中川区でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 愛知県 > 名古屋市中川区

中川区でのバッテリー上がり救援サービス

中川区のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

名古屋市中川区自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。中川区のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短20分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

名古屋市中川区にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で中川区内全域に緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

中川区でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

中川区でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
中川区対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

中川区でのバッテリー上がり対応情報

中川区にてバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所や、バッテリー上がり対応事例のご紹介。

中川区内でバッテリー上がり救援に緊急出動した主な場所

中川区でのバッテリー出張交換にも対応

中川区でのバッテリー上がり救援・出張バッテリー交換対応事例

中川区でのバッテリー出張交換にも対応

中川区でのバッテリー上がり救援や、出張バッテリー交換のご依頼をいただき、出動した事例のご紹介です。

病院駐車場でヘッドライトの消し忘れによるバッテリー上がり

出張場所:名古屋市中川区の病院駐車場

車  種:スバル フォレスター

コメント:入院している母親の状態が悪くなり、昨晩の8時頃に病院の駐車場まで運転してきた車です。車を停めた場所と病院の面会者入口のドアが離れていたのですが、結構強い雨が降っていたので慌てて車から降りました。母親の状態が落ち着いたので、一旦自宅に帰ろうとして車のエンジンをかけようとしたのですが、エンジンがかかる前のセルの音も聞こえずエンジンがかからなくなっていました。

車のバッテリー上がりは以前に経験したことがありますが、その時よりも状態は悪く完全にバッテリーが上がってしまったみたいです。バッテリー上がりの原因は、ヘッドライトの消し忘れです。バッテリーが完全に上がってしまい、バッテリー交換が必要かもしれませんが、とりあえずエンジンがかかるかどうか試してみてください。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスなどのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

自動車バッテリーの役割と交換時期の目安

クルマ用バッテリーの役割と充電の仕組み

自動車のバッテリーは、エンジンを始動して走行するために重要な部品のひとつです。消耗する部品ですので正常に機能しなくなる前に交換が必要ですが、目に見える様な変化があまりありませんので、車に詳しくない一般の素人には交換時期の判断が難しい部品のひとつです。

自動車バッテリーの役割

自動車バッテリーには重要な役割がありますが、その1つはエンジンを始動するための動力源の役割です。イグニッションキーをONにすると、バッテリーからセルモーターに電流が流れます。その電流でセルモーターが動いてエンジンを始動します。エンジン始動時が最も電力を消費しますので、バッテリーが弱って十分に電力を供給できないと、セルモーターも十分に機能を発揮することができなくなります。

また、電気を必要とする車内機器の電源としての役割もあります。エンジンが始動すればオルタネーターによって発電されますが、電力消費が多くて発電した電気では足りない場合は、バッテリーの電力も使われますす。ヘッドライトなどのランプ類、エアコンやカーナビなどの電装品など、バッテリーの電力は必要不可欠となっています。

バッテリーが消耗したまま使い続けると徐々に電力がなくなり、更に使い続ければ完全にバッテリーの電力はなくなってしまいます。そうなると電気を必要とする機器はすべて使えなくなってしまいます。当然ですがエンジンもかかりませんので、車を動かすことができなくなってしまいます。バッテリーが完全に上がってしまうと、初期化されてしまう機器もありますので、完全に空になる前にバッテリーを換した方が良いでしょう。

バッテリー交換時期の目安

食品などには賞味期間がありますが、バッテリーには必ず保証期間があります。バッテリーを購入する時に外箱に保証期間が記載されていることが多いですが、ほとんどのバッテリーの保証期間は2~3年と記載されています。バッテリーのメーカーが保証している期間ですので、通常使用であればその期間は安全に使えることを保証してくれています。この保証期間をバッテリー交換時期の目安と考えれば、バッテリーの寿命でバッテリー上がりになることはないでしょう。

但し、バッテリーは自動車の使い方によっては、保証期間はもちろんですが4年以上も使える場合も多いです。まだまだ使えるバッテリーを元気なうちに交換してしまうのは経済的ではありません。バッテリーの状態を目安として交換時期を判断する場合は、ヘッドライトの明るさやパワーウィンドウの動作、エンジンのかかり具合などで判断すると良いでしょう。しかし、バッテリーが弱っている症状が出始めたら、早急にバッテリー交換しないとバッテリー上がりでエンジンがかからなくなる可能性が高くなります。

ヘッドライトの明るさの変化で判断

走行中はオルタネーターで発電された電力でヘッドライトが点灯していますので、ヘッドライトの明るさは変化しましません。しかし、信号待ちなどで停車してアイドリング状態になると、発電効率が悪くなりますので、発電された電力では足りなくなりバッテリーの電力が使われます。

車が停止している状態でヘッドライトが暗く感じる様になった場合は、バッテリーの残量が少なくなって交換時期が迫っていると判断できます。但し、ヘッドライトが電力消費が少ないLEDだったり、ハイブリッドカーなどの場合は、へどライトの明るさで判断するのは難しいですのでご注意ください。

バッテリー上がりの概要説明はこちら→