使い続けることはできます。但し、バッテリー上がりを起こすと電極が傷んでしまいますので性能が低下してしまい、本来の寿命も縮めてしまうことになります。

バッテリー上がりを起こした場合、ブースターケーブルを他の車のバッテリーにつないでジャンピングスタートすることもできます。しかし、手順は間違っていなくてもエンジンが始動できないケースもあります。この様な場合には、ブースターケーブルが細くて十分な電流が流れないこともありますので、もし車にブースターケーブルを常備しておく場合には、十分な太さのものを用意しておいた方が良いでしょう。


真夏はバッテリー上がり以外にも、暑さによる劣化でタイヤがパンクしたり、ワイパーゴムの劣化によるひび割れ、車内に置いたままにしておいたペットボトルが爆発など、気温の上昇や強い日差しによる様々なトラブルが発生します。暑さでバテやすくなるのは人間も車も同じですので、暑さによるトラブルを未然に防ぐためにも、バッテリー点検も含め、車のメンテナンスはしっかりと行うことをお勧めします。

お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→