東京都でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 東京都

東京都でのバッテリー上がり救援サービス

東京都のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

東京都内自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。東京都のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

東京都内のバッテリー上がり救援サービスは「世田谷、北区、練馬、葛飾、台東、板橋、小金井、昭島、江戸川、町田、豊島、調布、日野、八王子、大田、杉並区」を拠点として巡回しておりますが、東京都での営業拠点と対応エリアは随時拡大中です。東京都にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で、東京都内の現地に緊急出張します。

東京都でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

ベンツ・BMWなどの外車や24V仕様の車両、大型トラックやバス、オートバイ、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がり救援もお任せ下さい!

東京都のバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応情報

東京都内のバッテリー上がり救援や出張バッテリー交換対応エリアと対応事例のご紹介。

東京都のバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応エリア

東京都のバッテリー上がり対応情報

※東京都内の上記および周辺地域のバッテリー上がり・出張バッテリー交換に緊急対応。

東京都でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

東京都でのバッテリー出張交換にも対応

出張場所:東京都大田区

車  種:ホンダ N-BOX(平成23年式)

トラブル:コンビニ駐車場でバッテリー上がり(バッテリー交換)

コメント:バッテリーが弱っている症状は出ていたのですが、「もうちょっと頑張って!」と期待しながら3日くらい経ちました。先程ガソリンスタンドで給油した時もエンジンがなかなかかからず、スタンドの店員さんがスタンドの車とケーブルをつないでジャンピングでエンジンをかけてもらいました。

店員さんにはバッテリー交換を勧められましたが、スタンドでバッテリー交換すると価格が高そうでしたので、そのスタンドではバッテリー交換まではしませんでした。店員さんには「30分以上は走って充電した方が良いですよ!」と言われたのですが・・・。

カーショップでバッテリー交換しようと思い、そのままカーショップに向かっていたのですが、途中でコンビニに寄って駐車した時にエンジンをかけたままでは不用心と思い、エンジンを止めてしまいました。15分くらいは走ってきたので大丈夫だとは思ったのですが、車に戻ってエンジンをかけようとしたらダメでした。

スマホでバッテリー上がりを助けてくれるところがないか探したのですが、出張でバッテリー交換もしてくれることが分かりお願いすることにしました。電話でバッテリー交換をお願いした時に「発電系の不具合かもしれない」と助言をいただきましたが、今使っているバッテリーが古いのでバッテリー交換を申し込みました。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

車のバッテリー交換時期

バッテリーの寿命

車のバッテリーの寿命は一般的に2~3年ですが、車の使用状況やバッテリーの性能によっても左右されます。車の使い方が短距離中心であれば、十分にバッテリーが充電されませんので、バッテリーの衰えというよりも電力不足の可能性もあります。また、電装品を追加すると電力の消費も増えますので、寿命を縮めることにもなります。また、気温の低い季節や地域の場合は、バッテリーにとっては厳しい条件になります。

これらの理由で、期間だけでバッテリーの寿命を判断するのは難しいですが、数値的に判断する場合はバッテリーの「液量・電圧・比重」を測定して判断するのが一般的です。

メンテナンスフリータイプのバッテリーもありますが、バッテリー液の減りが早くなってきた場合は注意が必要です。電圧や比重をチェックするためには、専用の測定器が必要になりますが、ガソリンスタンドや整備工場に頼めば測定してくれます。但し、少しでも数値が低めであれば、新しいバッテリーへのバッテリー交換を勧められることも少なくありません。基本的に「バッテリーが弱っているかな?」と感じている時に電圧や比重を測定すれば、あまり良い数値は測定できないと思います。

バッテリー交換時期の判断

エンジンをかけない状態でしばらくライト類を消し忘れていたり、しばらく車を使っていなかった場合などは、通常通りに走行していれば、バッテリーが充電されて解決することも多いです。しかし、バッテリーに負担をかけていないのにエンジンがかかりにくくなった場合は、交換時期と判断して良いでしょう。

バッテリー交換や新車で購入してから1年未満でバッテリーの衰えを感じた場合は、バッテリー以外のオルタネーターやスパークプラグなど、他の箇所に不具合が起きている可能性があります。バッテリーを交換する判断としては、

・バッテリーを交換または新車で購入してから3年以上経過
・整備や日常点検はきちんと行っている
・いつもと同じように車を使っているのにエンジンがかかりにくい

などの条件に当てはまる場合は、バッテリーの交換を考えた方が良いでしょう。基本的に「エンジンのかかり・パワーウィンドウの動作・アイドリング時のライトの明暗」などで、電力不足を感じた場合はバッテリーの性能低下を疑った方が良いでしょう。

お勧めのバッテリー交換時期

日本には四季がありますので、バッテリーに負担がかかりやすい時期があります。負担がかかりやすいのは「冬の気温が低い朝方」と「エアコンフル稼働の真夏の夜間」です。バッテリーの性能は気温に影響されますので、冷え込んだ朝方はエンジンがかかりにくくなることが多いです。バッテリー上がりが心配であれば、冬になる直前の時期にバッテリーを交換しておくと良いでしょう。

また、夏の必需品であるエアコンは非常に電力を消費します。夜になればライト類も電力を消費しますので、バッテリーにとっては非常に過酷な状態が続きます。弱っているバッテリーであれば、充電量よりも消費量が上回ってしまい走行中でもバッテリーが上がることがあります。

夏はレジャーの行き帰りやお盆の帰省などで渋滞にも巻き込まれやすいですので、夏になる前の時期に新しいバッテリーに交換しておくこともバッテリー上がりの予防につながります。

これらのようにバッテリーを交換するのであれば、もう交換時期と割り切って本格的な冬や夏になる前にバッテリー交換を検討されると良いでしょう。

東京都でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
東京都対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

バッテリー上がりの概要説明はこちら→