福島市でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 福島県 > 福島市

福島市でのバッテリー上がり救援サービス

福島市でのバッテリー上がり・出張バッテリー交換
福島市のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

福島市自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。福島市のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短10分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

福島市全域および福島市の周辺地域にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

福島市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
福島市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

福島市でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

ベンツ・BMWなどの外車や24V仕様の車両、大型トラックやバス、オートバイ、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がり救援もお任せ下さい!

福島市のバッテリー上がり救援対応情報

福島市内のバッテリー上がり救援や出張バッテリー交換対応エリアと対応事例のご紹介。

福島市のバッテリー上がり救援対応エリア

福島市のバッテリー上がり対応情報
  • 渡利/杉妻/蓬莱/清水/東部/大波/北信/吉井田/西/土湯温泉町/信陵/立子山/飯坂/茂庭/松川/信夫/吾妻/飯野地区
  • 飯坂/松川/笹谷/野田/渡利/鎌田/瀬上/荒井/大森/御山/南矢野目/旭町/泉/大笹生/大町/黒岩/笹木野/方木田/蓬莱/南沢又/森合/岡部/土湯温泉など

※福島市内の上記および周辺地域のバッテリー上がり・出張バッテリー交換に緊急対応。

福島市の各施設や観光地の周辺地域にもスピード対応します!

  • 福島市公会堂/福島市音楽堂/福島市国体記念体育館/福島市信夫ヶ丘競技場/十六沼公園/福島市飯坂温泉観光会館(パルセ飯坂)/福島市市民会館/福島県立美術館
  • 福島勤労者総合福祉センター(福島テルサ)/福島市民ギャラリー/サンライフ福島/福島市ふれあい歴史館/福島市民家園/福島市飯野UFOふれあい館/あづま総合運動公園
  • 福島体育館/福島市立図書館/吾妻小富士/水林自然林/花見山公園/福島市民家園/磐梯吾妻スカイライン/吾妻高原牧場/高湯温泉/飯坂温泉/土湯温泉/道の駅つちゆ・・・他

福島市の駅周辺や沿線地域での出張バッテリー上がり救援もお任せください!

  • 福島/卸町/笹木野/東福島/平野/美術館図書館前/金谷川/笹谷/医王寺前/南福島/曽根田駅
  • 岩代清水/瀬上/松川/桜水/庭坂/福島学院前/赤岩/飯坂温泉/泉/上松川/花水坂/向瀬上駅

参考情報:福島市の警察署・市役所の連絡先

  • 福島警察署:福島市上町7-31「TEL:024-522-2121」
  • 福島北警察署:福島市飯坂町平野字江合2-8「TEL:024-554-0110」
  • 福島市役所:福島市五老内町3番1号「TEL:024-535-1111」

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリー上がりの原因

福島市(バッテリー上がりトピックス)

車のバッテリーは、エンジンが始動してオルタネーターが発電することによって充電されますが、充電が足りず放電量が上回ってしまった状況や、十分に充電されなくなった場合にバッテリー上がりが起きてしまいます。

電装品の電力使用量が多い場合

エンジンが停止状態の時にヘッドライトやルームランプなどの電装品の消し忘れが原因でバッテリー上がりになることが一番多いです。半ドアでルームランプを点きっ放しにしてしまうと、ほぼ一晩でバッテリーの充電量が足りなくなってしまうことが多いです。

また、電力を多く必要とするエアコンの使い過ぎもバッテリー上がりの原因になります。車は走行中にエンジンの回転とオルタネーターによって発電された電力を使いますが、バッテリーもこの電力で充電されています。しかし、オルタネーターが発電する電力よりもエアコンや同時に使用している電装品が消費する電力負荷が大きくなると、バッテリーが充電されずにバッテリー上がりが起きます。

例えば、蒸し暑い真夏の渋滞道路を走行している時は、エンジン回転数が低い状態でストップアンドゴーを頻繁に繰り返しますが、この様な状態の時にエアコンを全開状態で使い続けていると、発電量が消費される電力に追い付きませんので、バッテリーを充電する電力も足りなくなります。この様な状態で走行した後にエンジンを停止してしまうと、再度エンジンを始動する時の電力が足りなくなり、バッテリー上がりになってしまいます。

長期放置時の自己放電によるバッテリー上がり

エンジンが停止している時でも、ラジオや時計、そしてコンピューターのメモリーが消えないようにバックアップ電流が流れていますので、自己放電によるバッテリー上がりが起きる原因になります。特に車に長期間乗らなかったり、短距離走行の繰り返しばかりだと、自己放電やエンジン始動時に消費された電力以上のバッテリー充電ができません。

車に長期間乗らないことが分かっている場合は、自己放電しないようにバッテリーのターミナルを外しておくと、バッテリー上がりの防止策になります。ただし、時計の再設定が必要になったり、コンピューターの学習値が失われる場合もありますのでご注意ください。

オルタネーターの故障によるバッテリー上がり

オルタネーターが故障してバッテリーが充電されなくなることがあります。オルタネーターが故障して充電電流が基準値よりも低下するとバッテリー警告灯が点灯してドライバーに知らせてくれますが、充電性能が落ちているだけでは警告灯は点灯しません。アイドリング状態の時にヘッドライトが暗くなるなど、電装品のパワー不足を感じた時は、バッテリーの寿命が近づいている可能性もあります。しかし、オルタネーターの故障かどうか判断できない時は、整備工場で点検してもらった方が良いでしょう。

バッテリーが上がりやすい季節

気温が低くなる冬は、特にバッテリー上がりが起きやすいです。気温が低くなることが影響して様々な要因がバッテリーに負担をかけてしまいます。

要因のひとつはエンジンオイルの硬化です。気温が低いためエンジンオイルが硬くなるので、エンジンを始動する時に必要になる電力消費が多くなってしまいます。また、冬の寒い季節の間は、暖房の利用や日照時間減少によるヘッドライトを点灯する時間の増加、アイドリング状態での暖機運転時間の増加など、冬の季節特有のバッテリーに負担をかけてしまう要因が多くなります。そして、気温が低い環境下では、バッテリー自体の性能が低下してしまうため、バッテリーが上がりやすくなります。

一方、真夏の暑い時には電力を大量に消費するエアコンの利用が増えますので、気温が高く蒸し暑い時にもバッテリー上がりに注意する必要があります。

福島市でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
福島市対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→