名古屋市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 愛知県 > 名古屋市

名古屋市でのバッテリー上がり救援サービス

名古屋市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

名古屋市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。名古屋市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

千種区/東区/北区/西区/中村区/中区/昭和区/瑞穂区/熱田区/中川区/港区/南区/守山区/緑区/名東区/天白区など、名古屋市にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で名古屋市内全域に緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

名古屋市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

名古屋市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
名古屋市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

名古屋市でのバッテリー上がり対応情報

名古屋市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

名古屋市内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

  • 千種区|東区|北区|西区|中村区|中区|昭和区|瑞穂区|熱田区|中川区|港区|南区|守山区|緑区|名東区|天白区
名古屋市でのバッテリー出張交換にも対応

名古屋市でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

名古屋市でのバッテリー出張交換にも対応

名古屋市でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

名古屋市中川区:日産セレナの出張バッテリー交換

出張場所:名古屋市中川区:お客様ご自宅の駐車スペース

車  種:日産セレナ

コメント:明日から車に乗って家族で実家に帰省するため、しばらく車の中の掃除をしていました。暗かったのでルームランプを点けたまま掃除をしていたのですが、車内掃除用の掃除機も結構使ってしまいました。

エンジンをかけながら掃除していれば良かったのですが、バッテリー上がりでエンジンがかからなくなってしまいました。バッテリー上がりしてしまい、明日からのドライブがとても心配です。エンジンを止める時にバッテリー上がりになるかどうか心配しながらドライブするのは不安なので、バッテリーを新しいものに交換したいと思いました。

しかし、お店も閉まっているだろうし、バッテリー上がりで車を動かすこともできません。バッテリー交換についてネットを検索していたら、「出張バッテリー交換」というサービスを見つけました。すぐに自宅に来てくれて助かりました。お陰様で明日からのドライブに安心して出掛けることができます。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

夏場のバッテリー上がりの主な原因と対策

バッテリー上がりトピックス

気温が低くなり凍えるような冬場は、バッテリー液も冷たくなり極端に性能が落ちて、バッテリー上がりが起きやすい状況になります。そのため、冬場にバッテリー上がりが起きやすくなることをご存知の方も多いと思います。しかし、実際には蒸し暑い真夏にもバッテリー上がりには気を付けなければいけません。

夏場でもバッテリー上がりが起きやすくなる原因

バッテリーの性能は気温の低下によるバッテリー液の温度低下に左右されますが、夏場は気温によるバッテリー性能への影響はほとんどありません。しかし、夏場もバッテリー上がりが起きやすい季節です。夏場にもバッテリー上がりが起きやすい主な原因は、電力の使用量が多くなることが挙げられます。特に電力をたくさん必要とするエアコンを多用することで、夏場はどうしてもバッテリー上がりが起きやすくなってしまいます。

電力を大量に消費する状況

バッテリー上がりが起きやすい状況とは、充電効率が悪く過放電が起きやすい状況です。夏場はエアコンの使用で消費電力が多いのにもかかわらず、エンジンがあまり回転しない状況が起きやすいと言えます。この状況に当てはまるのが夏場の渋滞です。

夏場は行楽シーズンで海や山などへドライブしたり、お盆の帰省などで交通量が増えて渋滞が起きやすいですが、車内の温度が高くなりますのでエアコンをフルに稼働して走行することが多くなります。そして渋滞時の走行は停止している時間が長く、走れたとしてもゆっくりですのでエンジン回転数も低い状態が続くため、バッテリーの充電効率も悪くなります。

また、渋滞中はブレーキも頻繁にかけなければいけませんので、ブレーキランプもそれなりに電力を消費しています。スマホも一人一台持っていることも多く、車内でスマホを充電する機会も多くなっています。この様に夏の渋滞は、バッテリーにとって過酷な状況となり負担が多くなります。

さらに駐車中に車内が暑くなるのを防ぐために、駐車中でもアイドリング状態でエアコンをかけっ放しにする方もいらっしゃいます。駐車中のエアコン利用も渋滞時と同様で、バッテリーにはかなりの負担をかけてしまいます。

小さな子どもやペットだけが車内にいる状態で、駐車中にエアコンをかけたままにすると大変危険です。バッテリー上がりの影響などでエンジンが停止した場合、エアコンも停止して車内が蒸し風呂状態になる可能性があります。

夏のバッテリー上がり対策

夏のバッテリー上がり対策としては、エアコンの電力消費をできるだけ少なくすると効果があります。エアコンのコンプレッサーは、エンジンの出力によって空気を冷やす働きをします。その冷たくなった空気を送風ファンで車内に送り込んでいますが、送風ファンは電力で動いています。風量を弱くしてエアコンを使用すれば電力消費を抑えることができますので、バッテリー上がり対策として効果があります。

バッテリー上がりを回避するためにも、ある程度車内が冷えたらエアコンの風量を弱くして、消費電力を抑えるようにすると良いでしょう。

この様に夏のバッテリー上がりの原因としては、エアコン使用による電力の大量消費と、渋滞でエンジンの回転数が低い状態が続き、充電効率が悪くなることが重なってしまうことで「放電量 > 充電量」になることが影響しています。夏場のドライブでは、できるだけ渋滞を避け、エアコンの風量を弱めにするなどして節電に心掛けて、バッテリー上がり対策をすることが大切です。

名古屋市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
名古屋市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

バッテリー上がりの概要説明はこちら→