甲斐市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 山梨県 > 甲斐市

甲斐市でのバッテリー上がり救援サービス

甲斐市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

甲斐市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。甲斐市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

竜王/西八幡/岩森/宇津谷/篠原/下今井/島上条/玉川/中下条/龍地/富竹新田/大下条/牛句/大垈/志田/長塚/團子新居/双葉サービスエリア/安寺竜王スポーツセンター/釜無川スポーツ公園/釜無川レクリエーションセンターなどの甲斐市全域および甲斐市の周辺地域にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

甲斐市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

ベンツ・BMWなどの外車や24V仕様の車両、大型トラックやバス、オートバイ、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がり救援もお任せ下さい!

甲斐市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
甲斐市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

甲斐市のバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応情報

甲斐市内のバッテリー上がり救援や出張バッテリー交換対応エリアと対応事例のご紹介。

甲斐市のバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応エリア

甲斐市のバッテリー上がり対応情報
  • 【あ】宇津谷/岩森/大垈/漆戸/大久保/牛句/安寺/打返/大下条
  • 【か】上福沢/吉沢/上芦沢/神戸/上菅口/亀沢
  • 【さ】島上条/下菅口/菖蒲澤/千田/境/獅子平/下今井/志田/篠原/下芦沢/下福沢
  • 【た】天狗沢/玉川/富竹新田/團子新居
  • 【な】中下条/長塚/名取/西八幡
  • 【ま】万才
  • 【ら】竜王/龍地/竜王新

※甲斐市内の上記および周辺地域のバッテリー上がり・出張バッテリー交換に緊急対応。

甲斐市の各施設や観光地の周辺地域にもスピード対応します!

  • 甲斐市敷島総合文化会館/甲斐市双葉ふれあい文化館/甲斐市役所/釜無川スポーツ公園/甲斐市竜王図書館/双葉図書館/敷島カントリー倶楽部/昇仙峡カントリークラブ/双葉ふれあい文化館ホール
  • ふたば造形山田美術館/竜王歴史民俗資料館/双葉歴史民俗資料館/甲斐ヒルズカントリー倶楽部/玉幡公園/中下条公園テニスコート/甲斐市竜王ふれあい館/神明温泉志麻の湯/竜王武道館
  • 釜無川レクリエーションセンター/敷島B&G海洋センター/双葉サービスエリア/双葉スポーツ公園/敷島総合公園/敷島体育館/竜王スポーツセンター/サントリー登美の丘ワイナリー
  • 竜王南部公園運動場/双葉体育館/玉幡体育館/敷島図書館/玉幡公園総合屋内プールKai・遊・パーク/赤坂台総合公園ドラゴンパーク/神明温泉「志麻の湯」/竜王ゴルフ練習場
  • 湯めみの丘スポーツランド/信玄堤公園/甲斐市自然休養村/ダイトースターレーン双葉/ラザウォーク甲斐双葉/シャトレーゼローマンガラス美術館/竜王ラドン温泉「湯~とぴあ」・・・他

甲斐市の駅周辺や沿線地域での出張バッテリー上がり救援もお任せください!

  • 竜王駅/塩崎駅

参考情報:甲斐市の警察署・市役所の連絡先

  • 韮崎警察署(管轄):韮崎市本町三丁目5の10「TEL:0551-22-0110」
  • 甲斐市役所:甲斐市篠原2610番地「TEL:055-276-2111」

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリー上がりの主な原因と予防

甲斐市(バッテリー上がりトピックス)

自動車のバッテリー上がりの原因で多いのは、人為的なケアレスミスです。例えば、スモールライトやルームランプの消し忘れ。半ドアによるルームランプの長時間点灯などで、気付いた時にはバッテリーが上がってしまいエンジンがかからない・・・というものです。

また、長い間自動車のエンジンをかけて走らないことで、バッテリーが自然放電してしまって、充電切れを起こしてしまったり、車両側の充電装置の故障や充電不足が原因の場合もあります。

バッテリー上がりが起きた時に、ジャンピングでエンジンをかけた後に30分程走って充電したり充電器で充電して、それ以降もバッテリーを使い続けることができるケースもあれば、バッテリーの劣化や寿命でバッテリ-交換が必要になる場合もあります。車両側の充電装置が故障している場合は、車両の修理が必要になります。

バッテリー上がりを予防するには、バッテーリ上がりの原因で多いケアレスミスを防ぐのが一番の早道です。スモールランプやルームライトなどのライト類や、オーディオをちゃんと消したかを常に確認する習慣を身に付けるだけでも、かなりバッテリー上がり予防の効果があります。

その他、普段自動車に乗っていて、バッテリー上がりにつながる様な、
●エンジンのかかりが悪くなった。
●ヘッドライトが暗くなって来たり、時々暗くなる。
●ヘッドライトがウィンカーの点滅に同期して暗くなる。
●パワーウィンドウの動作が重々しい。

など、バッテリーが弱ってきた時に出る症状に気を付けておくことも大切です。また、バッテリーは使い方や使用環境によって寿命が左右されます。寿命が短くならない様にメンテナンスをきちんとすることが大切です。長期間自動車を使用しない時は、バッテリーの端子を外しておくと自然放電によるバッテリー上がり防止になります。

バッテリーの寿命

経年劣化によるバッテリーの寿命でバッテリー上がりになり、エンジンがかからなくなることもあります。バッテリーの寿命は2~3年が目安となりますが、寿命が近づいたり寿命が尽きてしまうと、十分に充電することができなくなってしまうためバッテリー上がり状態になります。

エンジンのかかりが悪い、窓の開閉速度が遅い、アイドリング時にライトが暗くなるなどの症状が現れた場合は、バッテリーの寿命が近づいている恐れがあります。バッテリー上がりにならないためには、寿命が近づいている症状が出ていない場合でも、3年以上バッテリーを交換していないのであれば、寿命が近づいている可能性が高いため、バッテリー交換しておく安全策もあります。

お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→