千代田区でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 東京都 > 千代田区

千代田区でのバッテリー上がり救援サービス

千代田区でのバッテリー上がり・出張バッテリー交換
千代田区のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

千代田区自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。千代田区のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

大手町・飯田橋・神田・神保町・丸の内・麹町・霞が関・有楽町・九段などの千代田区にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

千代田区でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

ベンツ・BMWなどの外車や24V仕様の車両、大型トラックやバス、オートバイ、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がり救援もお任せ下さい!

千代田区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
千代田区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

千代田区のバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応情報

千代田区内のバッテリー上がり救援や出張バッテリー交換対応エリアと対応事例のご紹介。

千代田区のバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応エリア

千代田区のバッテリー上がり対応情報
  • 【あ】飯田橋/一番/岩本/内神田/内幸/大手町
  • 【か】鍛冶/霞が関/神田/紀尾井/北の丸公園/九段北/九段南/皇居外苑/麹町/五番
  • 【さ】猿楽/三番/外神田
  • 【た】千代田
  • 【な】永田町/西神田/二番
  • 【は】隼町/東神田/一ツ橋/日比谷公園/平河/富士見
  • 【ま】丸の内/三崎
  • 【や】有楽町/四番
  • 【ら】六番

※千代田区内の上記および周辺地域のバッテリー上がり・出張バッテリー交換に緊急対応。

千代田区の各施設や観光地の周辺地域にもスピード対応します!

  • 東京駅/有楽町/東京国際フォーラム/靖国神社/丸の内/三菱一号館美術館/新丸ビル/皇居外苑/皇居東御苑(旧江戸城本丸跡)/国会議事堂/神田古書店街/丸ビル/相田みつを美術館
  • 神田明神/国立劇場/日枝神社/東京国立近代美術館/東京宝塚劇場/二の丸庭園/日本武道館/出光美術館/東京大神宮/東京復活大聖堂(ニコライ堂)/インターメディアテク/二重橋
  • 国立国会図書館/聖橋/神保町本屋街/昭和館/東京国立近代美術館工芸館/三の丸尚蔵館/科学技術館/逓信総合博物館/皇居ランニングコース/外桜田門/日生劇場/有楽町マリオン
  • シアタークリエ/日比谷シャンテ/憲政記念館/京葉ストリート/錯覚美術館/平将門の首塚/鳥ケ淵戦没者墓苑/築土神社/千秋文庫/国立演芸場/国立公文書館/ニューオータニ美術館
  • 気象科学館/日本カメラ博物館/日比谷公会堂/平河天満宮/国会記者会館/南町奉行所跡/警視庁本部/千鳥ケ淵公園/日比谷公園・・・他

千代田区内の駅周辺や沿線地域での出張バッテリー上がり救援もお任せください!

  • 東京/飯田橋/秋葉原/大手町/市ケ谷/四ツ谷/神田/九段下/永田町/日比谷/霞ケ関/有楽町駅
  • 御茶ノ水/神保町/国会議事堂前/溜池山王/岩本町/新御茶ノ水/末広町/淡路町/内幸町駅
  • 桜田門/竹橋/二重橋前/小川町/麹町/半蔵門駅

参考情報:千代田区の警察署・区役所の連絡先

  • 麹町警察署:千代田区麹町1丁目4「TEL: 03-3234-0110」
  • 神田警察署:千代田区神田錦町3丁目10「TEL: 03-3295-0110」
  • 丸の内警察署:千代田区丸の内3丁目8-1「TEL: 03-3213-0110」
  • 万世橋警察署:千代田区外神田1丁目16-5「TEL: 03-3257-0110」
  • 千代田区役所:千代田区九段南1-2-1「TEL: 03-3264-2111」

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

走行中に突然エンジンが停止してエンジンがかからなくなったら・・

バッテリー上がりトピックス

ライトやルームランプの消し忘れや1ヶ月程放置によるバッテリー上がりは、ジャンビングでエンジン始動後に走行する事で、バッテリーが復旧できることがほとんどです。

しかし、走行中に突然エンジンが停止して、セルは正常に作動してエンジンがかからない場合などは、エンジンや電気系の故障の疑いがありますので、レッカー手配が必要になります。

バッテリーのメンテナンス

バッテリーのメンテナンス・状態確認は、バッテリー内の電解液の量をチェックして下さい。バッテリーの側面のUPPERとLOWERの間に液面があれば正常です。(バッテリーの搭載位置や保護ケース等で、電解液量、液面が見にくい車が多いですが・・)また、セル(電槽)毎に液面のバラツキがないかも確認します。

バッテリー内の電解液は、電気分解によって減る場合があります。また、電解液不足は極板が露出して酸化してしまい、バッテリーの劣化を促進させるばかりか、そのスペースにガスがたまり静電気発生の原因にもなり、バッテリーの破裂事故にも繋がる可能性があります。

電解液が減っていたらカー用品店等で販売されているバッテリー補充液(水道水は不純物を含んでいる為絶対にご使用にならないで下さい)を補水します。電解液の減りが多くなったら、バッテリー寿命が近いと判断できます。

バッテリーの交換時期は?

バッテリーは2年~3年位で交換することがベターです。車検でバッテリー交換はしませんので、お客様がバッテリー交換の指示を出すようにしましょう。 バッテリーは常に放電していますので、いつ上がるかわからないのが現状です。

お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→