尾張旭市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 愛知県 > 尾張旭市

尾張旭市でのバッテリー上がり救援サービス

尾張旭市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

尾張旭市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。尾張旭市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

尾張旭市全域および尾張旭市の周辺地域にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

尾張旭市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

ベンツ・BMWなどの外車や24V仕様の車両、大型トラックやバス、オートバイ、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がり救援もお任せ下さい!

尾張旭市のバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応情報

尾張旭市内のバッテリー上がり救援や出張バッテリー交換対応エリアと対応事例のご紹介。

尾張旭市のバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応エリア

尾張旭市のバッテリー上がり対応情報
  • 【あ】旭ケ丘/旭台/旭前/新居/井田/稲葉/印場元/上の山/大久手/大塚
  • 【か】柏井/霞ケ丘/狩宿新/狩宿/北原山/北本地ケ原/北山
  • 【さ】桜ケ丘/三郷/渋川/下井/庄中/庄南/城前/城山/瀬戸川
  • 【た】東栄/東名西
  • 【な】長坂/西大道/西山/根の鼻
  • 【は】白鳳/晴丘/東印場/東大久手/東三郷/東大道/東本地ケ原町ひ/東山/平子ケ丘/平子
  • 【ま】緑/南栄/南新/南原山/南本地ケ原/向
  • 【や】吉岡

※尾張旭市内の上記および周辺地域のバッテリー上がり・出張バッテリー交換に緊急対応。

尾張旭市の各施設や観光地の周辺地域にもスピード対応します!

  • 尾張旭市役所/尾張旭市文化会館/東栄交番/尾張旭幹部交番/本地ヶ原交番/尾張旭市総合体育館/尾張旭市総合体育館/尾張旭市旭ヶ丘体育施設
  • 尾張旭市城山体育施設/尾張旭市晴丘体育施設/尾張旭市南グランド/愛知県森林公園/城山公園/スカイワードあさひ/小幡緑地/吉賀池湿地
  • 広久手公園/イトーヨーカドー尾張旭/尾張旭ショッピングタウンアスカ・・・他

尾張旭市の駅周辺や沿線地域での出張バッテリー上がり救援もお任せください!

  • 尾張旭/三郷/印場/旭前/長廻間駅

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

アイドリングストップが機能しない

尾張旭市(バッテリー上がりトピックス)

アイドリングストップ付きの車は、信号待ちなどでアイドリング状態になった時にエンジンが停止しますが、普段と比べてアイドリングストップが機能しなくなった場合は、バッテリー交換時期の目安になります。

これはバッテリーの性能が低下しているため、車のコンピューターがエンジンを止めないと判断している状態ですので、バッテリー交換時期のサインと受け止めても良いでしょう。

急なバッテリー上がりの主な原因

急なバッテリー上がりは、以下の様なうっかりミスによるものや、バッテリーの劣化や電気負荷のかけ過ぎで起こるケースが多いです。

●ヘッドライトやルームランプなどライト類の消し忘れ
●バッテリーの経年劣化による寿命
●電気負荷のかけ過ぎ(消費に充電が追い付かない)

保証期間を目安に定期的にバッテリー交換

運転中に何の異常も感じなかったのに、突然バッテリーの寿命でエンジンがかからなくなることもあります。バッテリーの保証期間は2~3年で、クルマの使い方によっては、その保証期間よりも長く使える場合も多いです。従ってバッテリーの保証期間や車検の度に定期的に保証期間内でバッテリー交換を行えば、高い確率でバッテリー上がりを防止することができます。

充電よりも放電が多い状態でバッテリーの劣化が早まる

車のバッテリーは駐車中でも放電してバッテリーの電気を消費しています。また、運転中にはバッテリー内部で化学反応を起こして充電と放電を繰り返しています。充電よりも放電が多い状態が続いてしまうと、バッテリーに負担がかかり劣化を早めてしまいます。

そのため、短い距離の繰り返し走行ばかりしていると、エンジン始動時にたくさん消費された分の電力を充電できない状態が続いてしまい、短期間でバッテリーの寿命を迎えてバッテリー交換が必要になってしまいます。

バッテリー上がりの概要説明はこちら→