半田市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 愛知県 > 半田市

半田市でのバッテリー上がり救援サービス

半田市でのバッテリー上がり・出張バッテリー交換
半田市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

半田市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。半田市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短10分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

半田市全域および半田市の周辺地域にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

半田市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
半田市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

半田市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

ベンツ・BMWなどの外車や24V仕様の車両、大型トラックやバス、オートバイ、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がり救援もお任せ下さい!

半田市のバッテリー上がり救援対応情報

半田市内のバッテリー上がり救援や出張バッテリー交換対応エリアと対応事例のご紹介。

半田市のバッテリー上がり救援対応エリア

半田市のバッテリー上がり対応情報
  • 【あ】明田/旭/阿原/新居/荒古/有脇/飯森/池田/石塚/板山/一ノ草/一本木/稲穂/鵜ノ池/馬捨/枝山/榎下/大池/大高/大坪/大伝根/大松/大湯/乙川
  • 【か】欠ケ下/春日/上池/神前/神代/上定光/上浜/亀崎/鴉根/雁宿/川田/神田/勘内/北末広/北滑草/北二ツ坂/君ケ橋/協和/桐ケ丘/行人/黒石/源平/庚申/更生/小神/古浜/郷中
  • 【さ】椎ノ木/潮干/七本木/東雲/清水/昭和/新池/新川/新宮/新栄/新浜/神明/十一号地/十三塚/砂谷/州の崎/清城/相賀
  • 【た】高峯/田代/丁田/寺/天神/天王/出口/東郷/東洋/土井山
  • 【な】中午/中億田/中島/仲田/中生見/長根/滑楚/成岩/苗代/新野/西大矢知/西億田/西生見/西端/日東/祢宜/のぞみが丘
  • 【は】白山/兀山/畑合/八軒/花園/花田/浜田柊/東大矢知/東億田/東新/東天王/東生見/東浜/彦洲/日ノ出/平地馬場/広小路/深谷/福地/冨士ケ丘/船入/宝来/星崎/堀崎
  • 【ま】前潟/前田/松堀/瑞穂/三ツ池/緑ケ丘/港本/港/南大矢知/南末広/南二ツ坂/美原/宮路/宮本/御幸/妙見/向山/桃山
  • 【や】岩滑/山代/山ノ神/有楽/横川/横松上/葭谷/四方木

※半田市内の上記および周辺地域のバッテリー上がり・出張バッテリー交換に緊急対応。

半田市の各施設や観光地の周辺地域にもスピード対応します!

  • 半田市役所/半田市福祉文化会館/半田空の科学館/青山記念武道館/半田市体育館/半田市立博物館/半田福祉ふれあいプール/半田市立図書館
  • 半田市立亀崎図書館/紺屋海道/半田運河・蔵のまち/半田赤レンガ建物/國盛酒の文化館/新美南吉記念館/半田運動公園陸上競技場/半田市営半田球場
  • かみや美術館/任坊山公園/半田運動公園/新美南吉記念館/半田市鉄道資料館・・・他

半田市の駅周辺や沿線地域での出張バッテリー上がり救援もお任せください!

  • 半田/亀崎/成岩/半田口/青山/知多半田/乙川/住吉/東成岩駅

参考情報:半田市の警察署・市役所の連絡先

  • 半田警察署:半田市出口町1丁目31「TEL:0569-21-0110」
  • 半田市役所:半田市東洋町二丁目1番地「TEL:0569-21-3111」
半田市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
半田市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

アイドリングストップ車のバッテリー

半田市(バッテリー上がりトピックス)

省エネ車のハイブリット車と同様にアイドリングストップ車も増えていますが、アイドリング車は信号待ちなどのアイドリング状態になるとエンジンがストップします。この状態の時にヘッドライトが消えたり、エアコンが停止したりしませんが、発電機能も停止していますので、バッテリーの電力で動いていることになります。

アイドリングストップが機能する条件にバッテリーの状態も含まれていますが、バッテリーの充電が不足している状態では、アイドリング状態になってもエンジンはストップしません。そのため、アイドリングストップ機能が働かない場合は、バッテリーが弱っていると判断することもできます。

バッテリーの仕組みや構造

バッテリーは、合成樹脂で作られたケースの中にバッテリー液とも呼ばれる希硫酸や、正極板に二酸化鉛、負極板に海綿状の鉛などで構成されています。この正極板と負極板が希硫酸と化学反応を起こして電気が発生する仕組みですが、バッテリー外側にプラスとマイナスの端子があり、オルタネーターで発電された電気を取り込み、蓄えた電気を電装品の動力源として供給しています。

また、バッテリーの内部は6つのセルと呼ばれる層に分かれており、一般的な車用のバッテリーであれば、それぞれのセルの電圧が2Vで直列に構成されて12Vになっています。

バッテリーには開放型と密閉型に分けることができます。バッテリーは化学反応によって電気の充電と放電を繰り返していますが、充電している時には水が分解されて水素ガスが発生するため、ガスを逃がすための通気孔が必要になります。ガスとして逃げた分だけバッテリー内の液が減りますので、精製水を補充するための注入口が必要になりますが、このようなタイプのバッテリーを開放型と呼びます。

一方、密閉型のバッテリーは「メンテナンスフリー(MF)バッテリー」とも呼ばれますが、ガスの発生を抑えるため電極にカルシウム鉛合金を使用しており、自己放電も少ないという特徴があります。

セルモーターの故障

バッテリー上がり状態ではセルモーターの回転が弱々しくなったり、カチカチと音がするだけで回転しなくなったりします。セルモーターの故障は、バッテリー上がりと一番間違いやすいので注意が必要です。エンジンがかからない時に、もし可能であればバッテリーの電圧をチェックしてみてください。

エンジン停止状態での電圧の目安は12Vですが、12Vより高い電圧であればセルモーターが故障している可能性が高いです。電圧チェックが難しい場合は、ヘッドライトや室内灯の明るさ、パワーウィンドウの動作が遅くなっていないかなどで確認してみてください。

半田市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
半田市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→