長久手市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 愛知県 > 長久手市

長久手市でのバッテリー上がり救援サービス

長久手市でのバッテリー上がり・出張バッテリー交換
長久手市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

長久手市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。長久手市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短10分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

長久手市にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

長久手市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
長久手市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

長久手市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

長久手市でのバッテリー上がり対応情報

長久手市にてバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

長久手市でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

長久手市でのバッテリー出張交換にも対応

参考情報:長久手市の警察署・市役所の連絡先

  • 愛知警察署(管轄):愛知郡東郷町白鳥2-1-8「TEL:0561-39-0110」
  • 長久手市役所:長久手市岩作城の内60番地1「TEL:0561-63-1111」

長久手市でのバッテリー上がり救援対応事例

長久手市でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

長久手市よし池:路上駐車中にバッテリー上がり

出張場所:長久手古戦場駅の周辺道路

車  種:トヨタ ポルテ

コメント:路上駐車だったのでハザードランプを点灯していたのですが、バッテリー上がりでエンジンがかからなくなりました。ガソリンが勿体ないと思ったのでエンジンを停止していましたが、カーナビ操作を調べていたのもバッテリー上がりの原因だと思います。

また、30分以上もその状態を続けていたのも、バッテリー上がりの原因だと思いますが、30分くらいでバッテリー上がりになってしまうのでしょうか? 最初は車を購入したディーラーに電話しましたが、営業時間を過ぎたみたいで電話に出てもらえませんでした。

どうしたら良いか困ってしまいましたが、バッテリー上がりの救援サービスをしてくれる業者さんが見つかって助かりました。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

よくあるバッテリー上がりの原因と対策

よくあるバッテリー上がりの原因と対策

車のバッテリーは消耗品ですので、劣化状況を見極めて適切な時期に新しいバッテリーに交換すれば、バッテリー上がりでエンジンがかからなくなるリスクは低くなります。しかし、うっかりミスが原因で突然バッテリー上がりになることもあります。

特に以下の様なことが原因で、バッテリー上がりになるケースが多いですのでご注意ください。

ライト類の消し忘れ

ヘッドライトや室内灯などのライト類をエンジンが停止した状態で点灯したままにしてると、バッテリーが充電されずにバッテリーの電気を消費するだけの状態のみが続いてしまうため、バッテリーが上がってしまいます。どれくらいの時間でバッテリーが上がってしまうかは、その時のバッテリーの状態や点灯しているライトの消費電力によって変わってきますが、長時間のライト類の消し忘れにはご注意ください。

最近の車はライト類の消し忘れを警告したり、自動的に消える機能が備わっていたりしますが、特に消し忘れに気付き難いのは室内灯です。通常は「DOOR:ドア開閉連動設定」にしているのに、一時的に「ON:点灯」にした場合などに戻し忘れる場合があります。

「ACC・ON」状態で電装品を長時間使用

電源ポジションを「ACC」または「ON」にすれば、エンジンがかかっていなくても電装品を使用することができます。この場合もライト類の消し忘れと同様で、バッテリーの電気を消費するのみで充電されないため、長い時間「ACC」や「ON」のまま電装品を使用しているとバッテリー上がりになります。

基本的にエンジンを停止して「ACC」や「ON」の状態では電装品を使用しないことが、バッテリー上がり対策になります。エンジン始動時には多くの電気を必要としますので、エンジンが停止している状態では電装品をなるべく使用しない方が良いでしょう。また、電装品を使わないのであれば、エンジンを停止した時に電源ポジションが「OFF」になっているか確認することも大切です。

車を長期間使用しない

車に搭載されているコンピューターなどの記憶装置、カーナビや時計装置などは、エンジンが停止している状態でも、少しずつバッテリーの電気を消費しています。そのため、エンジンを全くかけないで車を長期間放置してしまうと、バッテリーの自然放電によってバッテリー上がりになります。

長期出張や入院、交通違反による免停期間など、車に長期間乗らないことが事前に分かっている場合は、バッテリーのマイナス端子からバッテリーターミナルを抜いておくと、自然放電によるバッテリー上がり対策になります。

但し、バッテリーからの電力を遮断してしまうと、時計やオーディオ・ナビゲーションの設定、コンピューターなどの学習内容や記憶がリセットされる場合があります。

長久手市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
長久手市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→