福島県でのバッテリー上がり24時間救援と出張バッテリー交換

Tel:050-2018-0423全国24時間対応ロードサービス

ロードサービス > バッテリー上がり救援 > 福島県

福島県でのバッテリー上がり救援サービス

福島県でのバッテリー上がり・出張バッテリー交換
福島県のバッテリー上がり(ジャンピングでエンジン始動)

福島県自動車やバイク、そして24V車のトラックやバスなど、バッテリー上がりでエンジンがかからない時は、全国24時間バッテリー上がり出張救援対応の「生活トラブルSOSのロードサービス」が、現地に急行してジャンピングでエンジンを始動します。

バッテリーが経年劣化などで寿命となり、バッテリー交換ご希望の際は、出張バッテリー交換にも対応しております。

バッテリー上がりは、一番発生する機会の多い車両トラブルです。福島県のご自宅やお出かけ先にてバッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にご連絡ください。全国均一の格安な安心料金にて最短10分現地到着目標で、ご指定いただいた現地に急行します。

外車やバイク、24V車のトラックやバス、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がりもお任せください!

福島県全域および福島県の周辺地域にてバッテリー上がりでエンジンがかからない時は、夜間・深夜も24時間対応で緊急出張します。出張バッテリー交換もお任せください。

福島県でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
福島県対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

福島県でのバッテリー上がり救援ロードサービスの特徴

ベンツ・BMWなどの外車や24V仕様の車両、大型トラックやバス、オートバイ、特殊車両、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリー上がり救援もお任せ下さい!

福島県のバッテリー上がり救援対応情報

福島県内のバッテリー上がり救援や出張バッテリー交換対応エリアと対応事例のご紹介。

福島県のバッテリー上がり救援対応エリア

福島県のバッテリー上がり対応情報
  • 【あ】会津若松市/いわき市/大沼郡-会津美里町・金山町・三島町・昭和村/石川郡-石川町・古殿町・浅川町・玉川村・平田村/安達郡-大玉村/岩瀬郡-鏡石町・天栄村
  • 【か】喜多方市/郡山市/河沼郡-会津坂下町・柳津町・湯川村
  • 【さ】白河市/須賀川市/相馬市/相馬郡-新地町・飯舘村
  • 【た】田村市/伊達市/伊達郡-川俣町・国見町・桑折町/田村郡-三春町・小野町
  • 【な】二本松市/西白河郡-矢吹町・泉崎村・中島村・西郷村
  • 【は】福島市/双葉郡-大熊町・富岡町・浪江町・楢葉町・広野町・双葉町・葛尾村・川内村/東白川郡-棚倉町・矢祭町・塙町・鮫川村
  • 【ま】南相馬市/本宮市/南会津郡-下郷町・只見町・南会津町・檜枝岐村
  • 【や】耶麻郡-猪苗代町・磐梯町・西会津町

※福島県内の上記および周辺地域のバッテリー上がり・出張バッテリー交換に緊急対応。

バッテリー上がりトピックス

自動車やバイク、トラックやバスのバッテリー上がりに関するトッピクスをご紹介します。

バッテリー上がりの二次被害

福島県(バッテリー上がりトピックス)

バッテリー上がりでエンジンがかからなくなった場合、車の中にいたのでは解決しませんので、車の外に出てボンネットを開けたりしてエンジンがかからない原因を調べると思います。エンジンがかからないことで周囲に対する注意も散漫になりますので、二次被害の事故に遭う可能性が高くなります。

また、自分で解決しようとして他の車からジャンピングでエンジンをかけようとした時に、慣れない作業ですのでケーブルの繋ぎ方を間違って、余計状態を悪化させてしまう可能性もあります。路上でジャンピングしている時に他の車に追突される危険もありますので、バッテリー上がりでエンジンがかからなくなった場合は、弊社のようなロードサービスを呼ぶのが一番安全です。

しばらく車に乗らない時のバッテリー上がり対策

車のバッテリーは、エンジンをかけていない状態でも常に放電していますので、しばらく車に乗らない時は「バッテリーを外しておく」と良いでしょう。バッテリーを車から外すと言っても、車からバッテリー本体まで外す必要はありません。車に乗らない期間にもよりますが、数ヶ月程度であればバッテリーのマイナス端子だけを外しただけで良いでしょう。バッテリーのマイナス側の端子を外しておくだけで電気が遮断されますので、蓄えられた電気がほとんど消費されなくなります。

数ヶ月程度よりも長い期間、車に乗らないことが分かっている場合は、バッテリー本体を車から取り外して、温度変化が少なく直射日光が当たらない場所に保管した方が、バッテリーはより長持ちするようになります。
バッテリーの端子を外す時は、工具などの金属でプラスとマイナスを直結しないように注意してください。ショートすると火花が出て危険であり、電装品などが故障してしまう可能性もあります。また、バッテリーを外すと電気製品などの設定がリセットされますので、バッテリーを元に戻す時には再設定が必要になります。

バッテリーに負担を与える車の使用方法

●走行距離が短く、たまにしか車に乗らない。
●エンジンを始動する回数が多く、短距離走行の繰り返しばかり。
●ヘッドライトを点灯する夜間走行が多く、渋滞道路を走る機会が多い。
●電力を消費する電装品の追加と過度な利用。
●極端に車に乗る機会が多く走行距離も長い。

などですが、バッテリーを長持ちさせるためには、満充電に近い状態をなるべく保ち、必要ない電装品は点けっ放しにしないようにすると良いでしょう。また、極端に車を乗る機会が多く長い距離を走行している場合も、バッテリーは充電と放電を繰り返していますので、バッテリーの寿命が早まる場合もあります。

バッテリーはゴミとして処分できない

バッテリーには人体に有害な鉛や希硫酸が含まれていますので、「不熱ゴミ」などとして自治体のゴミ回収に出すことはできません。一方、有害なものも含まれていますが、再利用可能な有効資源ですので適切な方法で処分すれば、リサイクルが可能なパーツです。カーショップや整備工場、ホームセンターや不用品回収業者などに回収をお願いすれば、適切な方法でリサイクルが行われます。

時々、車庫の片隅などで使用済みバッテリーがそのままの状態で放置されているのを見かけますが、小さいお子さんが遊び道具として触ってしまったら大変ですので、バッテリー交換後は速やかに適切な処分を行ってください。

福島県でのロードサービス業者選びは電話品質と安心の適正価格
福島県対応のロードサービスに電話

スマホの方は上のボタンでお電話できます!

お急ぎのバッテリー上がり解決はこちら→