碧南市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 愛知県 > 碧南市

碧南市でのバッテリー上がり救援サービス

碧南市でのバッテリー上がり・出張バッテリー交換
碧南市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

碧南市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。碧南市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

碧南市にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

碧南市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

碧南市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
碧南市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

碧南市でのバッテリー上がり対応情報

碧南市にてバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

碧南市でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

碧南市でのバッテリー出張交換にも対応

参考情報:碧南市の警察署・市役所の連絡先

  • 碧南警察署:碧南市松本町26-1「TEL:0566-46-0110」
  • 碧南市役所:碧南市松本町28「TEL:0566-41-3311」

碧南市でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

碧南市でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

碧南市東浦町:ルームランプを消し忘れてバッテリー上がり

出張場所:碧南市東浦町にお住いのお客様ご自宅

車  種:フォルクスワーゲン ゴルフ

コメント:ルームランプを消し忘れてしまい、バッテリー上がりでエンジンがかからなくなってしまいました。確か先週末に帰宅して車から離れる前に、ドライブレコーダーからSDカードを取り出したのですが、その時にルームランプのスイッチをON状態にして、いつものDOORに戻すのを忘れてしまったのが原因です。

完全にバッテリーが上がってしまったみたいで、エンジンがかかる気配は全くありませんでした。今のバッテリーは2年くらい使っているものですが、ジャンピングでエンジンがかかれば、今のバッテリーを使い続けられるか少し心配です。エンジンがかかった場合、このままバッテリーが使えるかどうか分かる様でしたら、点検もお願いできればと思います。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリー上がり以外でエンジンが始動できない原因

バッテリー上がり以外でエンジンが始動できない原因

車のバッテリー上がりは、エンジンが始動できなくなることで気付くことが多いですが、バッテリー上がり以外の原因でエンジンが始動できないケースもあります。エンジンが始動できない場合は、バッテリー上がりが原因ではないかも知れませんので、以下の可能性も確認されると良いでしょう。

バッテリー上がり以外の原因と症状

バッテリー上がりが起きた場合、エンジンができなくなる他にライト・ランプ類が点灯しない、電装品が動かない、セルモーターが動かないなどの症状が現れます。これらの症状が全て現れた場合は、バッテリー上がりの可能性が高いです。

しかし、これらの症状がないにもかかわらず、エンジンが始動できない場合は、バッテリー上がりが原因ではないかも知れません。バッテリー上がり以外の操作ミスやガス欠、オルタネーターなどの故障、バッテリーターミナルの接続不良の可能性があります。

エンジン始動時の操作ミス

いつも運転していない車を運転する時に起こりやすいですが、エンジン始動時の操作ミスが原因になっていることがあります。まずは落ち着いてシフトギアがパーキングかニュートラルになっているか確認してください。また、ブレーキをきちんと踏んでいるかも確認してください。

それから、ハンドルロックがかかっている状態でもエンジンがかかりませんので、初めての車を運転する際は、車の持ち主に確認するか、取扱説明書でエンジンの始動操作について確認すると良いでしょう。

ガス欠

燃料タンクの燃料を使い切ってしまった状態をガス欠といいますが、燃料計は運転時に常時見ることができ警告灯も点灯するのに、何故ガス欠が起きてしまうか不思議に思う人も多いと思いますが、以外と多い車のトラブルです。

ガス欠でエンジンがかからない場合は、給油を行えばエンジンがかかる様になります。ただし、年式の古いディーゼルエンジンの車でガス欠を起こしてしまった場合は、エア抜きなどの作業が必要になりますので、特にディーゼルエンジン車のガス欠にはご注意ください。

オルタネーターなどの装置故障

車はオルタネーターという装置で電気を発電して電装品に電気を供給しますが、その発電された電気でバッテリーが充電されています。そのため、オルタネーターが故障してしまうと発電もされず、バッテリーの電気が消費のみされて充電されない状態が続き、充電不足でエンジンがかからなくなってしまいます。

また、エンジンが始動する前に作動するセルモーターが故障した場合もエンジンがかかりません。電装品が問題なく作動するのにエンジンがかからない場合は、セルモーターが故障している可能性があります。

バッテリーターミナルの接続不良

バッテリーターミナルの接続不良でエンジンがかからない場合もあります。ターミナルの周辺に接続の妨げになる汚れがあったり、取り付けが緩んでいる場合は接続不良で上手く電気が流れずに、エンジンがかからなくなることがあります。

ターミナルの接続不良でエンジンがかからない場合は、ターミナルをしっかりと掃除して、きちんと取り付ければエンジンがかかる様になります。

お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→