東海市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 愛知県 > 東海市

東海市でのバッテリー上がり救援サービス

東海市でのバッテリー上がり・出張バッテリー交換
東海市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

東海市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。東海市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短10分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

東海市全域および東海市の周辺地域にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

東海市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
東海市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

東海市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

ベンツ・BMWなどの外車や24V仕様の車両、大型トラックやバス、オートバイ、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がり救援もお任せ下さい!

東海市のバッテリー上がり救援対応情報

東海市内のバッテリー上がり救援や出張バッテリー交換対応エリアと対応事例のご紹介。

東海市のバッテリー上がり救援対応エリア

東海市のバッテリー上がり対応情報
  • 【あ】浅山/荒尾/大田
  • 【か】加木屋
  • 【さ】新宝
  • 【た】高横須賀/中央/東海
  • 【な】中ノ池/名和
  • 【は】富木島/富貴ノ台
  • 【ま】南柴田/元浜
  • 【や】養父/横須賀

※東海市内の上記および周辺地域のバッテリー上がり・出張バッテリー交換に緊急対応。

東海市の各施設や観光地の周辺地域にもスピード対応します!

  • 東海市役所/東海市立郷土資料館/東海市立文化センター/東海市民体育館/東海警察署/東海市民病院/東海市立平洲記念館/東海市営温水プール/新宝多目的グランド
  • 聚楽園公園/東海市立中央図書館/東海市立青少年センター/聚楽園の大仏/加木屋テニスコート/加木屋球場/元浜テニスコート/元浜サッカー場/新宝球場
  • ラスパ太田川/アルテ東海/フィール名和/エディオン東海/アピタ東海荒尾/アオキスーパー加木屋/カーマホームセンター東海/大池公園/聚楽園公園/元浜公園・・・他

東海市の駅周辺や沿線地域での出張バッテリー上がり救援もお任せください!

  • 名和/新日鉄前/八幡新田/聚楽園/尾張横須賀/南加木屋/太田川/高横須賀駅

参考情報:東海市の警察署・市役所の連絡先

  • 東海警察署:東海市横須賀町天宝新田52-1「TEL:0562-33-0110」
  • 東海市役所:東海市中央町一丁目1番地「TEL:0562-33-1111」

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリーの役割

東海市(バッテリー上がりトピックス)

車用のバッテリーは充電と放電を繰り返していますが、充電した電気を蓄えてライト類やカーナビなどの電装品に電力を供給しています。スマホなどの電池と同じ様な役割をしていますが、充電する方法が異なります。

スマホの電池などは、家庭用電源から充電器を介して充電していますが、車用のバッテリーはエンジン稼働中にオルタネーターで発電された電気で充電されています。

最近のバッテリーは高性能化が進んでいますが、カーナビやドライブレコーダー、エアコンやパワーウィンドウなど、バッテリーの電気を必要とする電装品も増えていますので、負担もどんどん増えているのも実情です。

エンジンを始動する時は、バッテリーの電気でセルモーターを起動しますが、バッテリーの電気が不足しているとエンジンの始動もできなくなります。

車を長期間エンジンをかけずに放置しない

車のバッテリーは、エンジンがかかっている時にオルタネーターの発電によって充電されています。そのため、バッテリーが充電されない期間が続いてしまうと、やがてバッテリーが上がってしまいます。充電されないために起きるバッテリー上がりを防ぐためにも、車を長期間放置してしまうことは避けなければいけません。どうしても車を運転する時間が取れない場合は、30分以上のアイドリングでも構いません。

長期の出張や入院など、何らかの理由で長期間車を使う機会がないと分かっている場合は、バッテリーのマイナス端子を外しておくと良いでしょう。バッテリーのマイナス端子を外しておけば、バッテリーの電力消費がなくなり自然放電だけになりますので、そのまま放置してしまうよりはバッテリーに蓄電された電気が長持ちします。

バッテリーの電圧

一般的な車の電圧は、オルタネータが発電している状態やエンジンを停止している時では電圧が上下しますが、基本となっているのは12Vです。

エンジンが停止している状態では「12.5V~13Vくらい」が正常なバッテリーの電圧です。バッテリーを交換するか様子を見るかの迷いどころは12.5V以下からですが、電圧が低下しているとエンジンがかからなくなりますので注意が必要になります。

また、走行している時はオルタネーターから電気が供給されている状態ですので、「13.5V~14.5V」が正常なバッテリーの電圧です。走行中の状態でも13V以下になっている場合は、バッテリーかオルタネータ(発電機)の寿命の可能性があります。

しかし、車の乗り方や気温などの環境によっても左右されることがありますので、あくまでも目安として考えてください。

東海市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
東海市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→