津島市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 愛知県 > 津島市

津島市でのバッテリー上がり救援サービス

津島市でのバッテリー上がり・出張バッテリー交換
津島市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

津島市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。津島市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短10分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

津島市にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

津島市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
津島市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

津島市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

津島市でのバッテリー上がり対応情報

津島市にてバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

津島市でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

津島市でのバッテリー出張交換にも対応

参考情報:津島市の警察署・市役所の連絡先

  • 津島警察署:愛西市諏訪町池埋500番地1「TEL:0567-24-0110」
  • 津島市役所:津島市立込町 2丁目21番地「TEL:0567-24-1111」

津島市でのバッテリー上がり救援対応事例

津島市でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

津島市橘町:過放電によるバッテリー上がり

出張場所:津島市内のコンビニ駐車場

車  種:ホンダ オデッセイ

コメント:カーナビを買い替えたので、コンビニの駐車場で機能や操作方法を覚えていました。エンジン音が気になったので、エンジンを停止した状態で操作していました。また、カーナビ操作中はオーディオ装置も使っていました。

カーナビ操作に夢中だったので、時間は1時間以上経っていたかも知れません。車のバッテリーの寿命は2~3年だそうですが、4年くらい使っているバッテリーなので、バッテリーの交換時期が迫っていたのかも知れません。

エンジンがかからなくなったのはバッテリー上がりだと思うのですが、初めてのことですのでどう対処したら良いか分かりませんでした。対処法についてはネット検索で調べてみました。エンジンがかからなくなった時は、一番最初にバッテリー上がりを疑うということでしたので、ジャンピングという方法でエンジンをかけてもらうことにしました。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリー上がりの原因と対策

バッテリー上がりの原因と対策

一般的にバッテリーが充電されて蓄電する電力を使用量が上回ると、バッテリーが提供できる電力が不足して「バッテリー上がり」になります。また、バッテリーは消耗品ですので、経年により電力容量が低下し劣化して寿命を迎えます。

過放電でバッテリー上がりになった場合は、充電することで電力容量を回復することができます。しかし、バッテリーが寿命を迎えた場合には充電することはできますが、ほとんど性能は回復できませんので、新しいバッテリーに交換する必要があります。

車のバッテリーの寿命は、2~3年と言われることが多いですが、車の使用状況によって大きく左右されますので、4年以上も長持ちすることも少なくはありません。

バッテリー上がりの主な原因

バッテリー上がりは、以下の様な原因で起こりますのでご注意ください。

●ヘッドライトやハザードランプの消し忘れなどのうっかりミス
●室内灯の消し忘れ、半ドアによる室内灯の点きっ放しなどのうっかりミス
●1か月以上など、車に乗らないことによる暗電流や自然放電
●渋滞した道路を運転することが多い
●短距離ばかり頻繁に運転することが多く、ほとんど長距離を運転しない
●消費電力が大きい電装品を後付けしている
●バッテリー端子の緩みで接触不良を起こしている
●オルタネーターなど発電装置が故障してバッテリーが充電されない

エアコンやヘッドライト、リアウィンドウの電熱線やブレーキランプなどは、消費電力が大きい電装品です。また、オーディオやカーナビなど、電装品はエンジンがかかっていない状態でも使用できますが、そのままの状態で使い続けるとバッテリーに蓄えられた電力が消費されるだけの状態が続き、バッテリーが上がってしまいます。

バッテリー上がりを避けるには

車のバッテリーの寿命は、車の使用環境や状況で左右されます。頻繁に短い距離の繰り返しばかりで、長距離を運転することがほとんどなかったり、車を長い期間使わないでいると、バッテリー上がりを起こしやすくなります。

電力の使い過ぎやライト類の消し忘れに注意

うっかりミスが原因で起こるバッテリー上がりが多いです。一度バッテリー上がりを起こすと、バッテリーに負担がかかり寿命を縮めてしまう原因になります。

なるべく車を使う様にする

なるべく車を運転して走行した方が、バッテリーにとっては好条件となります。但し、短距離走行の繰り返しばかりだと充電が不十分ですので、週に一度くらいは30分もしくは1時間以上は車を運転して走行する様にすると良いでしょう。

車を長期間放置しない

車は車庫に駐車しているだけでもバッテリーの電力を消費しています。暗電流や自然放電が原因ですが、事前に車にしばらく乗らないことが分かっている場合は、バッテリーのマイナス端子を外しておくと良いでしょう。

津島市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
津島市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→