山中湖村でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 山梨県 > 南都留郡山中湖村

山中湖村でのバッテリー上がり救援サービス

山中湖村でのバッテリー上がり・出張バッテリー交換
山中湖村のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

山中湖村のバッテリー上がり出張救援ロードサービスの情報です。バッテリー上がりが原因で、自動車やバイク、トラックやバスなどのエンジンがかからない時は、生活トラブルSOSロードサービス24時間対応で現場に駆けつけます。

バッテリー上がりは、ジャンピング作業でエンジンを始動しますが、交換が必要な経年劣化したバッテリーは、出張バッテリー交換のご利用も可能です。

当社は女性でも安心して利用できるサービス体制が自慢です。料金も電話見積りの際に全て込みの総額料金でご案内しますので安心してご利用ください。

山中湖村にてバッテリー上がりでエンジンがかからないトラブルでお困りの際は、お気軽にご相談ください。

山中湖村でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
山中湖村対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

山中湖村のバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

ベンツ・BMWなどの外車や24V仕様の車両、大型トラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がり救援もお任せください!

山中湖村のバッテリー上がり対応情報

山中湖村にてバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

山中湖村のバッテリー上がり救援対応エリア

山中湖村のバッテリー上がり対応情報
  • 山中/平野

※山中湖村内の上記および周辺地域のバッテリー上がり・出張バッテリー交換に緊急対応。

山中湖村の各施設や観光地の周辺地域にもスピード対応します!

  • 山中湖/山中湖キャンプ/長池親水公園/エクシブ山中湖/山中湖村役場/山中湖文学の森公園/湖山荘キャンプ場/山中湖村立中央公民館/山中湖村公民館/山中湖スポーツセンター
  • 三島由紀夫文学館/湖明荘マリーナ/山中湖村プール併用村民体育館/山中のハリモミ純林/紅富士の湯/石割の湯/花の都公園/ふれあい乗馬楽園クローバー牧場/山中湖情報創造館
  • 山中湖オートキャンプ場/富士と湖の宿多賀扇/山中湖ドッグリゾートワフ/山中湖秀山荘/山中湖花の都公園/山中湖ヴィラ季節風/山中湖交流プラザきらら/山中湖ハクタカマリン
  • 山中諏訪神社/山中湖温泉-紅冨士の湯/山中湖平野温泉-石割の湯/ホテル山水荘/山中湖テディベアワールドミュージアム/ホテルマウント富士/旭日丘湖畔緑地公園
  • 天使の森エンジェルミュージアム/小田急山中湖フォレストコテージ/フジヤマバザール/フレッシュミルクYAMANAKA/山中湖レークサイドボウル・・・他

参考情報:山中湖村の警察署・役場の連絡先

  • 富士吉田警察署-山中湖警察官駐在所:南都留郡山中湖村平野506-296「TEL:0555-62-2431」
  • 山中湖村役場:南都留郡山中湖村山中237-1「TEL:0555-62-1111」

山中湖村でのバッテリー上がり救援対応事例

山中湖村でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した一部の事例のご紹介です。

山中湖村山中:気温による性能低下と思えるバッテリー上がり

  • 受付:2018年1月18日 11時52分、到着:2018年1月18日 12時34分
  • 出張先:山中湖湖畔の無料駐車場 車種:日産・フーガ

依頼内容:横浜から来たが山中湖へ来る道中では、バッテリーが弱っている兆候は全く感じなかった。バッテリーは3年以上は使っているものだが、そろそろ交換時期を迎えているのか? 横浜と比べると気温が極端に寒いと感じるが、気温もバッテリーの性能に影響があるみたいだが・・・。

作業内容:お客様はバッテリー交換が必要かどうか迷っている様子でした。気温によるバッテリー性能の低下がバッテリー上がりの原因の可能性もあり、次は小田原城に直行する予定とお聞きしましたので、ジャンピングスタートでエンジンを始動して様子を見ることになりました。

山中湖村平野:運転席ドアの半ドアによるバッテリー上がり

  • 受付:2019年6月21日 15時21分、到着:2019年6月21日 16時02分
  • 出張先:森の駅-旭日丘の駐車場車種:マツダ・アテンザ

依頼内容:森の駅の駐車場に車を置いて、周辺を散歩したり施設内で買い物をしていた。駐車していた時間は3時間くらいになると思うが、運転席側のドアが半ドア状態になっていたのが原因でバッテリーが上がったと思える。バッテリーは半年前に自分で交換したものなので、一時的なバッテリー上がりであれば、ロードサービスを利用してエンジンをかけてもらえれば復帰できると思った。

作業内容:日頃の車のメンテナンスは、ご自分で行っているそうで車に詳しいお客様でした。ご自宅の近くであれば友人を呼んで何とか対処できたそうですが、遠出した観光地で起こったバッテリー上がりだったため、ロードサービスをご利用いただきました。

山中湖村山中:室内灯消し忘れでバッテリー上がり

  • 受付:2020年3月25日 17時13分、到着:2020年3月25日 18時01分
  • 出張先:紅富士の湯駐車場 車種:マツダ・ビアンテ

依頼内容:午前中から来てゆっくりとお風呂に入ったり食事をしたりして休憩していたので、5時間以上は室内灯が点灯したままになっていたと思う。室内灯のスイッチを確認したが、なぜかONにしたまま車から離れてしまっていた。

作業内容:小さなお子様連れでご家族で来られていましたので、サービスカーが到着するまでは温泉施設の中でお待ちいただきました。ジャンピングスタートの立ち合いはご主人だけでしたが、無事エンジンがかかりましたので、すぐご家族を電話で呼んでいました。

山中湖村山中:保養所にてルームランプを一晩点けっ放しにしてバッテリー上がり

  • 受付:2020年8月5日 9時21分、到着:2020年8月5日 10時03分
  • 出張先:山中湖村山中の会社保養所駐車場 車種:ホンダ・フリード

依頼内容:家族で保養所に一泊して次の目的地に向かおうとしたが、車のエンジンがかからなくなっていた。昨晩の夕食後に車の中に入れてあった地図を取りに来たが、その時に点けたルームランプのスイッチを元に戻すのを忘れてバッテリーが上がってしまっていた。地図を取りに来たのは昨晩の21時くらいだったと思うので、ルームランプを点灯してから約12時間経っていたことになる。

作業内容:ルームランプのスイッチは、いつもはドアが開いた時に点灯する様に設定しているそうですが、昨晩はスイッチをONにして元に戻すのを忘れていたそうです。よくあるバッテリー上がりの原因のひとつですが、エンジンはジャンピング作業で動かすことができました。

次の目的地までは車で1時間以上かかるそうですが、車を走行してバッテリーを充電する必要があるため、途中でコンビニなどに寄る時は、エンジンを停止しない様にお願いしました。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリーの点検と上手な使い方

山中湖村(バッテリー上がりトピックス)

バッテリーは、使い方と日頃のメンテナンス次第で寿命を延ばして、長持ちさせることができます。

バッテリー液量の管理

バッテリー側面に刻印されている目盛りを確認して、バッテリー液が減っている場合は、バッテリー用補充液または精製水を補充します。液量が不足したまま使用し続けると、寿命に影響するばかりでなく、最悪の場合は爆発の原因になりますので注意が必要です。

端子部分の点検

端子部分を点検して、端子が緩んで接触不良を起こしていないか? 腐食していたり損傷していないかを確認します。腐食が進んだ状態だと、端子の周辺に白っぽい粉が付着している場合があります。また端子が緩んでいると、火花が飛んで破裂の原因にもなります。

充電状態の点検

長い間クルマ・バイクを使用していないと、自然放電でバッテリーの充電レベルが下がります。エンジンのかかりが悪い場合は、電圧を点検して充電状態を調べましょう。

車両への取付け状態の点検

バッテリーは取付金具やゴム製のバンドで、走行中にガタガタ動かない様に固定されています。取付ネジやバンドに緩みがないか調べましょう。

車両側の充電装置の点検

車両側にはジェネレーター、レギュレーターなどの充電装置があります。充電装置に不具合があると、バッテリーが充電されない為、すぐにバッテリーが上がってしまいます。充電装置を定期的に点検して、バッテリーへの充電電圧が正常かどうかを調べましょう。適正な充電電圧は車種によって異なりますが、12V仕様のバッテリーの場合は、一般的に正常な充電電圧は、13.5V~15Vくらいです。

車を長期間放置しないことも大切

長期間車を乗らない状態が続くことも、バッテリー上がりの原因になります。車には電子システムや時計機能などが装備されていますが、それらを正常に維持するためにバッテリーの電力が使われています。僅かな消費電力ですが、長期間車のエンジンをかけずに放置してしまうと、やがてバッテリー上がり状態になり、エンジンもかからなくなってしまいます。

バッテリー上がりを防ぐためには、車を長期間放置せずに適度に運転することが、バッテリー上がりの予防策になります。車はエンジンがかかっている時に発電されて、その発電された電力でバッテリーは充電されています。そのため、週1回もしくは最低でも2週間に1回は、30分もしくは1時間以上走行させた方が良いでしょう。

車のエンジンを始動する時には、セルモーターを動かす時に多くの電力を消費しています。短い距離の運転でエンジン始動を頻繁に繰り返してしまうと、エンジン始動時の電力消費を補えませんので、できるだけ長い距離を走行することも大切です。

山中湖村でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
山中湖村対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→