鳥取県でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 鳥取県

鳥取県でのバッテリー上がり救援サービス

鳥取県のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

鳥取県内自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。鳥取県のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

鳥取県内のバッテリー上がり救援サービスは「鳥取市、倉吉市、米子市」を拠点として巡回しておりますが、鳥取県での営業拠点と対応エリアは随時拡大中です。鳥取県にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で、鳥取県内の現地に緊急出張します。

鳥取県でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

ベンツ・BMWなどの外車や24V仕様の車両、大型トラックやバス、オートバイ、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がり救援もお任せ下さい!

鳥取県のバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応情報

鳥取県内のバッテリー上がり救援や出張バッテリー交換対応エリアと対応事例のご紹介。

鳥取県のバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応エリア

鳥取県のバッテリー上がり対応情報
  • 【あ】岩美郡-岩美町
  • 【か】倉吉市
  • 【さ】境港市/西伯郡-大山町・南部町・伯耆・日吉津村
  • 【た】鳥取市/東伯郡-琴浦町・北栄町・三朝町・湯梨浜町
  • 【は】日野郡-江府町・日南町・日野町
  • 【や】米子市/八頭郡-智頭町・八頭町・若桜町

※鳥取県内の上記および周辺地域のバッテリー上がり・出張バッテリー交換に緊急対応。

鳥取県でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

鳥取県でのバッテリー出張交換にも対応

出張場所:鳥取県倉吉市|お客様がお住まいのマンション駐車場

車  種:トヨタ エスティマ

トラブル:バッテリーの寿命でバッテリー上がりなったが、エンジンがかかりにくかったり、パワーウィンドウの動きが重々しくなったり、事前に交換時期を知らせる症状が現れていたので、出張バッテリー交換を注文していただきました。

コメント:車はほとんど週末にしか乗りませんが、この前の休日に買い物に出かけようとしたら、バッテリーが弱っていてエンジンがかかり難かったのを覚えています。パワーウインドウの動きも重々しかったので「そろそろバッテリー交換が必要かな?」と思っていました。

バッテリーは新しいものと交換しようと思っていましたが、バッテリーのジャンピングでエンジンをかけてもらうよりも、バッテリーの出張交換サービスを利用した方が良いと思い申し込みました。バッテリーは、今までと同じ「80B24L」でお願いします。

出張場所:鳥取県東伯郡琴浦町|お客様ご自宅の駐車スペース

車  種:ホンダ N BOXカスタム

トラブル:1ヶ月ほど車を放置してしまい、バッテリー上がりでエンジンが始動できない。

コメント:病院に1ヶ月ほど入院していたのですが、その期間一度もエンジンをかけたことがありませんでした。長い間車を放置してしまうと、バッテリー上がりになってしまうことは知っていましたが、退院できたので家に帰ってから試しに車のエンジンをかけてみました。

エンジンがかかってくれることを願っていましたが、期待に反してバッテリー上がりでエンジンはかかりませんでした。まだ退院したばかりで体調が万全ではないので、車が使えないと困ってしまいます。それでエンジンの始動支援をしてもらうことにしました。

バッテリーはまだ2年も使っていないので、ジャンピングでエンジンがかかれば大丈夫だと思います。

※コメントは、ご注文時や作業時の会話内容などを文章化したものです。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリー寿命の判断と交換時期

バッテリーの寿命

車の故障で一番件数が多いのは、バッテリー上がりと言われています。バッテリー上がり以外の故障は、「鍵のインロック・事故・脱輪や縁石乗り上げ・ガス欠・パンクやタイヤ交換」などですが、日頃の点検や整備で防げるトラブルや対処できるものもあります。

そのため、自分でバッテリーの寿命を見極めたり、適切な時期にバッテリー交換できるようになれば、バッテリー上がりなどの車の故障で困ることを防ぐこともできます。

バッテリーの寿命

バッテリーの寿命を適切に判断する時は、「液量・比重・電圧」などをチェックして判断するのが一般的です。バッテリー液を補充する必要のないメンテナンスフリーのバッテリーもありますが、バッテリー液を補充するペースが短くなってきた場合は寿命が近いと判断できます。

比重や電圧のチェックは、専用の測定器が必要になります。測定器を持っていない場合は、スタンドやカーショップ、整備工場などでチェックしてもらうこともできますが、チェックした後にバッテリー交換を勧められることも多いと思います。

一般的にエンジンのかかり方がいつもより「時間がかかる・弱々しい」と感じた場合は、バッテリーの寿命が迫っていると判断できます。但し、暫く車のエンジンをかけず運転していなかったり、ライト類や電装品を消し忘れた場合など、明らかにバッテリーの電力を消費してしまった場合は、エンジンを始動できたら暫く通常通り車の運転をしてバッテリーを走行充電することでバッテリーが弱った状態は解決します。

一方、バッテリーに負担をかけていないのにエンジンのかかりが悪くなった場合は、経年劣化によるバッテリーの交換時期と判断して良いでしょう。

エンジンのかかりが悪い時は、バッテリー以外が故障していることもあります。バッテリーの寿命は車の使い方に左右されますが、2~3年が寿命と言われています。もし、新車購入や新しいバッテリーに交換してから1年以内にエンジンのかかりが悪くなった場合は、バッテリーを充電するために働いているオルタネーターやスパークプラグの不具合を疑う必要があります。

バッテリー交換にお勧めの時期

「気温が低い時期」と「エアコンフル稼働時の雨の夜の渋滞」は、電力消費が多くなるためバッテリーに負担がかかります。車両によって寒冷地仕様のバッテリーがあるように、バッテリーの性能は気温によって左右され、気温が低いとバッテリーの性能も低下してしまいます。

また、エアコンをフル稼働する真夏の暑い時期もバッテリーに負担がかかります。特に真夏で雨の夜の渋滞道路を走る時は「エアコン・ライト・ワイパー・ブレーキ」など、渋滞で十分な充電が行えない状態でバッテリーには相当な負担がかかります。

これらの理由により、本格的な「夏前」と「冬前」がバッテリー交換にお勧めの時期と言えます。

鳥取県でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
鳥取県対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

バッテリー上がりの概要説明はこちら→